カプコンゲームズトップ > カプコン伝説 第六回 妖魔のタイマン勝負格ゲー(後編)

カプコン伝説


カプコン伝説


第六回 妖魔のタイマン勝負格ゲー(後編)

さて、カプコンの歴史を紹介する「カプコン伝説」。
今回は、前回に引き続き『ヴァンパイア』シリーズです!

『ヴァンパイアハンター』の紹介途中で終わった前回。
デミトリが魔界を追放されることになった「魔界戦争」。
その詳細を記した『ヴァンパイアハンター』ゲーメスト短期連載広告の記事を、ここに再録してみましょう。
(※注:文章・設定は95年当時のものです。)

カプコン伝説
95年の『ヴァンパイアハンター』の広告。
『セイヴァー』とは違う「ジェダ」の設定画が見られる。

今、明かされる真実!

デミトリ100年前の闘い
(前編)

闇の貴公子(デミトリ マキシモフ)・・・。
魔界追放の憂き目にあった「100年前の闘い」とは?
今、ここにその全貌を記すことにしよう。


● 魔界を治める3大「魔界貴族」-アーンスランド家、ドーマ家、ヴォシュタル家。
1万年以上続いたこの支配体制は、ヴォシュタル家当主・霊王ガルナンの死によって崩れる。
のちにいう「魔界戦争」の始まりである。

● ドーマ家当主、冥王ジェダは、この機に乗じて魔界の全権支配をもくろむ。
禁をやぶって人間界との「扉」をこじ開け、邪悪な魂を集め始めた。
魔界最大の魔力を持つアーンスランド家当主・魔王ベリオールを打ち倒すためである。
しかし限界をはるかに超える魔力を、いちどきに体内に取り込んだため、ジェダは自滅してしまう。

カプコン伝説
剛田チーズ(BENGUS)氏による魔界貴族の長三名の肖像画。
ゲーム本編とは、また少し違うタッチで描かれている。

● 魔界は混乱を極めた。
これまで3大支配者にやむなく従っていた他の魔界貴族も、我こそはと新たな支配者たるべく打倒ベリオールに名のりを挙げる。
マキシモフ家の若き当主、デミトリもその一人であった。

● デミトリには勝機があった。
ジェダが開いた人間界との「扉」を利用し、絶対的な魔力差を補った。
狡猾に、巧みに魔力をコントロールするデミトリの攻勢は、徐々に魔王ベリオールの勢力圏をせばめていった。
「待っていろベリオール・・・誰が魔界最強か、思い知らせてやるぞ!」
・・・魔力と魔力の激突、対決の時が迫る!!



デミトリ100年前の闘い
(後編)

『待ってろベリオール・・・。誰が魔界最強か、思い知らせてやるぞ』
人間界と魔界をつなぐ「扉」から、魔力をおぎないつつ魔王ベリオールと迫る<デミトリ マキシモフ>。
果たして、野望達成なるか?


● ついに魔王の居城にたどりついたデミトリ。
むせ返るようなまがまがしい気配が漂う。
おもむろに浮かび上がる巨大な影。
『きさまか・・・! 私の城に無断で押し入る礼儀知らずは・・・』
そびえ立つ岩山のごとき巨体。

カプコン伝説
デミトリ(手前)と闘う、魔王ベリオール(奥)。

臆することなくデミトリは答える。
『フ・・・。この城もわずかのちに我がものとなる。この魔界もな!』
『笑止!』
瞬時、デミトリめがけ無数の光の刃が放たれた。
紙一重でこれをかわし、退く。
大気がわななき、魔王の両眼がみひらいた。

● 激闘は数日間におよんだ。
はじめは軽くあしらって、ゆっくりとなぶりものにしてやろうと考えていたベリオールも、いささか事情が変わってきたことに気付いた。
さすがの魔王とて魔力に限りがある。
『こやつ・・・どこからこの膨大な魔力を・・・?』
デミトリは人間界とつながる「扉」から魂を取り込み、いまや無限の魔力をあやつることができた。
勝利を確信したデミトリ。
『終わりだ、ベリオール・・・。Get My Rage(我が怒りを受けよ)!』
渾身のパワーを込めた炎の玉を、ベリオールへと放とうとしたとき・・・

