INTERVIEW

2013年6月6日

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション
発売記念サウンドスタッフインタビュー Vol.2


アンベールド エディション 恐怖のサウンドメイキングがベールを脱ぐ!
バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディションのサウンドメイキングインタビュー!
コンポーザーのこだわりとは!?特典CDの内容とは!?
タン★タンがメインコンポーザー鈴木 幸太にゲームサウンドに対する熱い気持ちやを聞き出します!

 

 

 

 

こんにちは。タンタンです。
バイオハザード リべレーションズ アンベールド エディション発売記念!
今回はコンポーザ―に突撃インタビューだよ!

 

 

 

海外ドラマ的な演出を取り入れているところと、
ピアノ主体での音楽構築をしている部分ですね。

タン★タン
3DSで既に発売している本タイトルですが、今回の「アンベールド エディション」ではどのような音楽アプローチをしたのでしょうか??
何か新しいアプローチなどありますでしょうか!?
鈴木
基本的な演出や選曲は3DS版と変えていません。開発初期は新たにアレンジを入れることも考えましたが、オリジナルの演出はとても気に入っていますし評判も良かったので、3DSを持っていなかったからプレイできなかった!という方にも是非同じ演出を味わっていただきたくてそうしました。
ネットワークで遊べるRAIDモードでは「本編のこの曲が流れたらもっとよかった」といったお客様の声を取り入れたり、新規ジングルを追加したりしています。
タン★タン
バイオハザードシリーズでも、例えば昨年に「6」や「オペレーション・ラクーンシティ」も発売されましたけど、「リベレーションズ」ならではの音楽のオリジナリティについて改めて教えてください~!
鈴木
はい!一つ挙げるとすれば、海外ドラマ的な演出を取り入れているところとピアノ主体での音楽構築をしている部分ですね。前者は具体的には音楽と映像の気持ちのいいリンク、例えばフレーズのキメで映像もブラックアウトするとか、そういった演出を私からどんどん提案していきました。後者はピアノという楽器は美しくなりすぎてしまい、あまりシリーズで多用されていなかったのですが、今回はストーリーがサスペンステイストということもあり、うまくマッチングしました!
タン★タン
なるほど!ピアノの音、素敵です。ピアノが弾けたら楽しいでしょうね~!
それでは次の質問です。据え置きハードということで携帯ハードと違った調整等もありましたか~?
鈴木
はい、先述のとおり演出は変わらないのですが、音質面での強化を図りました。
具体的には携帯ハードよりもダイナミックレンジ(音の大小の差)を活かした表現豊かなマスタリングや、一部楽曲をサラウンドミックスすることで、豪華な音響セットをお持ちの方にも楽しんでいただけるよう、配慮しましたね。

タン★タン
そういえば、e-capcomで限定サントラがついたバージョンの購入って聞きました!
噂によりますと原曲のアレンジとか!?
鈴木
そうなんですよ!実は「LIMITED SET」を購入すると付いてきます
本編で評判の良かった楽曲を選曲し、もう一人のコンポーザーと一緒に
アコースティックな楽器を中心により技巧的にアレンジしました。
原曲のメドレーも収録されているので聴き比べも非常に楽しいと思いますよ。
まだギリギリ買えると思いますので試聴ページで気にいった方は是非ご購入をお願い致します!ちなみに「ヴェルトロ」というユニットという体でアレンジしていますが、ライブの予定などは今のところありません(笑)
タン★タン
おお!イイですね!ヴェルトロ!どこかで聞いたことがあるような気がします!ライブみたいです~!
そして本日はインタビューにお答えいただきましてありがとうございました!
最後にユーザーの皆様へコメントをお願いします!!
鈴木
4機種対応ということで、より多くのお客様にプレイしてもらえることを本当に楽しみにしています! サウンドに対する感想をお持ちの方は是非このHPにもメッセージをいただけると励みになります。今後ともバイオハザードシリーズとカプコンサウンドをよろしくお願い致します!