最新版は「オンライン統合報告書2020」トップページにてご覧いただけます。

カプコンの歴史

日本の「カプコン」から
世界の「CAPCOM」へ

ゲーム業界の歴史

1983

ファミリーコンピュータ」通称「ファミコン」が発売され大ブームに

画像:ファミリーコンピュータ

カプコンの売上高推移

注) 1983~1988:12月31日に終了した各事業年度
  1989~2015:3月31日に終了した各事業年度

創成記

1983年、大阪市に株式会社カプコンを創業。同年、「ファミリーコンピュータ」が登場したが、業務用レベルの高品質なコンテンツを作るのが困難だったため、カプコンは独自のハイスペック基板「CPシステム」を用い業務用ゲームの開発を中心に事業を展開。。

1983

開発第1号機(メダル)
『リトルリーグ』を発売

1984

業務用ビデオゲーム第1弾『バルガス』を発売。

1985

家庭用テレビゲーム第1弾、「ファミリーコンピュータ」向けソフト『1942』を発売。

1986

「ファミリーコンピュータ」向けソフト『ロックマン』を発売。

1990

ファミリーコンピュータが 進化し「スーパーファミコン」が登場

画像:スーパーファミコン

1994

「プレイステーション」が登場。3Dゲームブームが巻き起こる。

画像:プレイステーション

大ヒットによる事業拡大

90年代に「スーパーファミコン」が登場すると、カプコンも家庭用ソフト開発に本格参入。業務用ゲーム開発のノウハウを活かし多数のヒット作を生み出した。94年には『ストリートファイター』のハリウッド映画化やアニメ化など、ワンコンテンツ・マルチユース戦略が本格化。

1992

「スーパーファミコン」用ソフト『ストリートファイターII』を発売

1993

「スーパーファミコン」用ソフト『ブレス オブ ファイア』を発売

1996

「プレイステーション」用ソフト『バイオハザード』を発売。記録的なロングセラーでサバイバルホラージャンルを確立

2000

「プレイステーション 2」が登場。

画像:プレイステーション 2

2005

米国マイクロソフト社から「Xbox 360」が登場。

画像:Xbox 360

グローバル化

2000年に株式を東京証券取引所市場第一部に上場。2000年代には海外で人気を博すコンテンツが次々と誕生。ハリウッド映画『バイオハザード』が全世界で1億200万米ドルの興行収入を達成し、現在まで5作続くヒットシリーズになるなど、カプコンブランドが海外へ浸透した。

2001

「プレイステーション 2」用ソフト『鬼武者』を発売。「プレイステーション 2」用ソフトとして、初の国内100万本販売を達成。

「プレイステーション 2」用ソフト『デビル メイ クライ』を発売

2005

「プレイステーション 2」用ゲームソフト『戦国BASARA』を発売。斬新な世界観で若いユーザー層を中心に人気を博す。

2006

「Xbox 360」用ソフト『デッドライジング』を発売。新型ゲーム機での新作としては異例のミリオンセールスに。

2010

スマートフォンが本格普及し、ゲーム専用機を用いないゲームアプリが流行。

2012

「Wii U」が登場。

画像:プレイステーション 2

2013

「プレイステーション 4」が登場。

画像:Xbox 360

2013

「Xbox One」が登場。

画像:Xbox 360

画像:Xbox 360

多メディア化

スマートフォンやタブレットの普及により、ゲーム専用機を用いないゲームアプリ市場が急成長。カプコンもスマートフォン向けアプリ開発会社としてビーラインを設立し、『スマーフ・ビレッジ』などのヒットを生む。
近年は、PCオンラインゲームやダウンロードコンテンツにも注力。

2010

iOS向けアプリ『スマーフ・ビレッジ』を配信開始。世界約100ヵ国でダウンロード数No.1を記録。

2013

「ニンテンドー3DS」用ソフト『モンスターハンター4』を発売。再び「モンハン現象」を巻き起こし、400万本を突破。

「Xbox One」用ソフト第1弾『デッドライジング3』を発売。100万本を突破。

PDF版ダウンロード カプコンの価値創造活動 PDF (PDF:2.52MB/14ページ)

ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン統合報告書(アニュアルレポート)バックナンバー