カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

おすすめルート

個人投資家の皆様へ

個人投資家の皆様へトップ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カプコンの業績

2016年3月期の連結業績は、主にデジタルコンテンツ事業やアミューズメント機器事業において主力タイトルが堅調に推移したことにより、増収増益となりました。

「モンスターハンタークロス」が330万本を超えるヒット。コンシューマでのデジタルダウンロード販売の伸長。パチスロ機2機種4.2万台を堅調に販売。

(単位:百万円)
  2015年3月期 2016年3月期 前期比
売上高 64,277 77,021 19.8%減
営業利益 10,582 12,029 13.7%増
親会社株主に帰属する
当期純利益
6,616 7,745 17.1%増

主要な経営指標

  • 売上高
    2016年3月期はデジタルコンテンツ事業においてコンシューマの主力タイトル「モンスターハンタークロス」や、アミューズメント機器事業でのパチスロ機「バイオハザード6」など大型タイトルを投入したことで前期比約20%の増収となりました。
  • 営業利益

    2016年3月期はデジタルコンテンツ事業でのコンシューマの大型タイトルが貢献したこと、また収益性の高いデジタルダウンロード販売の伸長などにより前期比で増益となりました。

  • 当期純利益(純損失)
    2015年3月期以降は、3年間にわたる開発組織の改革の成果が顕現し始めたことや2013年3月期および2014年3月期に計上した特別損失が解消したことにより、2期連続の増益となりました。