カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

オンライン統合報告書2019

Captivating a Connected World

カプコン 統合報告書2019

グローバルブランドの更なる躍進を目指す

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』

2018年1月に発売した『モンスターハンター:ワールド(以下MH:W)』は、当社の成長戦略における要である「グローバル化」および「デジタル化」に成功したことでグローバル出荷本数1,240万本を達成、
カプコン史上最大のヒット作となりました。
2020年3月期に投入される『モンスターハンターワールド:アイスボーン(以下MHW:I)』でもこの2つの施策を展開することで、さらなるファン層の拡大を目指します。【統合報告書2018】 「グローバルヒット事例の分析」参照

飛躍の鍵となった2つの施策

  • 1

    グローバル化

    12ヵ国語対応、世界同日発売で、グローバルユーザーを拡大

    『MH:W』は従来シリーズでは25%程度であった海外販売比率を約60%にまで引き上げるなど、「モンスターハンター」をグローバルブランドに引き上げました。今作でもグローバル同日発売、12ヵ国語対応等により、グローバルユーザーの固定化を図ります。

  • 2

    デジタル化

    販売とマーケティングのメインチャネルをオンラインに

    『MHW:I』は主にデジタル版の販売を想定しています。これまでに蓄積したデジタルマーケティングデータを活用しながら収益の最大化を図ると同時に、ユーザーの購買動向を分析し、今後のデジタル販売に活用していきます。

オンライン統合報告書(アニュアルレポート)バックナンバー