ミステリークイズ

2016/04/28

[成歩堂龍一のミステリークイズ] 第38回:「ジェンダーな罠」

春のうららかな昼下がり。検事の御剣怜侍(みつるぎれいじ)は、歩いたことのない町を散歩していた。
久しぶりに取れた休み。今日ばかりは日々の喧騒を忘れ、知らない場所を何も考えずに歩くという楽しみに酔いしれていた。

ミツルギ「(たまにはこういうのも悪くないな…)」

道はおだやかに続き、公園の横にさしかかろうとしていた。

ミツルギ「(思えば私には、仕事を忘れたこういう時間が必要なのかもしれない。法廷や、論理、議論、そういうものをひとときでも忘れられる、こういう時間が‥‥)」

公園からは子供たちの遊ぶのどかな声がする。御剣は微笑み、公園の中へと足を向けた。

ミツルギ「(世界は‥‥悪や欺瞞に満ちているのかもしれない。だが、少し目線を変えれば、こんなにも平和だ。子供たちの笑い声、鳥のさえずり、風に揺れる木々、そして‥‥)」
イトノコあー、もう! どうしたらいいッスか!
ミツルギ「(そして、イトノコギリ刑事の叫び声‥)」
ミツルギ「(‥‥)」
ミツルギ「(なに!?)」

聞き覚えのある叫び声が聞こえてきた方向に御剣が急ぎ向かうと、やはり、そこにいたのは、公衆トイレの前で頭を抱えている糸鋸刑事であった。

ミツルギ「‥‥イトノコギリ刑事」
イトノコ「え? あ! こ、これはミツルギ検事!」
ミツルギ「どうしたのだ、こんなところで頭を抱えて」
イトノコ「そ、それがッスね‥‥」

その日、糸鋸刑事は、ある事件の聞き込みを終え、この公園のベンチで一休みしていた。すると、足元に一個のボールが転がってきた。糸鋸刑事がそれを拾い、どこから飛んできたのかと周りをうかがっていると、男の子が遠くから「すいませーん、こっちに投げてくださーい」とお願いしてきた。
糸鋸刑事は男の子にボールを返し、その流れでその男の子とキャッチボールをしたという。

ミツルギ「‥‥職務中にキャッチボールをして遊んでいたと」
イトノコ「いやその‥‥男の子が一人で寂しそうだったもので、つい‥‥減俸ッスか?」
ミツルギ「それは追々考えよう。それで? あんな大声を出した理由は?」
イトノコ「それがッスね‥‥」

糸鋸刑事は手に握っていたメモ用紙を御剣に見せた。

ミツルギ「‥‥爆弾をしかけた?」

そのメモには以下の文章が書かれていた。

「刑事さん。公衆トイレに爆弾を仕掛けました。男性トイレか女性トイレのどちらかに仕掛けています。解除は簡単です。爆弾についている赤のコードを切ればいいだけです。ただし、トイレに入って確認ができるのは一回だけです。もし間違ったほうに刑事さんや他の人が入れば、ドカン。手をこまねいてそこで見ているだけでも、タイマー式なので時間がくればドカン(1時間後くらいかな?)さあ、運試しでもしましょうか。」

ミツルギ「ふむ」
イトノコ「このメモを、自分がジュースを買いに行った隙に、一緒にキャッチボールをしてた男の子がアヤシイ男から受け取ったらしいッス。『あの刑事さんに渡して欲しい』と」
ミツルギ「‥‥このメモを受け取ってからどれくらい経った?」
イトノコ「もうすぐ1時間ッス‥‥。一大事ッス。実は自分もトイレに行きたくって、一大事の二乗ッス!!」
ミツルギ「応援は呼んだのか?」
イトノコ「自分はここで誰もトイレに入らないようにするのに忙しくって、それどころじゃなかったッス」
ミツルギ「‥‥その男の子は?」
イトノコ「危ないから帰したッス」
ミツルギ「そのアヤシイ男の特徴は?」
イトノコ「聞いたッス。それで、そのときにトイレの近くにいた人たちにアヤシイ男がトイレから出てこなかったかを聞いたんスが‥‥」
ミツルギ「が?」
イトノコ「証言がばらばらというかムチャクチャで、どうしたらいいか困っていたところッス」

以下が目撃者の証言である。

「アヤシイ男? ああ、男子トイレから飛び出してきたよ。ここは毎日の散歩コースだからね。よく通るんだよ」

「赤い色のマークの方から飛び出してきた人のことでしょ? このあたりは初めて来る場所だけど、トイレって駆け込むもので駆け出してくるものじゃないでしょ? だから印象に残ってるんだよね」

「アヤシイやつ? 近所に住んでるから、大抵は顔見知りなんだけど‥‥。そういえば、トイレ、そうそう男性マークのある方から飛び出してきたヤツがいたな。危うくぶつかりそうになったよ」

「散歩中だったから、あんまり周りを気にしてなかったんだよな。ん、まてよ‥‥そういえば、いかにもアヤシイ風体のヤツが、左側の出口から飛び出してきたのを見ましたよ」

イトノコ「証言が得られたのはこの4人だけなんスが‥‥男子トイレなのか女子トイレなのかこれじゃあ解らないッス!」
ミツルギ「‥‥この証言をした人間はまだ近くにいるかい、糸鋸刑事」
イトノコ「‥‥ええと、あそこでベンチに座ってるッスね」
ミツルギ「彼はハンニン、もしくはその仲間である可能性が非常に高い。これは、明らかにムジュンした証言だ」



アヤシイ男はどっちから飛び出してきた?

バックナンバー

関連記事

今週の逆転通信

2018年10月4日
「逆転四コマ」を更新!
2018年9月27日
「成歩堂龍一のミステリークイズ」を更新!
2018年9月21日
「『舞台 逆転裁判』最速先行抽選販売」を掲載!