『モンスターハンタークロス』サウンドインタビュー
第1回 第2回 第3回
タイトル

モンハン部の皆さん、こんにちは!
さて、前回の『モンスターハンタークロス』(以下MHX)サウンドの開発秘話をうかがう、「モンハン流 音の作り方」、皆さん、ご覧いただけましたか?
今回は、あの「トラベルナ」誕生秘話!
なんと、ネコ嬢・カティの歌は入らない予定だった!?
どうぞ!!

▼開発者:詳細プロフィール

イメージ イメージ

歌姫カティ!「トラベルナ」誕生!!

――ベルナ村のBGM「風と草原の彩る村 〜 ベルナ村」は、ヴァイオリンが主旋律という珍しい曲なんですね。

イメージ

ベルナ村のテーマ曲「風と草原の彩る村 ~ ベルナ村」は、高原を吹き抜ける柔らかな風を感じさせます。

裏谷:ベルナ村のコンセプトデザインを見た時から「明るく開けた場所」という印象がありました。その時からこの村にはヴァイオリンの伸びやかな旋律が似合うと確信がありました。これまでのシリーズでは、村のBGMは民族楽器の笛を主旋律に使うことが多かったんですけど、ヴァイオリンを使う事で、ベルナ村の解放感を演出できるかなと。

イメージ

アルプスの高原を思わせる、ベルナ村のイメージイラスト。
左奥には、ネコ嬢・カティの姿も見えますね?

――ベルナ村と言えば、モンニャン隊のBGM「モンニャン隊発射!」は、かなりブラスバンド感がありますね?

裏谷:この曲のコンセプトは、“高校野球の応援曲”のようなイメージですから(笑)。メロディは「トラベルナ」をモチーフにしています。

イメージ

モンニャン隊の曲「モンニャン隊発射!」は、かなり“鼓笛隊 生演奏感”のある曲です。
ある意味、アルプス(スタンド)感のある曲かも!?

――その3曲を作曲された順番は、どういう流れだったのですか?

裏谷:「どれが先?」という意見をたまに聞くのですが、順番としては、まずベルナ村のBGM「風と草原の彩る村 〜 ベルナ村」を作りました。そして、ベルナ村のネコ嬢カティが、ベルナ村に伝わる曲を元に作った歌が「トラベルナ」という設定です。そこから、「トラベルナ」をアレンジしたのがモンニャン隊の曲「モンニャン隊発射!」になったという流れですね。

イメージ

ネコ嬢カティが作曲した「トラベルナ」。
ベルナ村のテーマが、大っっっっっっっっっ胆にアレンジされています!

――「トラベルナ」と言えば、裏谷さんが作曲だけではなく作詞もされていますね? この曲、ベルナ語と日本語の2バージョンありますけど、裏谷さんはどちらの作詞をされたんですか?
 
裏谷:両方です。先に日本語の歌詞を作って、それをベルナ語に翻訳しました。翻訳の方法は、弊社の企業秘密です(笑)。
 
――最初から、ヴォーカル入りの曲を作るつもりで作曲されたんですか?

裏谷:企画当初は“ダンス用の曲を作る”というリクエストでした。そこで僕から一瀬ディレクターに、「せっかくなんで、カティの声優さんに歌ってもらってはどうでしょう?」と提案したところ、そのアイディアが採用されて歌入りになった、という経緯です。 

イメージ

なんと、最初は歌無しの曲だった「トラベルナ」!?
カティちゃんの歌が入って、本当に良かったですね!!

『MH』サウンドの真髄とは?

――裏谷さんは、映画音楽など他ジャンルの作曲法を参考にされることはあるのですか?
 
裏谷:いろいろなジャンルの音楽を聴くことで、自分が作る音楽の幅が広がりますから、映画音楽に限らずいろんなジャンルをまんべんなく聴くようにしています。『MH』の音楽は、コンセプトの1つとして、“特定の国、地域に寄せ過ぎない”というものがあります。例えば、和風な曲でも、実は和楽器を使いつつも、世界各国のさまざまな楽器を織り交ぜています。そのためには、普段聴く音楽も、本当にいろいろなジャンルを聴かなければなりません。
 
――影響を受けた音楽はありますか?
 
裏谷:いろいろありますが、根底を辿るとやっぱり子供の頃からたくさん遊んできた、ゲームの音楽なのかなぁと思います。カプコンで言うとファミコン版『ロックマン』の曲だったり。『ブレスオブファイア』シリーズだったり。ゲームジャンル的にはRPGが好きでした。ストーリーやゲームに密接に結びついた曲を作りたいので。
 
――それでは最後に、読者の方へメッセージをお願いします。
 
裏谷:皆さん狩ってますかー? 今回は、最近個人的にオススメ?のプレイ方法をご紹介します!
みんなで集まってプレイ(ローカル通信)は、1人だけBGMをオンにして、それ以外の人はBGMをオフにしてみてください。そうすると、音楽もちゃんと聴けて効果音も聴けて、すっきりした環境でプレイできますよ! もちろん、遠くに離れるとダメです(笑)。

――(笑)本日は、お忙しい中ありがとうございました!

イメージ

さて、いかがだったでしょう?
『モンスターハンター』の空気感を伝えるのに、非常に重要な役割を果たしている“音”。
足音などの効果音から、モンスターを狩猟するヒリヒリした緊張感まで、そのイメージを強く刻み付ける“サウンド”の役割を、ご確認いただけたかと思います。

また、サウンド収録の様子を示す動画「モンスターハンタークロス 楽器収録ダイジェスト」も公開中!
こちらも合わせて、ぜひご覧ください!

また、サウンドトラックも好評発売中!
ダウンロード版もあります!

イメージ
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/monsutahantakurosu-orijinaru/id1065430519
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B015RRIP4S

そして、開発インタビューは続きます。
次回「モンハン流 狩りの作り方(仮)」、近日公開予定です。
お楽しみに!!

TOPへ戻る

開発者:詳細プロフィール

裏谷玲央
イメージ

『MHX』では、サウンドディレクター(音響監督)であり、メインコンポーザー(作曲)を担当。
2008年入社。制作に関わったタイトルは、『MH3 tri-』『MHP3rd』『MH4』など。
『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村G』ではサウンド監修も務めた。
代表曲は『MHP3rd』アマツマガツチ狩猟曲や、『MHX』では4大モンスターの狩猟曲をはじめ「トラベルナ」では、作曲のほか作詞も担当。

メイン武器:大剣
狩猟スタイル:エリアルスタイル
狩技:地衝斬