Prof ile

宮本 大記
総合職
2012年入社

現在までのMain Project

1年目は「プラサカプコン高知店」に勤務。2年目に新店舗の立ち上げに携わり、3年目以降は東京支店に配属となり現在に至る。主に景品の仕入や店舗の棚卸、店舗運営補助などを担当。

現場と管理の両方を経験して得られた知見

現在は管理系の仕事に携わっていますが、1年目は実際に店舗で働いていました。2年目で新店舗の立ち上げを担当した後に東京支店の勤務となり、現在は全国の店舗を管理面からバックアップする業務に携わっています。現場と管理の仕事の両方を経験し、お客様を「満足」ではなく「感動」させる難しさを学べたことで、「感動」を生み出す場を創造するために何をすべきか考えられるようになったところに、成長の手ごたえを感じています。今後も様々な仕事を通じて知識と経験を積み重ね「感動を生み出すための引き出し」を増やしていきたいですね。

ユーザー目線を忘れず店舗づくりに取り組む

店舗運営の仕事は、直接ゲームづくりに関わるわけではないですが「いかにしてユーザーであるお客様に楽しんでもらうか」を第一に考える点は、クリエイターと変わりはありません。ゲームセンターとはいえ、置いてあるゲームがおもしろいだけでは不十分です。店舗の雰囲気も含めて「楽しいと思える空間」をつくり上げていく必要があります。そのためには、まず店舗を運営する側が仕事を楽しむことが第一。スタッフが楽しみながら店舗づくりに取り組むことが「来て良かった!」と思っていただける店舗を実現することにつながります。

お客様に“楽しさ”を提供するために

今後の一番の目標は、店長になることです。店長には、店舗づくりの方向性の策定やスタッフの指導など、店舗運営に関する全権が託されます。そんなポジションを経験すれば、大きなスキルアップにつながるだけではなく“店長経験者”ということでより多くの人に頼られる存在になれるでしょう。もちろん、店長として店舗づくりをすることにも強い興味を持っています。もともと現場での業務が好きですし、自分の接客ひとつでお客様の笑顔がつくれる醍醐味も現場にいた頃に感じていました。これからも、お客様の「楽しい」という気持ちを少しでも多く生み出せるよう、仕事に取り組んでいきたいと考えています。

ある1日のスケジュール

9:00~ 出社・メールチェック
9:30~ 店舗からの事案対応
11:00~ お客様からの要望対応
13:00~ 店舗イベント企画資料作成
15:00~ 店舗運営チーム内で新規店舗の運営に関する打ち合わせ
16:00~ 次回出張店舗の店長と運営改善の打ち合わせ

この日の仕事のポイント

自分の抱えている業務の対応も大切ですが、お客様からの要望や、店舗で何らかの事案が発生した場合、そちらを最優先で対処するように心がけています。こういった業務は突発的に発生するタイプのものなので、状況に応じてリスケジュールを素早く行うことが、スムーズに業務を進めるうえでのポイントとなります。自分の業務だけに腰を据えて取り組めることは珍しく、基本的にはあらゆる業務を並行して進めることが求められます。

休日の過ごし方

友人と観光スポットに出かけることが多いです。温泉に行ったりバーベキューをしたり、気ままに過ごします。この日は栃木の那須高原まで足を伸ばしました。

My Possibility 〜私の感じる無限の可能性〜

スマートフォンの普及に伴うモバイルゲームの台頭など、ここ数年でゲーム業界全体に大きな変化が起こりつつあります。ゲームだけに限らず、あらゆるエンターテインメントコンテンツが様々なプラットフォームに進出し、クロスメディア展開されるようになりました。そんな中、当社はワンコンテンツ・マルチユースという明確な戦略のもと、「バイオハザード」のハリウッド進出をはじめ、独自IPを多方面で活かしています。そんなカプコンならではのマルチユース戦略に、大きな可能性を感じています。