カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

おすすめルート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発者インタビュー2014

05. 執行役員 CS第二開発統括 小野 義徳/ 未開のアジアオンライン市場に向け10年先を見据えチャレンジを続ける

PCは「無くならない」デバイス  拡大を続けるオンライン市場

― 『モンスターハンター』以外にも、カプコンのコンテンツはアジアで展開可能でしょうか。
展開できる可能性はありますが、実はコンシューマと違い、オンラインゲームの分野では、カプコンIPによるメリットはそれほど大きくありません。モバイルはコンシューマに比べてユーザーの年代層が若く、過去のIPを知らない人が多いんです。特にフリートゥープレイのタイトルになるとこの傾向が顕著に表れます。
― 確かにフリートゥープレイのユーザーは若く、カジュアルゲーマーなイメージがあります。
はい。ただし、それを差し引いてもアジアの市場は魅力的です。この巨大な市場から如何に支持を得られるか。その可能性に向けて積極的にチャレンジを続けていきます。ちなみに台湾を含めアジアの物価は日本に比べると安いので、ランニングコストも効率化できます。その分リスクも低いといえますね。中国市場のスケールメリットと台湾のコストパフォーマンスを上手く活用して、アジアでの存在感を上げていくことが基本戦略となります。
― 日本市場についてはいかがですか。
現状、日本についてはお陰様で適性シェアを維持できていると思います。今後は魅力的な企画やアップデートで、いかに今のユーザーの皆様に継続的な満足を提供できるかだと思います。
― では最後に、これからの抱負をお願いします。
近年のゲーム業界では、市場規模の停滞がよく話題に上りますが、ことオンライン市場に関してはグローバルで間違いなく拡大していきます。それに、PCやモバイルはもはや世界的に必須なデバイスであり、市場から消滅することはないでしょう。そのため我々は1年2年といった短期スパンではなく、5年10年という中長期を見据えて新たな市場へ挑戦しています。足元ではカプコン台湾の実績も着実に上がってきており、一歩ずつ力をつけて市場を広げ、今後のカプコンの成長基盤にしていきたいと考えています。

画像:アニュアルレポート2014

最新版アニュアルレポートでも開発者インタビュー(要約版)がご覧いただけます。

「アニュアルレポート」ページにて、中身に関するご紹介のほか、資料請求もご利用いただけます。

ボタン:アニュアルレポートご紹介ページへ

開発者インタビュー2014トップへ
  1. 05.執行役員 CS第二開発統括 / 小野 義徳
  2. 04.CS第二開発統括第二開発部 部長/ 杉浦 一徳
  3. 03. S第二開発統括 第二開発部 第二プロデュース室 室長/宮下 輝樹
  4. 02. アミューズメント事業統括 OP運営開発部 部長/ 青木 純也
  5. 01. CS開発統括 第三開発部 プロジェクト企画室 ディレクター/ 藤岡 要

開発者インタビューアーカイブ

  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IRトップページへ
  • 経営方針
  • 会社情報
  • 財務・業績
  • 株式・債券情報
  • IR資料室
  • プレスリリース
  • カプコンのCSR
  • 個人投資家の皆様へ
  • 統合報告書2018
  • 特集:カプコンの熱き現場レポート
  • カプコン検定