ミステリークイズ

2017/05/25

[成歩堂龍ノ介のミステリークイズ] 第8回:「占いの館殺人事件」

僕は今、アイリスちゃんになかば強引に連れてこられた「占いの館」に向かっている。
なんでも「香り占い」という、西洋占星術と東洋のお香を組み合わせた占いがここ英国で空前のブームなんだそうだ。お香がリラックス効果を生み、相手の心を解放し悩みを一発解決するという触れ込みのようなのだが‥‥。

成歩堂:弁護士が占いに頼るなんて、寿沙都さんが聞いたら怒りそうだけど‥‥アイリスちゃん、ここの占いって本当に当たるのかい?
アイリス:なに言ってるのナルホドくん! 英国淑女は古今東西老若男女、スイーツと占いには目がないって決まってるの!
成歩堂:(こ、古今東西はともかく、老若男女の時点で女の子が関係なくなってるけどね‥‥)
アイリス:ごめんくださ‥‥きゃあ!

アイリスちゃんが扉を開けて建物の中に入ると、入り口側に頭を向けて人が倒れていた。部屋の中には占いに使用するお香が焚かれているようで、独特の匂いがあたりに漂っている。

すぐに警察が駆けつけ、捜査が開始された。被害者は占い師のアーノルド・マッキンタイヤー氏。死因は撲殺で、館内に置かれていた大きな花瓶で頭部を強打されていた。



その後の捜査で、被害者と関係があり、アリバイのはっきりしない4人が浮上。それぞれ、マッキンタイヤー氏に用事があって会うはずだったようだ。 以下が容疑者4人の証言である。

●なんでもメロディに乗せて証言する音楽家
「本日はマッキンタイヤー氏とディナーをするはずだった~♪ ディナーまではまだ時間があるけれど、少し早く来たのです~♪ ‥‥え、なんで歌っているのかって? それは僕は音楽家だからさ~♪ ‥‥しかしこんなことになるなんて。帰ったらレクイエムを1曲書くことにするさァ~♪」

●香水の匂いをさせた調香師
「騒ぎが起こる30分ほど前に注文の品を届けに来たんですがね。なんでも新しい占いではお香だけでなく香水も使うとかで‥‥。でも、何度呼び鈴を押しても返事がなくて、そのまま帰りました。‥‥正直助かりましたけどね。だって、この仕事は鼻が命ですから。普段から匂いがきつい場所には近づかないようにしているんです。まあ商品を届けるのも仕事なんでしょうがないんですが」

●猫を抱いている獣医
「マッキンタイヤー氏は古くからの友人です。新しく始めた占いが好評で、最近は忙しくしていました。普段はネコと一緒に占いをしていたようなんですが、具合が悪かったようで、昨日、ここでネコを預けて帰りました。ほら、このネコちゃんからもお香の匂いがするでしょう」

●辛いものが好きな調理人
「今日の正午近くに今月の運勢を見てもらってそのまま帰ったよ。以前、ここの占いで辛い物を扱うといいって言われて、それが大ヒット! もう、マッキンタイヤー氏はオレの恩人ってわけ。それからは、毎月1回は占ってもらってるんだよね。部屋に入ったにしてはお香の匂いがしないって? まぁ料理人だからね。占い後はいつもシャワーを浴びてるんだ。料理に香りが移るといけないからね」

成歩堂:うーん‥‥。この中に犯人がいるのは間違いないようだけど‥‥。全員が犯行が可能な状況では容疑者を絞るのは難しいかもしれないな。
???:ミスター・ナルホドー。そんなときは、容疑者のウソを指摘してやればいいのさ! 
成歩堂:うわ! ど、どうしてホームズさんがここにいるんですか?
ホームズ:愚問だね‥‥。事件と名探偵はセットだからね。それに数十メートル離れていてもそのトガった頭はすぐに認識できるのさ。
アイリス:そんなことよりホームズくん、4人の中の誰かがウソをついているってこと?
ホームズ:うーん‥‥ウソというより、違和感ってところかな。
成歩堂:そうか! ホームズさん、今のヒントで犯人がわかりましたよ。

成歩堂が怪しいと思った人物とは?

バックナンバー

関連記事

今週の逆転通信

2017年10月19日
「逆転イラスト」を更新!
2017年10月12日
「逆転四コマ」を更新!
「イーカプコン限定リクエスト企画のご紹介!」を掲載!
2017年9月21日
「成歩堂龍ノ介のミステリークイズ」を更新!