カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

個人投資家の皆さまへ

Step1カプコンってどんな会社?

カプコンは大阪にあるゲーム会社です

当社は、ゲームというエンターテインメントを通じて「遊文化」をクリエイトし、人々に「笑顔」や「感動」を与える「感性開発企業」を基本理念としています。
1983年の創業以来、世界有数のソフト開発力を強みとして多くの作品を展開してきました。
キャラクターやストーリー、世界観、音楽など、多彩な要素の一つひとつがクリエイティビティの高い芸術作品であるゲームコンテンツは、心豊かな社会づくりを支援するとともに多彩なメディアにも活用されています。当社は今後も世界一面白いコンテンツで社会や人々を幸せにできる企業となることを目指します。

カプコンのあゆみ

創成期

独自のハイスペック基板で事業を展開

1983年、大阪市に株式会社カプコンを創業。
同年、「ファミリーコンピュータ」が登場したが、業務用レベルの高品質なコンテンツ開発が困難だったため、カプコンは独自のハイスペック基板「CPシステム」を 用い業務用ゲームの開発・販売を中心に事業を展開。

大ヒットによる事業拡大

多数のヒット作が誕生

1990年代に「スーパーファミコン」が登場すると、カプコンも家庭用ソフト開発に本格参入。
業務用ゲーム開発のノウハウを活かし多数のヒット作を生み出した。
1994年には「ストリートファイター」のハリウッド映画化やアニメ映画化など、ワンコンテンツ・マルチユース戦略が本格化。

欧米でのシェア拡大

世界に広がるカプコンブランド

2000年に株式を東京証券取引所市場第一部に上場。
2000年代には海外で人気を博すコンテンツが次々と誕生。
ハリウッド映画「バイオハザード」が全世界で1億200万米ドルの興行収入を達成し、現在まで6作続くヒットシリーズになるなど、カプコンブランドが海外へ浸透した。

デジタル・グローバル化

マルチプラットフォームが本格化

ゲーム機の本格的なインターネット機能搭載およびPCを通じたゲームプレイの一般化により、ゲーム市場が一部の先進国だけでなく、グローバルへ拡大した。
カプコンは、過去作の現行機移植やカタログタイトルの継続販売など、早期からデジタル販売への対応を進めた結果、営業利益率、海外販売本数比率が右肩上がりに上昇している。

カプコンにはどんな事業があるの?

当社グループは、主に次の事業を行っています。これらの事業は当社の事業戦略の一つである「ワンコンテンツ・マルチユース展開」に基づいて運営されています。「ワンコンテンツ・マルチユース展開」とは、当社が開発する人気オリジナルコンテンツを家庭用ゲームだけでなく、キャラクターグッズや映画などの近接事業へ幅広く展開することにより、収益の最大化を図る戦略です。

デジタルコンテンツ事業

コンシューマおよびPC向けゲームとダウンロードコンテンツの開発・販売、モバイルコンテンツの開発・運営を行っています。
コンシューマゲームでは、独創的なオリジナルコンテンツを生み出し、デジタル配信の活用により継続的な収益を獲得する一方、これら多くのミリオンタイトルをスマートフォン・タブレット型端末やPCで活用し、全世界に配信することで収益の最大化を図っています。

2021年3月期 売上構成比:79.0% 75,300百万円

主な作品

アミューズメント施設事業

国内でアミューズメント施設「プラサカプコン」を中心に運営しています。
主に大型複合商業施設に出店し、各種イベントを開催してファミリー層や若者を集客するとともに、スクラップ&ビルドの徹底による効率的な店舗運営を実践しています。

2021年3月期 売上構成比:10.4%、9,871百万円

主要な店舗 CAPCOM STORE OSAKA(大阪府)

アミューズメント機器事業

家庭用ゲームのコンテンツを活用するビジネスを展開しています。
主に遊技機向け筐体および液晶表示基板、ソフトウェアを開発・製造・販売しています。

2021年3月期 売上構成比:19.3%、7,090百万円

『モンスターハンター:ワールド』、『バイオハザード 7 レジデント イービル』

その他事業

ゲームコンテンツを多メディアに展開するワンコンテンツ・マルチユース戦略に基づき、多彩な版権ビジネスを推進しています。
映画化やアニメ化、音楽CD・キャラクターグッズなどを展開するライセンスビジネスに加えて、eスポーツビジネスにも注力しています。

2021年3月期 売上構成比:3.2%、3,045円

主なイベント