レポート

2015/08/06

[レポート] 「戦国図鑑-Cool Basara Style-」レポート

酷暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は「戦国BASARA」とコラボした特別展を開催している埼玉県立歴史と民俗の博物館にお邪魔してきたので、特別展「戦国図鑑-Cool Basara Style-」の様子をレポートしちゃいます!

東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅から徒歩5分ほどで歴史と民俗の博物館に到着。すると巨大なコラボ垂れ幕が目に入ります。迫力あるBASARA武将たちのお出迎えにテンションが高まります。
自動ドアをくぐると入口には筆頭の騎馬像が鎮座。猛暑の中来場したお客さんを空調の効いたひんやりした冷気とともに“Cool”に出迎えてくれます。

イメージ
▲博物館入り口横に設置された巨大な垂れ幕。中に入ると凛々しい筆頭のお姿が。

イメージ
▲受付横にはモニターが設置され『戦国BASARA4 皇』のPVが放映されています。

早速観覧料を支払い展示室へ向かうと、途中に政宗くんと幸村くんの姿が。特別展と聞いて埼玉へ出張のようです。ちなみに特別展の観覧料は一般600円、高校生・学生 300円(中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料)です。

イメージ
▲特別展の展示室付近には政宗くんと幸村くんの姿も。幸村くんはこれが関東初お目見えです。

イメージ
▲武蔵国(今の埼玉県)にゆかりのある3武将のパネルも設置されています。

イメージ
▲展示室の入り口。紫地に金色の文字に、雅やかで「皇」な雰囲気を感じますね。

展示室には『戦国BASARA4 皇』で使用された西元祐貴氏作の墨絵原画30点がズラリ。まさに壮観です。ゲームをプレイされた方にはおなじみの絵かもしれませんが、原画で見ると筆のタッチやかすれ具合など、ゲーム画面で見る絵とはまた違った趣が感じられます。しかもこの墨絵原画の展示は今回が初とのこと。次回の展示予定は未定ですので、この機会を逃すと次はいつになるかわかりませんよ!

イメージ
▲墨絵原画は30点。あなたの推し武将の墨絵を探そう!

イメージ
▲政宗のモチーフはもちろん(独眼)竜。「戦国BASARA」の政宗らしく、周囲には雷をまとっています。

今回のコラボは「若い世代の人たちにも埼玉県の歴史について学ぶ契機としていただくことを目的として実現した」(プレスリリースより)ということもあり、墨絵展示の先には変わり兜や甲冑、刀、文献など貴重な歴史資料も展示されています。「バサラファンだけでなく、筋金入りの歴史ファンも満足する内容」とは館長の弁。ずらりと並んだ兜や甲冑は必見です。

イメージ
▲一般社団法人日本甲冑武具研究保存会の協力で実現した貴重な甲冑の数々。

イメージ
▲本多忠勝や柴田勝家を思わせる兜など、変わり兜がズラリ!

この特別展、展示内容も豪華ですが入館時にもらえるプレゼントも豪華なんです。「戦国図鑑 -Cool Basara Style-」を有料で観覧するともれなく伊達政宗と石田三成のキャラクターカード(2枚セット)とゲームに登場する武将をイメージした墨絵のパンフレット(A5版8ページ)1冊がもらえちゃいます。どちらも今回の特別展のオリジナル限定品ですよ!

イメージ
▲パンフレットには埼玉にゆかりのある5武将が掲載。カードの裏面には武将の豆知識も。

自宅で『戦国BASARA4 皇』をプレイするのもいいですが、たまには外に出てゲームとはまた違った皇の世界に触れてみてはいかがでしょうか。

コラボレーション実施期間・実施施設
企画名:特別展「戦国図鑑 -Cool Basara Style(クールバサラスタイル)-」
会期:2015年7月18日~8月30日
(休館日:7月27日、8月3日、10日、17日、24日)
会場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室・季節展示室
最寄駅:東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅
公式サイト:http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/

バックナンバー

関連記事

今週の瓦版

2017年12月7日
「バサラ検定」を受けよう!
2017年8月18日
「[レポート] “斬劇『戦国BASARA』小田原征伐”ゲネプロレポート」を掲載!
2017年6月29日
「イラスト写真館」を更新!