『モンスターハンタークロス』ゲームデザイナーインタビュー
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回
タイトル

モンハン部の皆さん、こんにちは!
前回の『モンスターハンタークロス』(以下MHX)のOPと生態ムービー制作秘話をうかがう、「モンハン流 ド迫力3D映像の作り方 第4回」、皆さん読んでいただけましたか?
今回は、あの「トラベルナ」のムービー制作秘話をうかがいます。
ネタバレを含みますので、必ずエンディングを見てから読んでくださいね!!
どうぞ!!

イメージ

▼開発者:詳細プロフィール

“美少女アニメ”がキーワード? ~エンディングムービー「トラベルナ」

――エンディングムービー「トラベルナ」の制作エピソードを聞かせてください! 過去の『MH』EDとは、雰囲気がガラリと違いますよね。

井上:僕もびっくりしました。

一同:(笑)。

一瀬:EDムービーは当初、アイルーだけが踊るムービーになる予定だったんです。でも、制作中に裏谷サウンドディレクターから「エンディングの曲をボーカル入りにしたい」というリクエストがあって再考することになって。魔法使い美少女アニメのEDなどを見ながら、「歌と言えばダンスだよな…やるか」と、変に納得した感じでゴーサインを出しました。

一同:(爆笑)

一瀬:そこからはもう、アイルーのほかにカティやニャンコックも出していきましょうか、と増えていきました。

井上:そこまで増えたなら「もっと色んなキャラクターを出して大団円にしましょう」と僕から提案させてもらって、ああいう形になりました。

イメージ

「トラベルナ」の大団円的な雰囲気は、ハンターの心をほっとさせてくれます。

――『MHP3rd』のEDを彷彿とさせるEDですね。

井上:僕はあの夏祭りの盆踊りムービーが印象深くて。NPCを全員出演させました。ファンから見ても、あれはうれしい映像だったんじゃないかと思ってまして。

――たしかにそうですね!

井上:自分の好きなNPCがどこにいるんだ? って探す目的で、何度でも観たくなりますし。小ネタも一杯詰め込んだあのノリをもう一度やりたい…と思っていたので、「トラベルナ」は絶好のチャンスだったんです。


イメージ

『MHP3rd』エンディングも、夏祭りのダンス…盆踊り風ムービーだったのです!

――「トラベルナ」にも、NPCが全員出演されてるんですか?

井上:4つの村と集会所、いろいろなNPCを出してますよ!

――モンスターの前で踊っていても襲われない、ファンシーさもいいですね(笑)。

一瀬:EDではそういうリアリティは置いておいて、楽しさを追い求めましょうって、振り切りました。

井上:結果、滅茶苦茶楽しい映像になっているかと思います(笑)。

――ニャンコックが棒でディノバルドの頭に抜刀斬りを当てていますしね!

イメージ

ディノバルドの頭に向かって、かきまぜ棒で抜刀斬りを決めるニャンコック。
たくましい!

井上:ハプルボッカから逃げるシーンも、滅茶苦茶恰好いいですよね!
一瀬:実は、最強キャラかもしれないです(笑)。

イメージ

ネコ嬢を抱えてハプルボッカから逃げるニャンコック。
惚れますね!

井上:EDムービーって、プレイヤーへのご褒美であると同時に、開発スタッフへのご苦労様ムービーであるべきだと思っているんです。スタッフが“アガる”エンディングを作れば、いいものができると信じて、毎回コンテを描いています。

――プレイヤーは遊び始めてから数か月でエンディングを見ますけど、開発スタッフは何年もそのゲームに関わっているわけですから、思い入れが違いますよね。

一瀬:いままでとは違ったノリのもになりましたが、MHXというタイトルのいろいろな挑戦のうちのひとつだったりします。非常に楽しい映像になったかと思います。

イメージ

カティとアイルーたちのダンス。
ご覧になった皆さんも、踊れるようになりましたか?

――では最後に、プレイヤーのみなさんにメッセージをお願いします。

井上:アスリスタ装備を揃えたいので、上位オストガロア討伐に連続参加してくれるハンターを募集中です!

――(笑)。一瀬さんはいかがですか?

一瀬:映像を通して、ゲームでは見られない部分も描いているので、モンハンの世界観をユーザーの皆さんに楽しんでいただければ。一度見たムービーでも、自室のギャラリーでオープニングやエンディングは何度でも観られるので、ぜひこのインタビューを読んだ上で、もう一度観てください。

井上:シリーズを通して、何度も出演しているハンターを探すという楽しみもありますよ!

――そんな人がいるんですか?

一瀬:たとえば『MH2(dos)』のOPでクシャルダオラに追いかけられていたボーン装備の狩猟笛使いは、『MHP2ndG』のOPですれ違っています(笑)。

井上:ボーン装備のハンターをムービーに出演させるのは、うっすらと伝統になっているような気がしていたんですが。

一瀬:別に伝統ではないんですが(笑)。

井上:(笑)。『MH4』や『MH4G』でも、ボーン装備は食事してたり、酒飲りするハンターとして登場させてたんですけどね。「あいつ、いっつも何か食ってんな」って感じです。

――見返してみます(笑)! 本日はお忙しい中、ありがとうございました!!

イメージ
『MH』ムービーではかなりの常連さん、ボーン装備の男性剣士(画面はMH4G)。
皆さんも、捜してみてくださいね!

TOPへ戻る

開発者:詳細プロフィール

井上卓
『MHX』では、オープニングとエンディング、4大モンスターの生態ムービーの監督を担当。『MH』シリーズでは、『MH2(dos)』の歌姫ムービー「魂を宿す唄」を担当したのをきっかけに、『MHP3rd』からはオープニングや、生態ムービーなども担当するように。以降、『MH3G』『MH4』『MH4G』も手掛けている。愛用しているニンテンドー3DS本体は、自己流のカスタマイズ品。好きな映画はアメコミ映画やスピルバーグの過去作品。
使用武器:操虫棍、ガンランス(どちらもギルドスタイル)

一瀬泰範
『MHX』ゲームディレクター。1998年、カプコンにプランナーとして入社。プランナーとして『バイトハザード アウトブレイク』シリーズなどを手がけたのち、『モンスターハンターポータブル』でディレクター・デビュー。『MHX』では、総合ディレクションを担当。
使用武器:ランスと狩猟笛(スタイルはいろいろ)