カプコンIR 投資家の皆様へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

おすすめルート

IRトップページ > 経営方針 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当社の情報開示方針をご説明いたします。

1. ディスクロージャーの基本方針

当社では、株主や投資家の皆様に適時適切な情報開示および説明責任を十分果たすことは上場企業の責務であり、コーポレートガバナンスの観点からも不可欠と考えております。したがいまして、当社は、(1)責任あるIR体制の確立、(2)充実した情報開示の徹底、(3)適時開示体制の確立、を基本姿勢にIR活動を推進することにより、透明性の高い経営をおこなってまいります。

2. ディスクロージャーの基準

当社では、金融商品取引法および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」)等に則り、適時適切なディスクロージャーを行うようにしております。
また、適時開示規則等に該当しない情報につきましても、投資家の皆様のご要望に応えるべく、できるだけ積極的に開示する方針です。
さらに、ホームページでの情報開示などにより、情報公開の即時性、公平性を目指すとともに、株主の皆様には事業報告書等を通じて営業成績や事業の概況などをお知らせいたします。

3. 適時開示にかかる社内体制の仕組み

4. 沈黙期間

当社は、四半期決算発表前に決算に関する情報が漏れるのを防ぐため、決算発表日から起算して約1ヵ月前までの期間を沈黙期間としています。当該期間は、業績に関する問い合わせへの対応を差し控えています。ただし、当該沈黙期間中に業績予想を大きく乖離する見込みが出てきた場合には、適時開示規則等に沿って、適時適切に情報開示をしていきます。

5. 12時間ルール

このウェブサイトに掲載されている情報は、金融商品取引法および適時開示規則に定める重要事実に該当する場合があります。また、このウェブサイトで当該情報を入手した方は、インサイダー取引規制を規定している金融商品取引法第166条に定める第一次情報受領者に該当する場合があります。
したがいまして、本ウェブサイトで当該情報を入手した方が当社株式等の売買等を行うことは、インサイダー取引規制の規制対象者に該当する恐れがありますのでご注意ください。
ただし、下記の公表がなされた場合は、当該規制対象者から除外されます。

  1. 当該情報が金融商品取引法施行令第30条第1項に規定の2以上の報道機関に対して公開された時から12時間が経過したとき。
  2. 当該情報が証券取引所において内閣府令で定める電磁的方法により公衆縦覧に供されたとき。

6. IR活動の体制

代表取締役会長および代表取締役社長、担当役員を中心に、5名の専従スタッフが国内外の株主や投資家の皆様へ積極的なIR活動を行っています。
決算等のIR情報に関するご質問は以下までお問い合わせください。


IR担当者(専従・兼任)

広報IR室
電話番号:06-6920-3623
メール:ir@capcom.co.jp
※受付時間 : 9時から12時、13時から17時半
(土曜・日曜・祝日除く)

7. 適時開示宣誓書

適時開示に係る宣誓書

平成19年7月1日

株式会社東京証券取引所
代表取締役社長 斉藤 惇 殿

株式会社カプコンは、投資者への適時適切な会社情報の開示が健全な証券市場の根幹をなすものであることを十分に認識するとともに、常に投資者の視点に立った迅速、正確かつ公平な会社情報の開示を適切に行えるよう添付書類に記載した社内体制の充実に努めるなど、投資者への会社情報の適時適切な提供について真摯な姿勢で臨むことを、ここに宣誓します。

PDF 適時開示宣誓書 (PDF:54KB/3ページ )

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加