● 『グ・・・な、なんだ!? 体が動かん!』
デミトリの両腕は硬直し、恐ろしい勢いで逆流する魔力の波に、引きずられようとしていた。
『ベリオール・・・きさま何をした!?』
『しょせんおまえに、この魔王を倒すだけの実力は無かった、ということだ!』
ベリオールは最後の力で、魔界の一部分・・・、人間界との接点である「扉」のある空間を、異次元に切り離したのだ。
自分が呼び寄せた膨大なエネルギーに飲まれ、デミトリは魔界から吹き飛ばされた。
『私の世界が少し失われるのは悲しいが・・・、やむをえまい』

● デミトリは自分の居城ごと人間界へ飛ばされ、そのまま傷ついた体をいやすために、長い眠りを余儀なくされた。
この闘いの影響で「扉」は失われ、同時に、多数の魔界生物も人間界へと流出した。
そして100年・・・。
パイロンの来襲により、闇の貴公子<デミトリ マキシモフ>は復活をとげた。
魔界のしばしの平穏も、ふたたび乱されようとしている。
真の魔界最強とは・・・。
その答えも、もうすぐ明らかになるだろう。

ー完ー


こちらが、当時の広告に載っていたお話です。
デミトリが魔界追放となった経緯が、よく分かりますね。
ベリオール亡き後に、アーンスランド家をモリガンが受け継ぎ、デミトリとの因縁が発生するのも、不思議なライバル関係です。

カプコン伝説
不思議な因縁のあるモリガンとデミトリ。
両家の争いに決着が着くときは来るのでしょうか?


そして、97年には『ヴァンパイアセイヴァー』が登場します。
この作品の開発でも、当初はモリガンのコンパチキャラとして制作されていたリリスが「男の娘」設定だったなど、いろいろな開発エピソードがあるのですが、これはまた次の機会に・・・。

カプコン伝説
当初は「両性具有」「男性」設定だったリリス(最終的には性別不明の設定に)。
企画の村田氏によると、「早すぎた『男の娘』設定」だったとか。


今なお、続編が望まれる『ヴァンパイア』シリーズ。
これからの対戦格闘ゲームの盛り上がり次第では、もしかしたら・・・もあるかもしれないですね。


次回更新は6月12日予定!
お楽しみに!!


取材協力:アルカディア編集部
参考資料:ヴァンパイアアートワークス

©CAPCOM CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.
©KADOKAWA CORPORATION 2014

 

パッケージ

タイトル
VAMPIRE RESURRECTION(ヴァンパイア リザレクション)
対応ハード
PlayStation®3 / Xbox 360®
ジャンル
対戦格闘
プレイ人数
1~2人用
発売日
好評発売中!
希望小売価格
2,848円+税
CEROレーティング
C(15才以上対象)
リンク
公式サイトへ

パッケージ

タイトル
ULTRA STREET FIGHTER IV(ウルトラストリートファイターIV)
対応ハード
PlayStation®3 / Xbox 360®
ジャンル
対戦格闘
プレイ人数
1~2人用(オンライン時:2~8人)
発売日
【ディスク版/コレクターズ・パッケージ】2014年8月7日予定
【アップグレード版】未定
希望小売価格
【ディスク版】3,990円+税
【コレクターズ・パッケージ※1】4,990円+税
【アップグレード版※2】未定

※1 コレクターズ・パッケージはPlayStation®3版のみの販売となります。
※2 アップグレード版はPSNSM、Xbox LIVE®のみの配信となります。
購入には『スーパーストリートファイターIV』または『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』が必要です。

CEROレーティング
B(12才以上対象)
リンク
公式サイトへ


公式アカウント

CAPCOM TV! CAPCOM Channel twitter facebook Youtube Instagram

ショッピング

イーカプコン

ダウンロードタイトル紹介

マイカプ特別企画