カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

個人投資家の皆さまへ

Step2投資対象としてのカプコン

市場動向

市場動向

世界のゲームソフト市場の規模は、家庭用のパッケージおよびデジタル販売、PCオンライン、モバイルコンテンツで構成され、今後も成長が続く見通しです。また、次世代移動通信システム「5G」の本格的な実用化を控え、巨大IT企業がクラウドゲーミングを活用した新規プラットフォームのサービスを開始するなど、ゲームビジネスの構造変化が始まっています。

ゲーム市場規模推移

2020年の市場規模は2,062億ドルに達し、前年の1,655 億ドルから407億ドル(24.6%)増加するなど、1年前の予測(1,812億ドル)を10%以上超える勢いで成長しています。
なかでもPCオンライン・コンシューマ市場は、2019年対比で15.8%拡大しました。

2025年には、2020年の約1.4倍の2,870億ドルに達し、このうちPC オンライン・コンシューマ市場は1,173億ドルと、 それぞれ30%以上拡大する見通しです。

カプコンの強み

絶えず変化するゲーム市場で、当社が継続的に成長していくために、当社は「知的財産」「開発力」「事業ポートフォリオの多様化」「ガバナンス」の4つの強みを生かし、企業価値の拡大に努めてまいります。

カプコンの3つの強み 知的財産(IP)を多数保有 世界有数の開発力 当社の人気コンテンツを最大限に活用するワンコンテンツ・マルチユース

1. 世界中で愛されるカプコンのキャラクター

創業以来、世界中で愛され続ける多数の人気コンテンツ(IP)を創出してきました。
これらのIPは国内のみならず、海外でも多数のファンを獲得しています。

2. 世界有数の開発力

2,000名以上の自社開発者が、世界最先端の開発設備や技術を活用し、世界トップレベルのクオリティを目指して、日々ゲーム制作にあたっています。


動画特集「開発の現場から」より

3. ワンコンテンツ・マルチユースによる人気IPの価値最大化

各人気コンテンツを、映画や舞台など様々なメディアに展開することで、事業ポートフォリオを多様化し、収益向上とリスク分散を図っています。

2019年3月期は株主・投資家との対話を400回以上実施 / 2019年3月期は社外取締役比率が前期の45.5%

4. 「経営の見える化」を推進するガバナンス改革

ゲーム産業はヒット作の有無により収益が変動する「ヒットビジネス」です。
そのような市場において持続的な成長を可能にするには、リスクを回避するためのガバナンスが必要不可欠な要素です。当社は「経営の見える化」と「社外取締役の監督機能を発揮できる機関設計」の更なる強化を図っています。

2021年3月期は株主・投資家との対話を年間600回以上実施 / 2021年3月期は社外取締役比率が50.0%

カプコンの業績

コンシューマでの大型新作の貢献および、デジタル販売の成長を主因として増収増益

2021年3月期の連結業績は、8期連続の営業増益を達成するとともに、営業利益以下全ての利益項目で4期連続の過去最高益となりました。

増収増益の要因

要因1コンシューマで大型新作が貢献

大型新作『モンスターハンターライズ』480万本販売

シリーズ最新作『バイオハザード RE:3』390万本販売

※2021年3月期実績

要因2旧作のデジタル販売が伸長

『モンスターハンター:ワールド』累計1,710万本突破

『バイオハザード7 レジデント イービル』累計900万本突破

※2021年3月末時点

主要な経営指標