平成19年4月17日

各  位

会社名 株式会社カプコン
代表者名 代表取締役社長 辻本 憲三
(コード番号: 9697 東証・大証第1部)
連絡先 広報・IR室
電話番号 (06)6920-3623

業績予想の修正に関するお知らせ

 平成18年10月12日に公表いたしました平成19年3月期(平成18年4月1日~平成19年3月31日) 個別業績修正予想および平成19年2月2日の第3四半期決算発表時に公表いたしました平成19年3月期 (平成18年4月1日~平成19年3月31日)の連結業績予想を下記のとおり修正しましたのでお知らせ いたします。


1. 連結業績予想の修正(平成18年4月1日~平成19年3月31日)

(単位:百万円)
 売上高経常利益当期純利益
前回予想(A)69,6008,0004,400
今回修正(B)74,40010,1005,600
増減額(B)-(A)4,8002,1001,200
増減率(%)6.926.327.3
(ご参考)
前期実績(平成18年3月期)
70,2537,0166,941



2. 個別業績予想の修正(平成18年4月1日~平成19年3月31日)

(単位:百万円)
 売上高経常利益当期純利益
前回予想(A)55,7005,1002,600
今回修正(B)55,7006,1003,100
増減額(B)-(A) -1,000500
増減率(%) -19.619.2
(ご参考)
前期実績(平成18年3月期)
53,9255,6245,675



3. 修正の理由(連結・個別)
コンシューマ用ゲームソフト事業において、Xbox 360向け「デッドライジング」および 「ロスト プラネット」がグローバルでミリオンセラーを達成するなど好調に推移したことや、 国内でも「プレイステーション・ポータブル」向け「モンスターハンターポータブル 2nd」が ミリオンセラーを達成したことなどにより、売上および利益が増加し、連結および個別の業績 予想において、売上高、経常利益および当期純利益が、それぞれ前回予想を上回る見通しとなり ました。

以  上

プレスリリース一覧へ戻る

閉じる