カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

おすすめルート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発者インタビュー2013

03. CS開発統括 技術開発部 技術統制室 室長  伊集院 勝 / 『鬼武者2』でメインプログラマーを務めた後、ソフトウェア制作室室長に就任。以降、ゲームエンジン「MTフレームワーク」「Panta Rhei」の第一人者としてカプコンの技術力向上に貢献。

次世代の開発環境を見据え、今までにないゲームを提供するための0からのチャレンジ。

    早速ですが、新型エンジン「Panta Rhei(パンタ レイ)」の開発経緯について教えてください。
伊集院: 現在カプコンではゲームソフト開発において「MT Framework」という当社独自の開発エンジンを使用することで、開発の効率化やクオリティアップを実現しています。しかし、これまで運用を続けてきた結果、いくつかの問題点や限界が見えてきました。次世代機での開発を見据えた時、より複雑化するハードの性能に対応するために開発環境を根本的に見直す必要があるという結論に達し、新たなエンジンの開発に着手しました。
    「MT Framework」の限界とは何でしょうか。
伊集院: 「MT Framework」は高い表現力を持ったエンジンという自負がありますが、当然ゲームのクオリティに比例して作業工数も増加します。この開発工程を次世代機にあてはめた場合、現行機の8~10倍の作業量になってしまうんです。
    「MT Framework」の改良ではなく、新たにエンジンを作ることになった理由を教えて下さい。
伊集院: たしかに「MT Framework」をバージョンアップさせる方法もありますし、社内では新エンジンの開発に躊躇する意見もありましたが、安易な道には安易な結果しか残りません。例えば「MT Framework」を改良することで、1時間の作業が30分になる。でも30分が限界なら、労力をかけても1時間を10分にする道を選択しました。
    今後「MT Framework」と「Panta Rhei」はどのように使い分けるのでしょうか。
伊集院: 「Panta Rhei」を現行機の開発に使用することはありません。現行の据え置き機については「MT Framework」で、携帯機およびスマートフォンには「MT Framework Mobile」を使用します。これら複数のエンジンにより、様々な特徴や特性を持ったハードウェアに最適な開発環境を提供します。
    「MT Framework」の導入により、開発ツールを統一することで人材の流動性が向上しましたが、「Panta Rhei」と「MT Framework」間ではスムーズ移行できるのでしょうか。
伊集院: 「Panta Rhei」での開発については、残念ながらクリエイターに再度勉強し直してもらう必要があります。次世代据え置き機では、表現する内容そのものが大きく変わるので、従来のセオリーは通用しません。今までの延長線上で制作していては、ユーザーを満足させることはできません。ユーザーが求めているのは、今までに体験したことないゲームです。せっかく新しいハードがあるのだから、我々も今までにないことにチャレンジしよう、という考え方です。

    「MT Framework」の導入時には社内で反対意見もありましたが、「Panta Rhei」への反応はいかがでしたか?
伊集院:  やはり今回も、最初から全員納得とはいきませんでした。環境が変わる事への恐怖は誰にでもあると思います。今成功しているのになぜ変えるのか、とはよく聞かれました。しかし、我々も最大限のサポートを約束し、実施にこぎつけました。現在は『deep down』の開発チームと共同で開発を進めています。
開発者インタビュー2013トップへ
  1. 05. 執行役員 CS開発統括 副統括 /小野 義徳
  2. 06. 取締役常務執行役員 コンシューマゲーム事業管掌 /一井 克彦
  3. 03. CS開発統括 技術開発部 技術統制室 室長/  伊集院 勝
  4. 04. CS開発統括 第二開発部 部長  杉浦 一徳
  5. 01. CS 開発統括 第三開発部 部長プロデューサー/ 辻本 良三
  6. 02. P&S 事業統括 P&S制作部 プロデュース室 室長/ 小野 健太郎

開発者インタビューアーカイブ

  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IRトップページへ
  • 経営方針
  • 会社情報
  • 財務・業績
  • 株式・債券情報
  • IR資料室
  • プレスリリース
  • カプコンのCSR
  • 個人投資家の皆様へ
  • 統合報告書2018
  • 特集:カプコンの熱き現場レポート
  • カプコン検定