開発部ブログ

「逆転裁判5」発売!!

更新日時:2013年07月25日

みなさん、こんにちは。
「逆転裁判5」プロデューサーの江城(えしろ)です。
公式ブログの第1回目以来、久々の登場になりますが、皆さん、公式ブログ
は如何でしょうか‥?

今回、開発現場の生の声を少しでもお届けしたいと
思い、開発スタッフにバンバン登場して貰っている訳ですが‥。

ぶっちゃけ、僕のブログより全然面白い!!

最初スタッフに今回のブログの話を持ちかけた時は、皆それほどでもない
感じだったのですが、いざ自分が書く番になると‥。

みんな、ノリノリ!!

それぞれが、趣向を凝らして書いてくれたので、本当に充実した内容の
ブログをお届けできたかと思います。


発売御礼!

プロデューサー:江城

そして、今回。
発売日という事で、山﨑シナリオディレクターと江城が記念すべき発売日に
今現在の心境を徒然と書かせて頂きます。

逆転裁判5の発売をお待ち頂いた皆様、長らくお待たせいたしました!!
そして、制作決定のアナウンスからずっと応援して頂き、本当にありがとうございます!!

山﨑も書いていますが、昨年の逆転裁判10周年のイベントで、「逆転裁判5」の制作決定
をアナウンスさせて頂いた時の、地響きがするような会場の歓声は、今でも耳に残って
います。あの時、これだけ愛されているゲームの続編を作れる事への喜びと同時に、
皆さんの期待に応えたい、そして、期待以上のクオリティのゲームを制作しなければならないという責任感が、体中を駆け巡ったあの瞬間・・昨日の事のように思い出します。

それからの開発現場は、本当に良い意味での緊張感に溢れ、スタッフ全員が持てる
ノウハウや技術を全て注ぎ込んで、時にはケンカもし、また時には励ましあいながら
この「逆転裁判5」を制作してくれました。

インタビューでも結構お話させて頂いておりますが、今回、僕は本当に様々なムチャ振りを現場にしてきました。それは、僕自身が「逆転裁判」という作品の大ファンであるからこそ、一番最初にプレイするユーザーとしての視点で、「6年ぶりの続編に相応しいゲームになっているのか?」「今の出来でプレイする皆さんは喜んで貰えるのか?」という事を常に意識しつつ
開発を進めてきたのですが、最終的に出来上がったゲームをプレイした時、

「これは間違いなく逆転裁判の続編に相応しいクオリティになった!!」

と、本当に感動しました。
素晴らしい開発スタッフに恵まれたこと、心から誇らしく思っています。

そんな開発スタッフの愛が詰まった「逆転裁判5」を、一人でも多くのユーザーに
届けるため、もっともっと頑張って伝えて行きたいと、改めて思いました。

すでに遊んで頂いている方もいらっしゃるかと思いますが、まだ購入するか迷って
いる皆さん、

絶対に後悔はさせない自信はありますので、是非手に取って頂けたらと思います。

そして、是非エンディングまで遊んで頂き、僕たちの「逆転裁判5」への愛を
感じて頂けたら、これほど嬉しい事はありません。

エンディングを迎えても、まだまだ追加のダウンロードコンテンツダウンロードコンテンツも準備しておりますので、
そちらも是非遊んで頂けたらと思います。

では、今日はこの辺で!
この後は、山﨑シナリオディレクターに、発売日の心境を語って貰いましょう。

P.S
写真は、先週参加したアメリカのサンディエゴで開催された「コミックコンベンション」
というイベントで撮影したものです。
海外にも熱心な逆転裁判ファンの方が沢山いらっしゃって、サイン会にも大勢の
逆転ファンにご来場頂き、凄く盛り上がりました。海外版は少し先の発売になりますが、
一日でも早くお届け出来るよう、引き続き頑張って制作して行く所存です。

イメージ

おまけ。
同じくイベントでULTRA STREET FIGHTER IVのサイン会を開催していた直後の
小野プロデューサーを激写。

イメージ


相変わらずファンキーな人ですが、イベントで開催されたパネルディスカッション後
には、沢山のファンの方に囲まれて写真撮影をしていました。


伝えたい思い。隠された意味。

シナリオディレクター:山﨑

みなさん、こんにちは!
シナリオディレクターの山﨑です。

ついに‥‥ついに、この日が来ました!
『逆転裁判5』、本日発売です!

