カプコンゲームズトップ > モニターキャンペーン(モニターレビュー 第1回)
カプコンゲームソフトオフィシャル・モニターレビュー

「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」ユーザーレビュー

スクリーンショット

待ちに待ったダークアリズン!

性別:女 年齢:27

妖しくも神秘的な黒呪島に惹かれ、早速探索開始しました。安易な気持ちで探索に出掛けると簡単に倒されてしまいました。半島で戦った敵とは格段に強さが違い、いつもの装備やアイテムでは探索はおろか、まともに戦えず引き返す羽目になりました。

またポーンですが、いつも自分より強いポーンや知識の高いポーンを雇い先頭を歩かせて助けて貰っていましたが、まだ黒呪島に慣れていないポーンが多いので、自分が皆を引き連れて冒険している感じがあって、あぁ覚者やってるな(笑)と思いました。

黒呪島には自分より遥かに大きい敵が多いので、倒し甲斐があるというか、迫力があって良いと思います。ゴブリンなんかもザコの域を越えていて案外強くて困りました(笑)

敵を倒したり特定のアイテムを持つと、その臭いに引き寄せられて強い敵が出てきたりするのは面白いなと思いました。面白いんですがまだ倒し方が分からなかったり弱かったりするので全力で逃げる事が多いですが・・・

また採取できる素材や、宝箱のアイテムが一新しており集めるのも楽しみです。石碑も気になりますし、新しいクエストも沢山あるようでまだまだ序盤、ワクワクしてたまりません。

それから今作からの日本語ボイス!今までの英語もファンタジーな感じを演出していたので良かったですが、なにしろ字幕読まないと何言ってるか分からなかったので助かりました。ただ、ポーン達が一斉にしゃべるので、英語だとスルーしてたセリフがうるさい位に感じてしまう時もあったので、しゃべる間隔をずらしたりできるようになると良いなと感じました。ただ潘さんのセレナとか、浪川さんのジュリアンとかイメージを壊さず日本語ボイスなのでとても嬉しいし大好きです!街の人も完全フルボイスにはビックリしました。贅沢です!

これは私個人の要望ですが、アップデートか追加要素があるとしたら、天候はいかがでしょうか?雨の時があったり雪山があったり、また天候によって敵や採取できる素材が変わる等があっても良いのかなと思います。ランタンがすぐダメになりそうですが(笑)

また今作もやり込み要素が盛りだくさんなので、この後も引き続き冒険したいと思います!
スクリーンショット

ピンポーン!九時ピッタリに玄関のチャイムが鳴った。

性別:女 年齢:33

思い当たることは一つ!興奮を抑えながら領収書に印を押し、部屋に戻り封を切った。震える手でディスクを取り出し、暫しの別れを惜しみながら盤面のイラストを愛でた。PS3本体に入れたら最後、半年は取り出される事が無いだろう。

ディスクを入れると前作の引き継ぎデータが読み込まれ、いつもと違う新しいタイトルが表示された。
前作のドラゴンズドグマを周回させて準備をしておいたので、物語のスタートから始める事になった。覚者はいつもと同じ、愛すべき彼女。レベルは190。恐らく新要素のダンジョン攻略の能力的な問題は無いだろう。
迷わずハードモードを選択、そしてオープニングムービーが始まった。

私は正直な所、声優に詳しくない。ドラゴンズドグマが日本語吹き替え版で発売されると聞いたとき、嫌悪感しかなかった。そもそも、この西洋風ファンタジーの世界観で日本語?声優を使ったことによって、イメージが崩れるのではないかと不安しか無かった。

再生されたムービーでのNPCの会話。うん、悪くない。
少々演技掛かった会話のテンポの悪さによる間延び感はあるけど、ちゃんとキャラのイメージに合った声優さんが充てられている。
でもな~、問題はメインポーンのおじさんですよ。自分のつくり出したメインポーンにぴったりの声が無かったら、本当にやる気が半減どころでは済まない。不安を抱えつつ、駆け足で宿営地まで進む。
そしていよいよメインポーンとご対面!
わ!日本語で話しかけてきた!英語版で低い声の5番は、イメージピッタリの素敵なおじ様のお声でした!!テンションが一気に上がり、リムからお気に入りのポーンを二人呼び出し、カサディスの桟橋に向かう。わあ…ポーンの小さな女の子の声可愛いな。日本語最高!!(疑ってすいませんでした~!!)

そして、ダークアリズンのメインとなる黒呪島へ向かう。一体どの程度のボリュームで、どの程度の難易度なのか…?
レベル190でも楽しめるのだろうか?
島の入り口で取りあえず記念撮影。何て事だ!撮影画面をグルグルと回転出来るではないか!?
今まで撮影が難しかった視点も思いのまま…。
マサカと思い、覚者を急いでレンジャーにジョブチェンジして流星撮りを試す。画面をグルグルとまわして、こ…これは!!目の前の画面には、かつてない大きさで魔法を詠唱するポーンの姿が映し出された。新しいスクリーンショットの可能性を早速実感した!おまけにとっても簡単。今まで睡眠時間を削って切磋琢磨練習した時間を返して(笑)

