開発部ブログ

公式ブログスタートします!

プロデューサー:江城

更新日時:2013年06月20日

みなさん、こんにちは。
「逆転裁判5」プロデューサーの江城(えしろ)です。
公式サイトオープン時以降、逆転シリーズファンの皆様から「公式ブログは開設しないのですか?」という、嬉しくも緊張するお言葉を多数頂きまして、少し遅くなりましたが、本日より公式ブログを開設いたします。

今回の公式ブログでは、これまで「逆転検事」、「逆転検事2」で公開していたブログとは少し趣向を変えて、山﨑シナリオディレクターはもちろんなのですが、いままであまり表には出ていない開発現場の様々なスタッフにも登場して貰い、開発スタッフが描いた4コマ漫画や、開発秘話、相変わらずの江城と山﨑との殴り合いなんかもお伝えして行けたらと思いますので、またしばらくの間、お付き合い頂けたらと思います。
もちろん、最新のプロモーション情報なんかもいち早く発信して行きますので、こまめにチェックをして頂けたらと思います。

さて、前置きはこれくらいにして、、、。

今回は第1回目という事で江城がこのブログを書かせて頂いている訳ですが、丁度、先週水曜日からアメリカのE3ショウに行ってきましたので、その時のお話をさせて頂けたらと思います。

ご存知の皆様もいらっしゃるかと思いますが、E3ショウと言うのは、年1回アメリカはロサンゼルスで開催される、世界中のゲームメーカーやハードメーカ、PCのパーツメーカなど、エンターテインメントに関わる様々な会社が一同に集まる、非常に大きなイベントで、今回、カプコンブースにて、「逆転裁判5」海外版の体験版を出展させて頂きました。

image

写真にもありますように、海外では「逆転裁判5」は「Phoenix Wright Ace Attorney Dual Destinies」という、何とも長いタイトル名となっておりますが、これは「逆転裁判」の1作目の海外版から脈々と続く流れで、「主人公名 + Ace Attorney + サブタイトル」で、今までの逆転裁判1~4を発売してきました。
ちなみに、『Phoenix Wright』というのは、海外版での成歩堂 龍一の名前で、王泥喜 法介が主人公の「逆転裁判4」は、『Apollo Justice Ace Attorney』と言
んですね。

で、そんな中でE3ショウが始まった訳ですが、江城は初日からずっと海外メディアからのインタビューやビデオインタビューをカプコンブースでずっと受けており、ほぼブース内のインタビュールームでカンヅメ状態で、ほとんど他社ブースを視察する事が出来ず、泣き濡れておりました。

しかし!!

この全ての面で大きくパワーアップした逆転裁判5の魅力を、世界中のゲームファンの方にお届けする為に、しっかり世界各国のメディアの方へアピールしてきましたよ!!
その甲斐あってか、試遊コーナーには沢山の方々に来場して頂きました。
本当に、ありがとうございました!!!

image

そんなインタビューの中でも、江城が面白いと感じたのは、逆転シリーズではお馴染みの「ハシゴとキャタツ」ネタについて、海外の記者からも度々質問されまして、「あ~、ハシゴとキャタツネタは国境を越えても、理解して貰えるんだぁ」と一人感慨深く頷いておりました。
ところで、今回もハシゴとキャタツネタがあるのかどうかは、実際に製品版をプレイして頂いて、皆様の目で確認して貰えたら嬉しいです。

と、いう所で、今回はこの辺で。
次回は、山﨑シナリオディレクターに登場して貰いたいと思います。
逆転裁判5のシナリオを作っていく上での、あんな話やこんな話、どさくさ紛れに江城へのクレームなんかも飛び出してくるかと思いますので、お楽しみに。
それでは、またお会いしましょう~!!

P.S
下の写真は、同じくカプコンブースで展開されていた「Dead Rising3」シアター前
に作られた特設コーナーです。

imageimage

金網で仕切られたこの特設コーナー内には、生身のゾンビが徘徊し、通りすがりの来場者やカメラを向けた人を激しく威嚇していました。当然、役者の方がゾンビに扮しているのですが、まるでゾンビ映画を見ているかのようなリアルさに、内心かなりビビっていた事は内緒です。。。

ブログに戻る


ページトップへ