INTERVIEW

2017年1月12日

モンスターハンター ストーリーズ 発売記念特集 vol.2
~BGM編~

ここでしか聞けないBGMの制作秘話!
大好評発売中のモンスターハンター ストーリーズのサウンドについて、
タンタンが突撃インタビュー!
第2回目は、BGM担当の鈴木さんと前馬さんです。

物語に寄り添う音楽

タンタン
モンスターハンター ストーリーズ(以後、MHST)での担当と好きなオトモンは?
鈴木
BGMの演出や楽曲制作、システム構築等を前馬さんと一緒に担当させていただきました。
具体的には、シナリオや資料を読み、どの場所やシーンでどんな音楽がいくつ必要か?
というのを、スケジュールを元に組み立てて楽曲制作をしたり、
やりたい演出を可能にするためにはどんな仕組みが必要なんだろう?
というのを考えて仕組みを作ったり、などですね。
タンタン
制作中、こだわったところはどんなところですか?
鈴木
そうですね。今作はRPGなので、シチュエーションの曲やキャラクターのテーマ曲等があるのですが、シチュエーションの曲は「物語に寄り添う音楽」というのを意識して作っていきました。
邪魔せず物語にそっと寄り添うことを目標に…
鈴木
そして、キャラクター曲はそのキャラクター「らしさ」ってなんだろう?
というのを考えるために、ストーリーやキャラクターの設定資料を読み込んだりしていたのですが…
実際にゲーム内でのキャラクターの動きや喋り、表情などを見ていると、そのキャラクターの雰囲気や性格が自然と伝わってくる感じがして、それをそのまま音楽に出来るように。というのを目指して制作をしていましたね。
前馬
僕は、「英雄の証MHST Ver.」の編曲を担当させていただいた際に、原曲が広く知られ、歴代ずっとアレンジされているので、どうやって今作の要素を足しつつアレンジを進めていくかをかなり悩みました。
最終的には、メインのメロディー部分が2まわしずつ出てくるので、前半は原曲を崩したくなかったため手をほとんど加えず、後半はMHSTのダイナミックなストーリーに沿えるようなアレンジにさせていただきました。
冒頭の部分と、真ん中の静かな部分は特にRPGらしさを出せるように、新たに書き起こした部分と原曲を織り交ぜつつ制作しております。
落としどころを見つけるまでにだいぶ苦労しましたが、こだわったところでもあります。

大迫力のオーケストラ収録!

タンタン
お二人とも、かなりRPGというゲーム性を意識されて楽曲を作られていたのですね!
そういえば、今回、オーケストラ収録をしたとの事ですが…
鈴木
メインテーマやシュヴァルのバトル曲など、主要な楽曲の一部をオーケストラで演奏して収録しています。
演奏は弦、木管、金管等セクションごとに収録して重ねていくという方法で行ったのですが、先に収録したセクションの音を聞きながら次のセクションが演奏をしていくんです。


鈴木
これが本当に凄くって!
力強さは損なわないのにノリを合わせてとことんこだわって演奏してくださいました。
先に演奏する難しさ、後に演奏する難しさ、それぞれある状況の中で、そんな大変さを微塵も感じさせずに演奏する姿は本当にカッコよかったです!!そして、その演奏の源となる編曲を恐縮ながら今回も和田薫さんにお願いしたのですがMHSTの熱量をグッと詰めたかの様な力強い音楽に育てそして磨き上げてくださいました。
音として完成していく姿は、本当に夢のようでした…
前馬
シュヴァルのバトル曲でパーカッション担当の方が、空き缶にお米を詰めてシェーカーにした手作り楽器を持ってきたのと、アルマジロの形をした大きな木魚のような楽器を持ってきて演奏してくれたことに、演者さんのこだわりを感じて感動しました!

テーマ曲に込められた「想い」とは!?

タンタン
「英雄の証」「シュヴァルのテーマ」と話が出ましたので「メインテーマ~風の絆~」についてもお話を聞かせてください!
鈴木
メインテーマの大きなコンセプトは「冒険」です。
曲の制作はシナリオや背景、キャラクターなどの資料を読み、物語を想いながらメロディーや構成を考えていきました。
メインメロディーでは主人公、リリア、シュヴァル達が丘を駆けて行く勢いや、物語中のそれぞれの想いや決意等、色んなシーンを思い浮かべながら作りました。
中間の一旦静かになって、徐々に盛り上がる部分ですが、ここは誰も知らない場所を探索し、ひっそりと佇んでいる伝説のタマゴを見つけて、その卵が孵化する様子を勝手にイメージして制作していたりします(笑)
凄いオトモンになるかもしれないモンスターが生まれる瞬間という感じです。
タンタン
うわぁ、想像力豊かですねー。
ゲーム中で「ここを聞いて欲しい」って所はありますか?
前馬
実は、鈴木さんと挑戦した所ですが、バトルの遊びは今までのモンスターハンターとは違いターン制で、バトル曲が始まるまでにモンスターを眺めるようなカメラワークと共に短い音楽があるのですが、「毎回同じ曲だと勿体ないな」という思いから、バトルの条件によって少しずつ変化させるような作りにしてみました。
気にしながらプレイしていただけると嬉しいです。
タンタン
条件によって曲が変わるなんで、スゴイ!
開発中の楽しかった事や裏話みたいなのってありますか?
鈴木
ナビルーのテーマ曲を作るのはとっても楽しかったです。
実は作ってから気が付いたのですが、ちゃんとこの曲が流れるのは1か所だけなんですよね…
「ナビルーはたくさん出てくるからそんなハズはない!」って思ったんですが、意外や意外、思わぬ所でレア曲となってしまいました(笑)
あ、これは私のお気に入りのナビちゃんのシーンです!
ナビちゃんのこの顔が可愛いんです!
前馬
僕は、みなさんが居ない時を見計らって、ギターを弾いていた事が印象的でした。
というのも、最初は防音室に籠っていたんですが、実は広いフロア内の自分の席で録った方が音が良いって事に気が付いたんです。
幸い、エアコンやサーバーのノイズはそんなに気にならなかったので良かったです。
それからは、朝早く会社に来てこっそり演奏して収録していました(笑)
タンタン
最後に一言お願いします!
鈴木
シリーズ初のRPGという事で、今までのモンハンとは違う新しい遊びもあり、また、今までにないくらい近くに感じるキャラクターや物語がいっぱいです。
サウンドもそれに寄り添ったものになっていると思いますので、是非一緒にゲームで楽しんで頂けたらと思います!!
前馬
ゲームのストーリーやキャラクターに寄り添った楽曲に仕上げられる様に頑張ってこしらえました。
気に入っていただければ幸いです!
ありがとうございました!

お二人ともありがとうございました!
次回はいよいよ最終回!効果音編をお届けします!