モンスターハンター4 トップページへ戻る
 
 

オンラインで遊ぶときのマナー

協力して狩りをするのは、「モンスターハンター4」の醍醐味ですね!でも、みんなが気持ちよくプレイするには"マナー"が大切です。

ここでは特に、インターネットマルチプレイで知らない人と遊ぶときに、心がけてほしい"マナー"をご紹介します。

集会所にきたらまず挨拶をする。

集会所にきたらまず「こんにちは」や「よろしくお願いします」、クエスト終了後は「お疲れ様でした」と挨拶をして、礼儀やマナーを心がけましょう。
チャットが苦手な人も、定型文をうまく活用することで、手軽に挨拶ができます。

乱暴な言葉は使わない。

集会所のチャットでは、お互いの顔が見えないため、冗談で言った言葉から思わぬトラブルに発展することもあります。初対面のハンターと話すときは、乱暴な言葉づかいを避け、丁寧な発言を心がけましょう。
また、仲良くなっても、あまり羽目を外さず節度を持ちましょう。

クエストでは協力しよう。

集会所には、いろいろなところからいろいろな人が集まってきます。
狩りが上手いハンターも苦手なハンターも同じ狩友です。熟練者も初心者も自分の考えやプレイスタイルを押し付けず、お互いが楽しく遊べるように協力しましょう。
行きたいクエストが他のハンターと違うときや自分のクエストを手伝ってほしいときは、話し合ってみることも大切です。

相手の嫌がることはやめましょう。

集会所では、たとえ冗談でも乱暴な発言をしたり、クエストの支給品を独占したりすると、相手は迷惑に感じる場合があります。
自分がされて嫌なことや困ることを他のハンターにしないのはもちろん、自分の行動が相手にどう思われる可能性があるかなども考えながらプレイしましょう。

集会所では個人情報は教えない。

集会所で仲良くなったハンターがいても、実際には会ったことがない他人です。
ネット犯罪から身を守るために、本名や住所が特定できるような情報(最寄の駅や家の近くのお店の名前など)は話さないようにしましょう。

思いやりを大切にしよう。

ゲームの中のルールや常識ももちろん大事ですが、それを知らない初心者ハンターもいます。ベテランハンターは初心者に出会っても考えを押し付けるのではなく、ルールや常識を教えてあげることから始めてみましょう。

もし、トラブルになってしまったら…?

集会所でもしトラブルになってしまっても、相手にもっとひどいことを言ったり、わざと嫌なことをしたりしてはいけません。トラブルが大きくなると、自分も相手も傷つく結果になってしまいます。
また、カプコンは中立的な立場のため、個人間のトラブル解決のお手伝いできませんので、トラブルにならない行動を心掛けるようにしましょう。
 
トップページへ戻る
 
上へ戻る