Prof ile

是松 匡亮
プログラマー(コンシューマーゲーム開発)
2007年入社

現在までのMain Project

主にゲーム開発用エンジン「MT FRAMEWORK」の開発およびその実装サポートを担当。サポートしたタイトルは「バイオハザード」「LOST PLANET」「戦国BASARA」「ドラゴンズドグマ」など有名シリーズも多数。

“文系出身”は技術職にとってハンデではない

私は法学部の出身なのですが、プログラミングが趣味なので独学で勉強を続けていました。ゲームも好きでよくプレイしていたのですが、そのプログラム部分に興味を持ったのが大学1年のとき。就職活動の時期には「ゲームメーカーでプログラマーとして働きたい」という明確な目標ができていましたね。最初は文系学部の出身でもプログラマーになれるかどうか不安でした。しかし、カプコンの面接担当の方は私を出身学部で判断せず、私という人間そのものを見てくれたんです。大学のサークル活動で制作したゲームについても話が盛り上がり、選考後は「面接がこんなに楽しくて良かったのかな」と感じるほどでしたね(笑)。

新機能に対する感想が大きなやる気に

私は現在、カプコン独自のゲーム開発用エンジン「MT FRAMEWORK」に続く新しいエンジンの開発を担当しています。それと同時に各種タイトルの実装サポートや「MT FRAMEWORK」の機能改善なども行うため、実際の業務はゲーム開発チームの一員として行うことがほとんどです。「MT FRAMEWORK」のパフォーマンスの改善、チームメンバーからの「こういった機能を付けてほしい」といった要望への対応なども頻繁に行います。メンバーが求める新機能を実装して「新しい機能、便利で使いやすいね」といったフィードバックが得られると、プログラマーとして大きな喜びが得られますね。

憧れの先輩と共に新エンジンをカタチにする

ゲーム開発エンジンの仕事に携わる醍醐味は、ゲームの制作環境そのものを自分の手でつくり、支えられることです。様々なタイトルをつくるための土台を担っているという実感が、大きなやりがいにつながっています。ただ、「MT FRAMEWORK」は私が入社する前にほとんど完成していたエンジン。その意味で私にはまだ、ゼロベースからエンジンを完成させた経験がありません。しかし、かつて「MT FRAMEWORK」の開発者インタビューを読んで憧れた先輩と一緒に、今まさに次世代の新しいゲーム開発用エンジンを設計・開発しています。これを「MT FRAMEWORK」のように業界トップクラスと言われる性能としてカタチにすることができたとき、私は本当の意味で自分の成果を誇ることができるのだと思います。

ある1日のスケジュール

9:00~ 出社・メールチェック・1日の仕事内容の確認
9:30~ 朝礼・プログラムの実装を開始
13:00~ チーム内の技術案件ミーティングに出席
16:00~ 機能のリリース
18:00~ 同僚の技術的な相談に乗った後に帰宅

この日の仕事のポイント

チームで開発をしていると、プログラミングに集中できる日とそうでない日がはっきりと分かれてきます。この日は、朝のうちに1日の限りある業務時間をどのように使うのかをしっかりと意識。そのおかげで、機能の実装からリリースまでを集中して短期間で行うことができました。ただ黙々と実装を進めるだけではなく、ときには同僚と他愛のない会話もしています。それがきっかけで、思わぬ改善のヒントが見つかることもあります。

休日の過ごし方

ゲームや映画、小説、アニメを楽しんでいます。ほかにも楽器の演奏、夏には登山をすることも。独学でプログラムの勉強に取り組むこともありますね。

My Possibility 〜私の感じる無限の可能性〜

カプコンが内製エンジンを社内で共通化して、2016年で10年を迎えます。10年前は数人の開発チームで手がけていたエンジン開発の規模は、今や50人を超えるまでになりました。しかしこれからの時代、単にエンジンを開発しているだけでは世界に遅れを取ってしまいます。5年先、10年先を見据えた技術を先行研究し、将来の資産を今から蓄積することで初めて、世界と対等に渡り合うことができるのです。まだまだ内製エンジンの開発レベルを向上できる余地がある点に、私はカプコンの可能性を感じています。