カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

おすすめルート

IRトップページ > 経営方針 > COOからのメッセージ

COOからのメッセージ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イノベーションが生み出すビジネスチャンスをつかみ、拡大するゲーム業界の中で更なる躍進を目指します 代表取締役社長 最高執行責任者(COO) 辻本 春弘

昨年1年間を通じて感じたのは、私が数年前から申しあげてきた、インターネットによる大きなイノベーションが、ゲーム業界においてまさしく今始まっているということです。

ゲーム業界においては、インターネットによりダウンロード販売という新たな販売形態が浸透しました。製造原価や流通マージンの削減、在庫解消などの効率化により、近年、業界全体で収益性が改善されつつあります。

さらに、このダウンロード販売は2つの面で販売機会を拡大しています。1つは、店舗まで買いに行くことなく、自宅に居ながらにしてゲームが購入できるということです。特に、販売店が強い力を持つ欧米地域において、流通を介さずユーザーに直接ゲームが販売できるようになったことは大きなビジネスチャンスとなるでしょう。
加えて、欧米ユーザーは自宅で過ごす時間が多く、週末の空いた時間に、映画やドラマ、電子書籍等をダウンロードで購入して楽しんでいます。余暇を過ごす選択肢の1つにゲームが含まれたことは、2つ目の大きなチャンスだと私は考えています。

この大きな成長の波に乗り遅れることはゲーム会社として致命傷になりかねません。
したがって、私たちはこの大変革に即応した開発体制、マーケティング、プロモーション、セールスを行うことがゲーム業界で勝者となる鍵であると確信しています。
当然、これまで進めてきた「ワンコンテンツ・マルチユース戦略」、「マルチプラットフォーム戦略」、「グローバル戦略」の3つは不動の戦略ですが、これらに加えて、ITによるゲーム産業のイノベーションに、カプコンも対応していかねばなりません。

来期は大いなる成長にチャレンジするべく、カプコンのゲームやサービスで、世界中の方々に喜びと感動とゲームの楽しみを提供できる良き1年にしたいと考えています。

ステークホルダーの皆様には、今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

2016年1月7日

代表取締役社長
最高執行責任者(COO)
辻本 春弘