カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

オンライン統合報告書2018

Aiming for the Top
トップ > 【中長期の成長戦略】PDCA 成功事例の分析

PDCA 成功事例の分析

『ストリートファイターV』

逆境からの復活、たゆまぬアップデートとeスポーツとの連携で、ユーザー人口を大きく拡大

コアユーザーから新規ユーザーまで、
ともに遊べるゲーム性を実現

作品紹介

「ストリートファイター」シリーズ

世界中で愛され続ける
対戦格闘ゲームの金字塔

「ストリートファイター」シリーズは、1987年に業務用ゲーム機として第1作目を発売後、1991年発売の『ストリートファイターII』において大ヒットを記録しました。革新的な対戦システムが話題を呼び、家庭用ゲームソフトでは全世界でシリーズ累計4,000万本(2018年3月末時点)の出荷を誇るなど、対戦格闘ゲームというジャンルを確立し、登場から30年経た今なお世界中で人気を博しており、eスポーツにおける格闘ゲーム分野をけん引するタイトルとして成長を続けています。

累計販売本数 4,800万本

1991年に発売された『ストリートファイターII』は革新的な対戦システムが話題を呼び大ヒットを記録し、対戦格闘というジャンルを確立しました。世界中のファンに支えられ、シリーズ累計の出荷本数は4,000万本を突破するなど、人気を不動のものとしています。

しかし、2016年2月に発売した『ストリートファイターV』では、積極的に様々な取り組みにチャレンジしたことで新たな進化を遂げる一方、発売初日からサーバートラブルが発生するなど、快適なプレイ環境を提供できない問題が発生しました。

当社としては、上記の問題は当然のこと、その他の不満点も解消するべく、様々な対策をPDCAサイクルで実施しました。例えば、サーバー環境は、一から作り直すなど、完成度を高めるべく継続的なアップデートを行いました。更に、コンセプトを立てつつも、ユーザーの要望が高い新キャラクターやコスチュームを多数配信しました。

また、「ストリートファイター」は、eスポーツの格闘ゲームジャンルの中で存在感を放っており、2013年から公式世界大会「CAPCOM CUP」の開催や世界最大規模の格闘ゲーム大会「EVO」への採用が奏功して、観戦して楽しむ視聴者も新規ユーザーとして取り込むなど、これらの多角的な取り組みがファンの信頼とブランドの回復に繋がりました。

今後、「ストリートファイター」のプレイヤー人口を更に拡大するべく、継続的なアップデートに加え、柔軟に価格を設定していきます。

また、eスポーツにおいても、チームリーグ戦の採用を視野に入れながら、「ストリートファイター」ならではの取り組みを行い、世界中のファンを楽しませていきます。

成功までの軌跡

発売初日からのサーバートラブル

「リセット」を開発コンセプトに、幅広いユーザーが遊べるよう一から開発を見直した『ストリートファイターV』を発売したのは2016年2月でした。ソフト面だけでなく、ネットワーク環境などにも新たなチャレンジに取り組みましたが、サーバートラブルが発生し、対戦マッチングやロードの読み込み時間などで快適なプレイ環境を提供することができませんでした。これらの課題を一刻も早く解決することが、私達の最初の使命でした。


出足でトラブルが発生したことが響き、前作よりスコアが低下

コミュニティの意見も参考に継続的な改善

『ストリートファイターV』においては、サーバー対応だけでなく、その他の不満点も解消するべく、様々な対策をPDCAで繰り返しました。例えば、ユーザーの要望が高い新キャラクターの追加や多彩なコスチュームなどダウンロードコンテンツを強化し、内容の充実を図りました。加えて、サーバー環境を再度一から作り直すなど、時間は要しましたが、継続的なアップデートで改善を重ねることで完成度を高めました。


各種アップデートを2年半継続し、完成度を高めた

eスポーツ人気も奏功し、信頼とブランドを回復

これらの取り組みに加え、2013年から北米を中心に海外で「ストリートファイター」を用いたeスポーツへの対応が大きく花開きました。プレイヤーだけでなく、観戦して楽しむ視聴者をもファンとして取り込んだことで、ゲームソフト販売との相乗効果を生み出しました。その結果、2018年1月に発売した『ストリートファイターVアーケードエディション』では評価スコアが大きく上昇するなど、ファンの信頼とブランドを回復することができました。


ファンの信頼やブランドの回復で、評価スコアが大きく上昇

価格戦略とリーグ化でプレイヤー人口を更に拡大

今後、更にプレイヤー人口を拡大するべく、継続的なアップデートに加え、ソフトやDLC価格の戦略的な値下げを検討しています。特に海外は価格感応度が高いため、購入を躊躇していた層への後押しとなります。また、eスポーツにおいても、チームリーグ戦の成功を参考に北米地域以外での本格的な展開を推し進め、より多くの新規層を獲得していきます。「ストリートファイター」だからこそできる取り組みで、これからも世界中のファンを魅了していきます。


RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOMにて
リーグ戦が開催

© CyberAgent, Inc. / © CyberZ, Inc. / © avex entertainment Inc. / ©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

PDF版ダウンロード

オンライン統合報告書(アニュアルレポート)バックナンバー