カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

おすすめルート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発者インタビュー2012

05. 常務執行役員 P&S事業統括  江川 陽一/ 入社後、業務用ゲーム機器の基板開発に携わる。1996年にパチンコ&パチスロ(P&S)事業を、1999年にモバイルコンテンツ事業を創設。2006年よりP&S事業統括となり、M&Aや組織改革の推進により、事業拡大を図る。

受託ビジネスでの経験と実績『モンスターハンター』大ヒットの秘訣とは

―    受託ビジネスについてお伺いします。まずは大ヒットとなったパチスロ機『モンスターハンター』について、カプコンとしてのビジネスモデルを教えてください。
江川:  前作『新鬼武者』に引き続き、株式会社ロデオ様との提携により開発した商品となります。筐体および企画等はロデオ社様にハンドリングいただき、カプコンでは映像制作を担当しました。
―    約95,000台という販売台数を達成しましたが、秘訣は何なのでしょうか。
江川:  ロデオ社様からは、ゲームシステムやゲームの仕様など「ゲームのコンセプト」を明確に伝えていただいたことが大きな理由の1つだと思います。当社の担当範囲は映像制作ですので、コンセプトがはっきりしていれば、それに対してふさわしい演出が可能となります。
―    パチスロ機「モンスターハンター」の特徴について教えていただけますか。
江川:  家庭用ゲームと同様、モンスターの狩猟後に素材を剥ぎ取ることができるんですが、この"剥ぎ取りチャレンジ"で得た報酬によって、出玉の鍵を握るARTのゲーム数が決定します。ゲームでは大型モンスターごとに強さが異なりますが、パチスロではモンスターの種類に関わらず討伐確率は変わらないので、どんなモンスターと遭遇できるかという楽しみがあります。
―    反響はいかがでしたか?
江川:  販売台数だけでなく、設置後の稼働状況も非常に順調です。ホール様やユーザーの皆様からも高く評価いただいきました。
―    なるほど。では、パチンコ機『CR戦国BASARA3 ~関ヶ原の戦い~』は、どのような経緯で受託制作が決定したのでしょうか。
江川:  こちらは株式会社ビスティ様の筐体となります。パチスロ機『戦国BASARA2』の投入によって「戦国BASARA」というIPが遊技機と親和性が高いことが実証され、販社であるフィールズ株式会社様よりパチンコにも展開したいとのご要望をいただいたことがきっかけとなりました。
―    映像制作にあたって工夫した点などはありますか?
江川:  戦国時代をモチーフにしていますので、ゲームの映像だけではなく、ある程度史実を意識した演出を取り入れています。また、現状の市場の傾向を踏まえ、パチスロと比べて射幸性を低く抑えて、誰でも入りやすい設計にしました。
―    反響はいかがでしたか?
江川:  内覧会でも一定の評価をいただき、ほぼ計画通りの販売を達成することが出来ました。ただ、パチンコ機の市場動向はやや厳しく、スロット以上に他社動向の把握が重要となります。そこでフィールズ様とも協力し、適切なタイミングで発売できるよう努力しました。
開発者インタビュー2012トップへ
  1. 06. 取締役常務執行役員 コンシューマゲーム事業管掌 /一井 克彦
  2. 05. 常務執行役員 P&S事業統括 /江川 陽一
  3. 04. ビーライン・インタラクティブ, INC. CEO /湯浅 緑
  4. 03. CS開発統括 東京開発部 部長/  杉浦 一徳
  5. 01. CS開発統括 編成部 プロデューサー/ 平林 良章
  6. 02. CS 開発統括 編成部 プロデューサー/  江城 元秀

開発者インタビューアーカイブ

  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IRトップページへ
  • 経営方針
  • 会社情報
  • 財務・業績
  • 株式・債券情報
  • IR資料室
  • プレスリリース
  • カプコンのCSR
  • 個人投資家の皆様へ
  • 統合報告書2019
  • 特集:カプコンの熱き現場レポート
  • カプコン検定