カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

おすすめルート

IRトップページ > プレスリリース 2017年3月期

プレスリリース

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年7月28日
  • 各位
  • 会社名 株式会社カプコン
    代表者名 代表取締役社長 辻本 春弘
    (コード番号:9697 東証第1部)
    問合せ先 取締役専務執行役員 野村 謙吉
    ( TEL: 06-6920-3605 )

(訂正)「平成29年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について

当社は、平成28年7月28日15時20分に発表した表記開示資料について、一部訂正がありましたのでお知らせいたします。なお、数値データについては、訂正はありません。

また、訂正後の「平成29年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」を添付いたします。

1. 訂正の内容(訂正箇所には下線を付しております)

【訂正箇所1. 添付資料2ページ】

1. 当四半期決算に関する定性的情報(1)経営成績に関する説明

<訂正前>
 当第1四半期における当業界は、米国で開催された世界最大級のゲーム見本市E3において、VR(仮想現実)が注目を集めるとともに、仮想空間を体験できる「バイオハザード7 レジデント イービル」(プレイステーション4、Xbox One、パソコン用)が脚光を浴びるなど、家庭用ゲーム市場における胎動の兆しが出てまいりました。
こうした状況下、当社グループは当期の目玉タイトルを期の後半に集中させるなど、下期に重点を置いた事業戦略により年末から来年に向けて本格的な収穫期を迎えるため、当該期間は小型タイトル中心の商戦となりました。
この結果、当第1四半期の連結業績は、売上高は109億27百万円(前年同期比24.9%減)とになりました。

<訂正後>
当第1四半期における当業界は、米国で開催された世界最大級のゲーム見本市E3において、VR(仮想現実)が注目を集める、仮想空間を体験できる「バイオハザード7 レジデント イービル」(プレイステーション4、Xbox One、パソコン用)が脚光を浴びるなど、家庭用ゲーム市場における胎動の兆しが出てまいりました。
こうした状況下、当社グループは当期の目玉タイトルを期の後半に集中させるなど、下期に重点を置いた事業戦略により年末から来年に向けて本格的な収穫期を迎えるため、当該期間は小型タイトル中心の商戦となりました。
この結果、当第1四半期の連結業績は、売上高は109億27百万円(前年同期比24.9%減)なりました。

【訂正箇所2. 添付資料3ページ】

1. 当四半期決算に関する定性的情報(2)財政状態に関する説明

<訂正前>
 資産につきましては、前連結会計年度末に比べ19億92百万円減少し1,110億65百万円となりました。主な増加は、「ゲームソフト仕掛品」23億21百万円であり、主な減少は、「受取手形及び売掛金」」32億21百万円によるものであります。

<訂正後>
資産につきましては、前連結会計年度末に比べ19億92百万円減少し1,110億65百万円となりました。主な増加は、「ゲームソフト仕掛品」23億21百万円であり、主な減少は、「受取手形及び売掛金32億21百万円によるものであります。

以上

【添付資料】(訂正後)平成29年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

本件に関するお問い合わせ先

マスコミ・投資家様向けお問い合わせ先
株式会社 カプコン 秘書・広報IR部 広報IR室
〒540-0037 大阪市中央区内平野町三丁目1番3号
TEL : 06-6920-3623 / FAX : 06-6920-5108