カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

おすすめルート

IRトップページ > 経営方針 > CEOからのメッセージ

CEOからのメッセージ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな局面を迎えるビジネスのあり方を整備し、飛躍に向けて一層奮起してまいります  代表取締役会長 最高経営責任者(CEO) 辻本 憲三

昨年の当社は、年末に発売した『モンスターハンタークロス』が多くのユーザーの皆様に評価をいただき、お陰様で好調な締め括りとなりました。
2016年は新たな開発ビルを竣工するとともに、『ストリートファイターV』を皮切りに多数のラインナップを取り揃えており、カプコンにとって更なる飛躍の年になると確信しています。

2013年より取り組んできた構造改革は、総仕上げの段階です。
組織体制については、大方の足並みは揃ってきました。毎期100名以上採用する開発者を効率的に運用し、タイトルラインナップを拡充するための「60ヵ月マップ」、「52週マップ」の仕組みづくりは完了しており、これから本格的な運用を開始することで成果を上げていきます。
一方、「モバイル・オンライン分野での成功」と「コンテンツのブランド化」については、まだまだ課題が残っているものと認識しています。
モバイルは新時代に突入し、子ども達が夢中でモバイルを楽しむなど、将来においても有望な市場になるでしょう。当社のゲームを世界中のコアユーザー向けに作り続けることは変わりませんが、一方でモバイルの将来性を考えれば、若年層やライトユーザーがカプコンのコンテンツを楽しめるようにチャレンジを続けていかねばなりません。
また、ブランドとは消費者のニーズに合わせて作成した商品イメージをコンテンツ化していく、全く新しい世界です。創意工夫により、次世代に向けたブランドを確立していきます。

さらに2016年は、株主総会での決議を前提に、取締役会の監督機能および透明性の強化を目指して監査等委員会設置会社への移行を予定しており、コーポレートガバナンスの観点からも、カプコンがより一層成長するための体制の整備を進めてまいります。

全従業員が合理的に仕事をして収益を上げ、それを株主の皆様へ還元し、従業員にも還元する。これが当社の大きな糧となります。この思想をベースに、最先端の技術など新しいことにも果敢にチャレンジし、良い作品を作ることが、今後のカプコンの成長を支えるのです。

私もこれから一層奮起し、新たな年を飛躍の年にしたいと思います。

ステークホルダーの皆様におかれましては、今後も新しい価値観を発信し続けるカプコンへ、暖かいご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2016年1月7日

代表取締役会長
最高経営責任者(CEO)
辻本 憲三