カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

おすすめルート

IRトップページ > プレスリリース 2014年3月期

プレスリリース

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年5月8日
  • 報道関係者各位
  • 会社名 株式会社カプコン
    代表者名 代表取締役社長 辻本 春弘
    ( コード番号 : 9697 東証・大証 第1部 )
    連絡先 広報IR室
    電話番号 06-6920-3623

2013年3月期の連結業績は、前期に比べ
売上高14.6%増、営業利益17.6%減と増収減益
~ 開発体制の見直しやオンライン戦略の推進により、次世代サイクルに向けた
更なる収益力の向上を目指す ~

株式会社カプコンの2013年3月期連結業績(2012年4月1日~2013年3月31日)は、売上高940億75百万円(前年比14.6%増)、営業利益101億51百万円(前年比17.6%減)、経常利益109億44百万円(前年比7.4%減)、当期純利益は29億73百万円(前年比55.8%減)となりました。

当連結会計年度においては、中核部門であるデジタルコンテンツ事業で、パッケージ主力タイトル『バイオハザード6』が490万本を販売したものの、リピート販売が伸び悩んだことにより計画未達となりました。一方、新作タイトル『ドラゴンズドグマ』が採算性の高い国内市場において予想以上のヒットを放ち、近年のオリジナルタイトルとしては異例のミリオンセラーを達成しました。

また、スマートフォンの普及が拡大する中、『みんなと モンハン カードマスター』および『バイオハザード アウトブレイク サバイヴ』が着実に新規ユーザーを獲得し、それぞれ会員数200万人を突破したほか、ビーラインブランドの『スマーフ・ビレッジ』も長期にわたり安定した収益を確保しました。

加えて、アミューズメント機器事業では、旗艦タイトルのパチスロ機『バイオハザード5』が、家庭用ゲームソフトとの好循環により予想を大幅に上回る売行きを示し、収益を下支えしました。

この結果、売上高は前期比で増収となるものの、利益面では売上原価や販売費および一般管理費の増加により前期比で17%の減少となりました。さらに、開発体制等の見直しに伴う事業構造改善費用などの特別損失を計上したため、通期連結業績は増収減益のやむなきに至りました。

2014年3月期の連結業績予想につきましては、成長余力の高いオンラインコンテンツ(モバイル、PCオンライン、ダウンロードコンテンツ(DLC))へ経営資源を集中させるとともに、『モンスターハンター4』や『ロスト プラネット 3』など国内外に照準を合わせた大型タイトルの投入により、売上高970億円、営業利益120億円と増収増益を見込んでいます。


1. 2013年3月期 連結業績(累計)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
  百万円 百万円 百万円 百万円
2013年3月期 94,075 10,151 10,944 2,973
2012年3月期 82,065 12,318 11,819 6,723

2. 2014年3月期 連結業績予想

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
  百万円 百万円 百万円 百万円 円  銭
2014年3月期 97,000 12,000 11,700 6,800 118  91

