育てよう「チャーリー君」

2016/06/16

[チャーリー君] 第67回 「逆転裁判6発売日イベント in ビックカメラだよ、チャーリーくん!の巻」

イメージ
皆さん、こんにちは&初めまして!
今回は、マイコ☆スターダストに代わり、ワタクシ逆転通信編集部員のキタさんが代筆いたします。
普段は、逆転通信の投稿コーナーなどを担当しております。
よろしくお願いいたします!

さて2016年6月9日、『逆転裁判』ナンバーシリーズ3年ぶりの最新作、『逆転裁判6』がついに発売しました!
その発売イベントを、東京はビックカメラ新宿西口店にて開催!!
平日朝、しかも雨模様という天気にも関わらず、多くのお客様にご来店いただきました!
イメージ
当日はあいにくの雨模様のビックカメラ新宿西口店。
しかしそこに“逆転魂”を持った人が、続々と集ったそうな?
そのイベントレポートをできればと思います。
どうぞ!
イメージ
取材の方も含め、多くの人がビックカメラ新宿西口店5階に集結!
開発スタッフの到着を、今か今かと待ち構えております!
開発スタッフ登場!

さて、イベント開始の午前11時。
『逆転裁判6』の開発スタッフ、江城プロデューサー(以下、江城P)山崎ディレクター(以下、山崎D)が登場!
イメージ
大きな拍手の中、普通にフラリとエスカレーターから登場!(笑)
山崎D「おはようございます。朝も早い時間から、ありがとうございます。ようやく発売日を迎えることができました。発売日は開発スタッフ全員でお店に繰り出して、ファンの皆さんの反応を見ているので、大阪のスタッフたちも今日は皆、お店に行っているかと思います。(こんなに多くの皆さんに)買っていただけるのは、とてもうれしいです。本日はよろしくお願いいたします!」
イメージ
ようやく『逆転裁判6』発売日!
充実した表情を見せる山崎D。
江城P「おはようございます。山崎ディレクターも言ってくれたんですけど、ようやく発売日を迎えることができました。かなり完成度には自信を持っていますので、じっくり遊んでいただけたらと思います。クリア後も、2周目をプレイしていただくと、1周目では気付かなかった発見があると思いますので、ぜひ繰り返して遊んでいただけるとうれしいです。今日はよろしくお願いします!」
イメージ
2周目もぜひ!と、太鼓判を押す江城P。
ドスの利‥‥力強い言葉が印象的でした!
大きな拍手の後に、握手会&サイン会がスタート!
購入いただいた方に配布された整理券の順番で、サイン&握手をさせていただきました。
基本はパッケージにサインをするのですが、驚きのグッズを持参される方も!
イメージ
サイン会スタート!
ソフトのパッケージに、江城Pと山崎Dのサインが書かれていきます。
イメージ
なんと、サイン用に『逆転裁判5』限定版のポーチを差し出す方も!
イメージ
さらにさらに、『逆転検事2』のランチョンマットが登場!
レアな一品に、開発の二人もビックリ!!
開発スタッフがファンの皆さんと直接触れ合える機会はなかなか無いので、二人も充実した時間を過ごしていたようです!
イメージ
短い時間ですが、少しだけ会話を交わされるお客様も。
『逆転』への熱い想いを込めたファンレターを用意された方も、いらっしゃいました!
イベント無事終了!

そして、サイン&握手会は無事終了!
イベント後には、取材陣による囲み取材が行われました。
イメージ
多くの取材陣に囲まれる開発の二人。
注目度の高さがうかがえます!
――皆さん、レアな逆転グッズを持ってこられていましたが、お二人が驚いたものはありますか?

江城P「『逆転検事2』のランチョンマットは、レアなんですよ。あれを持ってきてくれた方は実際に使われていたようなので、非常にうれしかったですね」
山崎D「あと、『逆転裁判5』の限定版のポーチでしょうか。あれは懐かしかったですね!」
江城P「あれを作るときは、ああしよう、こうしよう、と試行錯誤したので、持ってきてもらえたのは非常にうれしかったです」
イメージ
先にご紹介した二つのアイテム。
やはり開発のお二人にも、思い出深いものだったようです!
――発売日を迎え、ファンの方と直接お話してみて、現在の心境などはいかがですか?