そして、本命の薄暗いダンジョンに侵入。レベルも高いし余裕だろ。最初に出てきた新しいモンスターの狼を一蹴。なんだ、余裕じゃないか。さっさとクリアして新しい装備品を手に入れて、また撮影に撮影の日々に戻ろう。まずは、さくっとクリアしておかねば…。

しかし、その余裕は一瞬で断たれた。「デスが現れました!」メインポーンの声で画面を回すと見た事のない黒い禍々しい存在が月下に現れた。そして、命を刈り取る鎌の洗礼!あっという間に覚者一人きりに…。突然の事に、慌てて隣の部屋に逃げ込んだものの、暫し呆然とする。大切なお友達のポーンをこんなに簡単に失ってしまうとは…。
油断していた…激しく自責の念にかられる。

その後も度々ポーン達をロストさせてしまう程の、超難易度。ハードモードでプレイしてしまった事を今更悔やむが、悔しいので絶対このままクリアする!
通路を恐る恐るランタンで照らしながら進む感覚は、サスペンス映画の様な展開。曲がり角の向こうで何が起こるか分からない感覚が、微温湯状態だったドグマ生活から一気にガチモードに。ダンジョンのスリリングなBGMと鬼畜な配置の難敵に立ち向かう展開はもはやドグマではなく、手塩にかけて育てたメインポーンを連れてプレイできる、新しい別物のゲームにしか思えない!!
そして、漸く最深部に辿り着く。覚者とポーンの物語もクライマックス!!あぁ、この曲をココで使ってしまって居たのか。発売日前日にサントラを聞いていたので、知った曲ではあったが、まさかココで使うとは…小憎らしい演出。
見事に闘いながらも、感情移入で涙が止まらない…不覚。
とりあえず一周クリア!!今迄モヤモヤしていた覚者とポーンの関係でしたが、この様な結末もあったのかと、前作ラストで只感涙した顔も綻びました。

現在、二周目攻略中!!コレは…一体!!進む毎に阿鼻叫喚地獄の連続!!レベルMAXでも意味を成さない!!
これは、また暫くドラゴンズドグマに浸かる日々から抜け出せそうにない!!

スクリーンショット

前作未プレイの感想です。

性別:男 年齢:30

■グラフィック/世界観
町人がまるでそこで生活をしているかのように動いているのが素晴らしい。武器屋で何か買ってるような仕草だったり、町と町の間を移動していたり。町と町との間を移動している町人が盗賊やモンスターにいきなり襲われているのもインパクトがあって戦闘と移動の境目を感じないのがよいです。

モンスターについては大小様々なモンスターがいますが、特に大サイズのモンスターについてはしっかり作られているのがわかります。
イベントのムービーでは映画さながらの迫力で思わず力が入ってしまい、ぐっと引き込まれることもありました!
ただ、ムービーが後で見直したりできないのが残念でした。折角いいムービーなのでムービーコレクションあれば見直すのに・・・と。

■サウンド
ボス戦での特別なBGMが映画のように盛り上げる音楽になっていて、緊張感が増すとともに戦闘が盛り上がります。
波の音などの環境音もしっかり作りこまれていて、世界観とマッチしています。
イベントのムービーでは日本語でキャラが喋る吹き替えなので、もうほとんど映画です!

■操作感
モンスターハンタープレイヤーであれば違和感のないレベルの操作感です。
逆にゲームがあまり得意ではないような人には同時に操作するボタンが多く、かなり難しい操作レベルではないでしょうか。
ゲームの質からしても中級者以上向けの操作感だと思います。

■システム
オープンワールドなのでどこでもいつでも自由にいける!というのが面白いです。
ただし、移動が基本的には歩きなのでお使いクエスト(各ポイントを転々と廻るようなクエスト)では移動がめんどくさいかなーというのは思いました。
また、オープンワールドだからと言って何をしていいかわからなくて迷子になるということはなく、メインのクエストを進めていけば順にすすめられるという点もよかったです。

■総合
総合的に見てかなりおもしろくてお勧めです!
ドラゴンズドグマの前作を未プレイの方は是非ともプレイしていただきたいと思います。

「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」へのたくさんのご意見・ご感想をいただき、ありがとうございました。
掲載させていただいた3名様には、次回モニター対象ソフトの「バイオハザード リべレーションズ アンベールド エディション」を発売日の5/23(木)到着予定で、プレゼントさせていただきます。
パッケージ
タイトル
Dragon’s Dogma: Dark Arisen
(ドラゴンズドグマ:ダークアリズン)
プラットホーム
PlayStation®3/Xbox 360®
ジャンル
オープンワールドアクション
プレイ人数
1人(多人数ネットワーク)
CEROレーティング
D
発売日
好評発売中
希望小売価格
[パッケージ版] 希望小売価格:4,990円(税込)
[PS3ダウンロード版] 配信価格:4,990円(税込)
※Xbox 360®のダウンロード版は配信日・価格未定です。

公式サイトへ

購入する


ダウンロードタイトル紹介

公式イベントアプリ

マイカプ特別企画

カプコン伝説

カプコンの歴史の中で生まれたさまざまな伝説のゲームやエピソードを紹介いたします!

公式ファンクラブ一覧

ブログ・メルマガ

ソーシャルアカウント

youtube twitter facebook mixi

ショッピング

イーカプコン

ゲーム連動WEB

レジデントイービルネット グランソレンタイムズ

スマートフォンサイト

スマートフォンサイト