思えば、制作を発表したのは1年と半年前。『逆転裁判10周年特別法廷』でのことでした。
あのときの観客のみなさんの歓声を、今でも思い出します。
あの歓声に背中を押していただいたおかげで、なんとかここまで走って来ることができました。本当に、ありがとうございます。

制作発表会のときは、まだタイトルロゴしか発表できませんでした。
だから、あのタイトルロゴに開発チームの《伝えたい思い》をこっそりと込めました。

イメージ

『逆転裁判』の文字の青色はナルホドを、『5』の文字の赤色はオドロキを、そして『星型の光』や『5』の文字の立体感は3Dを意味しています。
“ナルホドの復活”と、“オドロキの活躍”という2つの大きな要素。そして、“3Dで逆転裁判の世界を表現する”という新たな挑戦。
あのロゴのデザインには、そんな《隠された意味》があったんです。

そして今日、完成した『逆転裁判5』のパッケージが店頭に並びます。
この完成したパッケージデザインにも、開発チームが《伝えたい思い》がつまっています。
4人のキャラクターを誰にするのか? そして、その並び方をどうするのか?
いくつかの案を検討しました。そして、完成したのがこのパッケージです。

イメージ

ナルホドが左端にいます。そして、オドロキは右端に。それぞれの顔は別々の方向を向いて‥‥。カンの良い方はお気づきだと思いますが、2人の位置関係には《隠された意味》があるんです。

そして、最後に是非ご注目いただきたいのが、ゲーム屋さんの店頭で見ていただけるポスターです。

イメージ

ここにもアートディレクターの布施が、逆転裁判5の物語をぎゅっと凝縮してくれています。是非とも、店頭でじっくりと見ていただきたいです。
実はこれ、「ゲームをプレイする前と後では、印象がちがって見える」ようになっているんです。さて、そこにはいったいどんな《隠された意味》があるのでしょうか?

ちりばめられた《伝えたい思い》と《隠された意味》の数々‥‥。
その真相は、是非ともゲームをプレイして確認していただきたいです。
皆様、くれぐれもネタバレにはご注意を!
友達やインターネットの書き込みでネタバレをされる前に、
ゲーム屋さんで『逆転裁判5』を手にとってレジへ行きましょう。
さあ! いますぐに!

******************************

‥‥とムリヤリ購入を勧めてみましたが、実はもうそんなことをする必要はないんです。
え? なぜかですかって?
だって、神様からのメッセージがあったんです。
“逆転裁判5は大ヒットする”‥‥と。

それは、先日行われた逆転裁判5チームの“打ち上げ”での出来事です。
打ち上げの終盤で行われた《運試しのビンゴ大会》
そこで、僕のビンゴカードに奇跡が起きました。そう。
神様のメッセージとしか思えない奇跡が。
そのときのビンゴカードがコレです。

イメージ

数字が呼ばれるたびに、次々とあがる「ビンゴ!」の声。
豪華賞品を手に入れて、拍手を受けるスタッフたち。
しかし、僕のビンゴカードの数字は、まったくと言っていいほど呼ばれません。

「マズイ‥‥!
これでは、シナリオディレクターにツキが無いことになってしまう!
“縁起が悪いヤツだ”と後ろ指を指されてしまう‥‥!」

僕が笑顔で焦燥を隠しているうちに、無情にもビンゴは終了。
そのとき、だいたいの人のビンゴカードには、10個以上の穴が空いていました。

「どうしたらいい? どうしたらいいんだ?
そうだ! こんなときこそ、発想を逆転させるんだ!
“呼ばれた数字が少ないからツキがない”と考えるんじゃない。
“呼ばれた数字が少ないことでツキがあることになる”方法を考えるんだ!」

このビンゴカードに、《隠された意味》を見つけ出せ!

「呼ばれた数字は5個‥‥。そうか! 『逆転裁判5』だけに、5個だけだったんだ!
ビンゴになった人はいくらでもいる。
でも、ぴったり5個の穴があくなんて、こんな奇跡は他にない!
これは、きっと『5』が大ヒットする証拠にちがいない! そうに決まってる!

‥‥‥‥‥‥ときには“思い込み”が必要なときだってあるんです。
ビンゴカードに《隠された意味》が当たるかどうかは、ユーザーのみなさんの手にかかっています。
ゲーム屋さんで『逆転裁判5』を手にとってレジへ行きましょう。
さあ! いますぐに!

******************************

そんな、悲喜こもごもの打ち上げは、最後にみんなの願いを込めて「逆転裁判5の大ヒットに“異議なし!”」と指さしポーズを決めて大団円を迎えました。

イメージ

さてさて、いったん打ち上げをしたとはいえ、まだ開発は終わっていません。
現在は、海外版を鋭意制作中です。チームメンバーは、逆転裁判5を海外のユーザーに届けるべく、日夜がんばっています。もちろん、先日発表したばかりのダウンロードコンテンツダウンロードコンテンツも制作中!

そして、このブログもまだまだ続きますよ!
次回、ついにディレクターの瀬戸さんの登場です!
一体どんな裏話が飛び出すのか‥‥?
発売直後にふさわしい花火を、ドカンと打ち上げていただけることでしょう。
どうぞ、ご期待ください!

ブログに戻る


ページトップへ