江城P「ボクらはファンの方と直接触れ合える機会は本当に少なくて、東京ゲームショウなどのイベントでステージからユーザーさんの反応などは分かるんですが、声をかけていただける機会はほとんど無かったんです。こういう形でイベントをやるのは初めてで、少し不安もあったんですが、たくさんのお客さんに来ていただいて、驚くと同時に、とてもうれしく思いました」

山崎D「2年半ぐらいの開発期間の中、ユーザーの方と直接顔を会わせる機会も無いので、どんな反応をされるか想像しながら作ってきた部分があります。今からそれをプレイして体験していただけるかと思うと、本当に感慨深いものがありますね。来ていただいた皆さんの目がすごいキラキラしているので、その期待に応えられるか、という緊張感もありつつ、“きっと楽しんでもらえる”という自信もあります。ぜひじっくり遊んでいただいて、ボクらの2年半の成果を見ていただければと思います」
イメージ
イベントスペース横に設置された『逆転裁判6』販売スペース!推し方が力強い!!
歴代『逆転裁判』シリーズも販売されていました。
――『逆転裁判6』をシリーズで初めて遊ばれるプレイヤーの方、そしてシリーズプレイヤーそれぞれに、一言お願いいたします。

江城P「逆転裁判を初めて遊んでいただく方に関しては、公式サイトに本作の前日譚となるスペシャル短編アニメ「逆転裁判6 プロローグ」がありますので、それを見ていただければ、まず世界観を知っていただけるかと思います。それを踏まえたうえで遊んでいただければ、チュートリアルもしっかりしてますし、安心して遊んでいただけるかと思います。そこで興味を持っていただけたら、過去作にさかのぼってプレイしていただけたら幸いです。『逆転』シリーズファンの皆さんには、探偵パート背景の“調べる”のメッセージに、いろいろなニヤリとできる仕込みを入れておりますので、ぜひ、いろいろな場所を調べてほしいですね。またキャラクターたちの動きも『逆転裁判』シリーズを踏まえたうえで作っていますので、そこも楽しんでほしいですね」
イメージ
今作の“本気で行く”なるほどくん。
シリーズファンには、まさにオドロキの展開も!
山崎D「今回『逆転裁判6』は、これまで登場したゲームの要素が集結しているタイトルになっております。システムも“尋問”であったり“サイコ・ロック”や“ココロスコープ”など、いろいろ今までのものがギュッと凝縮されておりますので、『逆転裁判6』から初めて『逆転裁判』を触る方は、これまでの『逆転裁判』シリーズを凝縮したものが楽しめます。シリーズを遊ばれてきた方は、“このシステム懐かしいな”と思えるものになっていると思いますので、初心者プレイヤー、シリーズプレイヤー、どちらの方でも楽しめるものになっているかと思っております。ストーリーの面でも、シリーズキャラクターを深掘りするものもあれば、ミステリーとして新しい切り口のものも用意しておりますので、インパクトのあるその内容に、シリーズファンの方でも、新しい感覚を感じていただけるのではないかと思います」
イメージ
『逆転裁判6』オリジナルキャラクターも多数登場!
新たな切り口の、重層的なストーリーが楽しめます!!
――では最後に、発売日を迎えた感想をお願いします。

江城P「こういう形でたくさんの方に集まっていただいて、『逆転裁判6』発売日を迎えられて本当に感慨深いものがあります。『逆転裁判6』は、前作『5』の経験を踏まえて、より良い逆転裁判を製作するように努めてきました。大事にする部分と挑戦する部分のバランスも良く、自信をもって送り出せるものが出来たかと思います。まだ購入を迷っているユーザーさんがいらっしゃいましたら、まずは“体験版”を遊んでいただければと思います。早めにご購入いただければ数量限定の特典もありますので、ぜひ遊んでいただければと思います」

山崎D「今回はシナリオの制作に際して、各話構成をスタートからしっかりやって、ストーリーを深く作りつつ、全体に伏線をちりばめていきました。後から最初のストーリーをプレイしてみると、“ここにも伏線があったんだ”と楽しめる内容になっているかと思います。また、コスチュームを変えたり、“調べる”メッセージを捜してみたり、何度でも楽しんでいただければ、いつの間にか“特別編”(6月30日配信予定)が配信になっているかと(笑)。そうすると、さらに楽しんでいただけるかと思います」
イメージ
まさに、『逆転裁判6』発売に「異議なし!」。
無事にイベントも終了いたしました!!
さて、いかがでしたか?
『逆転裁判』シリーズ最新作、『逆転裁判6』好評発売中です!
ぜひ楽しんでみてください!!

さて、「チャーリーくん」ということなので、おなじみの(?)回文も考えてみました。

イメージ

何かの事件現場で、関西弁の人(大沢木ナツミさん?)が、血を見つけて真宵ちゃんを押しとどめているところでしょうか。
なかなか緊迫した風景なのかも?

それでは、今回は逆転通信編集部員、キタさんの代筆でお送りしました。
またお会いしましょう!
イメージ

バックナンバー

関連記事

今週の逆転通信

2018年10月4日
「逆転四コマ」を更新!
2018年9月27日
「成歩堂龍一のミステリークイズ」を更新!
2018年9月21日
「『舞台 逆転裁判』最速先行抽選販売」を掲載!