ROCKMAN シリーズ公式サイト

  • TOP >>
  • ロックマンとは?

ロックマンとは?

全シリーズの総作品数は130以上
累計販売実績は3,100万本以上の「アクションゲーム」の名作!

※2017年3月31日現在

『ロックマン』は、1987年にファミリーコンピュータ向けアクションゲームとして第1作目が発売されました。
個性的なキャラクターと、攻略の自由度の高さや歯ごたえのある絶妙なバランスが人気となり、
これまでに130以上の作品が制作され、数多くのシリーズが誕生しました。

そしてゲームソフトに留まらず、キャラクターグッズ、コミック、TVアニメや映画など多彩なメディアへと展開され、現在でも幅広い年代から人気を博しているカプコンを代表するシリーズです。

  • 1987

    1987年に「ファミリーコンピュータ」で第1作が発売。2010年までにナンバリングを含め、アクションに留まらず様々なジャンルのゲームが合計20作以上リリースされている、全てのロックマン作品の原点となるシリーズ。

  • 1993

    「スーパーファミコン」でのロックマンとして発売されたシリーズ。「ロックマン」から約100年後の世界を舞台として、主人公エックスが活躍する。システム面もパワーアップし、よりスピーディなアクションが特徴。ストーリー面も強化され、後のシリーズ作品への影響も強い。

  • 1997

    ロックマンシリーズ生誕10周年に「プレイステーション」で発売されたシリーズ初の3D作品。3DアクションにRPG要素を取り入れた、「フリーランニングRPG」と言う独自ジャンルによるオリジナリティの強い作品。ストーリーに直接的な結びつきは無いが、ロックマンシリーズの遥か未来を舞台とした作品。

  • 2001

    ネットワーク技術が発達した未来の世界を舞台に、光熱斗とネットナビ「ロックマン」が活躍する。トレーディングカードの要素を取り入れたゲームシステムは好評を博し戦略性の高い対戦は全国大会が開かれるなど一大ムーブメントとなった。

  • 2002

    ロックマンXシリーズの約100年後を舞台に、主人公ゼロが活躍する。さらにSF要素の強い世界観とストーリー性、デザインコンセプトなどこれまでのシリーズとは一線を画しながらもロックマンXシリーズを継承し、進化したハイスピードアクションが楽しめる。

  • 2006

    ロックマンゼロから更に数百年後の世界で、意思を持った金属「ライブメタル」の適合者”ロックマン”たちの戦いが展開する。アクションRPGに近いゲーム構成が特徴。ロックマンシリーズではめずらしく、男性と女性どちらも主人公としてプレイできる。

  • 2006

    無線通信技術が発達した世界で星河スバルが宇宙人ウォーロックと電波変換しロックマンに変身、電波ウィルスとの戦いに挑む。ロックマンエグゼの流れをくみつつ、3Dになったアクションバトルが特徴。

ゲーム以外にも「アニメ」や「映画」などマルチメディアに展開!

これまで『ロックマン』シリーズはコミックやTVアニメなどマルチメディアでも多数の作品が制作されました。
また遊園地でのコラボレーションイベントなど、メディアを飛び出しての展開も行われ、どれもが好評を博しました。

©CAPCOM・小学館・ShoPro

©Koji Izuki ©Ryo Takamisaki
©Jun Keijima ©Miho Asada