(注)当社は年次での業績管理を行っているため、通期のみの開示としております。

3. 2013年3月期 各事業セグメントの概況


(1) デジタルコンテンツ事業
( 単位: 百万円 )
  2012年3月期 2013年3月期 増減率
売上高 59,810 63,636 6.4%
営業利益 12,888 7,062 マイナス45.2%
営業利益率 21.5% 11.1% 該当データはありません
  1. ①当社のコア・コンピタンス(中核的競争力)である当事業におきましては、主力ソフトの『バイオハザード6』(プレイステーション 3、Xbox 360用)が発売当初は順調な出足を示しましたが、その後伸び悩んだことにより計画未達となり、販売拡大のリード役を果たすことができませんでした。一方、『ドラゴンズドグマ』(プレイステーション 3、Xbox 360用)が採算性の高い国内市場において予想以上のヒットを放ち、近年のオリジナルタイトルとしては、異例のミリオンセラーを達成したほか、『DmC デビル メイ クライ』(プレイステーション 3、Xbox 360用)も海外で安定した人気に支えられ、手堅い売行きを示しました。また、昨年12月発売の新型の据置型ゲーム機「Wii U」向け初回作として『モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.』を投入したところ、スマッシュヒットを放ちましたものの、パッケージソフト販売は総じて伸び悩みました。
  2. ②他方、スマートフォンが普及拡大する中、前期にモバゲー向けに配信した『みんなと モンハン カードマスター』が引き続き伸長するとともに、同じくグリー向けに供給した『バイオハザード アウトブレイク サバイヴ』が着実に新規ユーザーを増やしたことにより会員数は、それぞれ200万人を突破いたしました。
  3. ③さらに、「モンスターハンター フロンティア オンライン」シリーズも根強い人気に支えられ、安定した収入を得るなど、オンラインコンテンツ部門が健闘したことにより、収益構造が変化してまいりました。
  4. ④加えて、ビーラインブランドの『スマーフ・ビレッジ』が長期にわたり安定した収益を確保いたしました。
  5. ⑤この結果、売上高は636億36百万円(前期比6.4%増)、営業利益70億62百万円(前期比45.2%減)となりました。
(2) アミューズメント施設事業
( 単位: 百万円 )
  2012年3月期 2013年3月期 増減率
売上高 11,729 10,944 マイナス6.7%
営業利益 1,787 1,709 マイナス4.4%
営業利益率 15.2% 15.6% 該当データはありません
  1. ①当事業におきましては、市況軟化の中、集客力アップを図るため各種イベントの開催や快適な店舗運営によるコアユーザーの確保に加え、新規顧客の開拓を目指して中高年者を対象にゲーム機を無料で体験できるツアーの実施や親子連れが遊べる機種の設置など、幅広い客層の取り込みに注力してまいりました。しかしながら、スマートフォンなどとユーザー層が重なる娯楽の分散化に加え、けん引機種の不足や東日本大震災後の需要増による反動減を避けられず、弱含みに展開いたしました。
  2. ②当期は、市場環境を勘案して新規出店は先送りしましたが、不採算店3店舗を閉鎖しましたので、当該期末の施設数は34店舗となっております。
  3. ③この結果、売上高は109億44百万円(前期比6.7%減)、営業利益17億9百万円(前期比4.4%減)となりました。
(3) アミューズメント機器事業
( 単位: 百万円 )
  2012年3月期 2013年3月期 増減率
売上高 7,663 16,783 119.0%
営業利益 890 4,892 449.3%
営業利益率 11.6% 29.1% 該当データはありません
  1. ①パチスロ機部門におきましては、旗艦タイトルの『バイオハザード5』が家庭用ゲームソフトとの好循環により予想を大幅に上回る売行きを示すとともに、収益を下支えしたほか、受託ビジネスも増大するなど、事業規模は着実に拡大してまいりました。
  2. ②一方、業務用機器部門は、商品の供給サイクルが端境期の状況下、メダルゲーム機『マリオパーティ くるくる!カーニバル』が堅調に推移したほか、既存商品のリピート販売も健闘いたしました。
  3. ③この結果、売上高は167億83百万円(前期比119.0%増)、営業利益48億92百万円(前期比449.3%増)となりました。
(4) その他事業
( 単位: 百万円 )
  2012年3月期 2013年3月期 増減率
売上高 2,862 2,711 マイナス5.3%
営業利益 877 740 マイナス15.6%
営業利益率 30.6% 27.3% 該当データはありません

その他事業につきましては、主なものはゲームガイドブック等の出版やキャラクターグッズなどの物品販売で、売上高は27億11百万円(前期比5.3%減)、営業利益7億40百万円(前期比15.6%減)となりました。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 カプコン 秘書・広報IR部 広報IR室

〒540-0037 大阪市中央区内平野町三丁目1番3号
TEL : 06-6920-3623 / FAX : 06-6920-5108