カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

おすすめルート

IRトップページ > プレスリリース 2012年3月期

プレスリリース

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2011年9月27日
  • 報道関係者各位
  • 大阪市中央区内平野町三丁目1番3号
    株式会社カプコン
    代表取締役社長 辻本 春弘
    ( コード番号 : 9697 東証・大証 )

カプコン、アンドロイドへのソーシャルゲーム供給を開始!
~ 第一弾は、全世界で1,500万ダウンロードを突破した
『スマーフ・ビレッジ』を投入 ~


 株式会社カプコンは、子会社であるビーライン・インタラクティブ., Inc.(以下、ビーライン) が、マルチプラットフォーム対応を強化するため、アンドロイド向けソーシャルゲームの供給を開始し、第一弾タイトルとして『スマーフ・ビレッジ』を9月28日より配信することを決定しましたので、お知らせいたします。

 『スマーフ・ビレッジ』は、ベルギーの歴史あるコミックから誕生した小さな青い妖精「スマーフ」が主人公となり、プレイヤーは畑を耕したり家を建てるなど自分好みの村を発展させていくソーシャルゲームです。既に配信済みのiPhone / iPod touch / iPad(以下、iOS)向けでは全世界で1,500万ダウンロードを突破しApp Storeの売上高ランキング「トップセールスApp」で69カ国で第1位を獲得するなど、世界中の幅広い層から厚い支持を受けております。

 現在、モバイルゲーム市場は、スマートフォンの世界的な普及拡大やソーシャルゲームの人気等により急成長を続けています。中でも、アンドロイド端末は、スマートフォンのプラットフォームとして世界最大の販売台数を誇る規模に急伸しています。このような状況下、当社は、iOS向け配信で大成功を収めた『スマーフ・ビレッジ』の投入を皮切りに、iOSとアンドロイドのマルチプラットフォーム展開を強化することにより、アンドロイド市場でも海外を中心に先駆者的地位を獲得し、さらなる事業規模の拡大を目指してまいります。

 今後も当社は、飛躍的な拡大を続けるソーシャルゲーム市場で、「ビーライン」を活用したライトユーザー層への訴求を図るとともに、「カプコンブランド」による家庭用ゲームとのシナジー効果創出を目指す2つの戦略を推し進めることで、カプコングループとして収益の最大化を図ってまいります。


〔 商品概要 〕

1. タイトル名 『Smurfs’ Village』(スマーフ・ビレッジ)
2. ジャンル ソーシャルゲーム
3. 対応機種 アンドロイド・iPhone / iPod touch / iPad
4. 配信開始日
  • (1)アンドロイド:
         全世界(日本を除く):2011年9月28日
         日 本        :未定
  • (2)iPhone / iPod touch / iPad:
         (日本語版)日 本:2011年7月15日
         (英語版)カナダ:2010年11月4日
               全世界:2010年11月11日
  • © Peyo - 2010 - Licensed through Lafig Belgium - www.smurf.com. All game code © 2011 Beeline Interactive, Inc.

    本件に関するお問い合わせ先

    マスコミ・投資家様向けお問い合わせ先
    株式会社 カプコン 広報・IR室
    〒540-0037 大阪市中央区内平野町三丁目1番3号
    TEL : 06-6920-3623 / FAX : 06-6920-5108