第1話 大いなる旅立ちの冒險 殺人事件の容疑者は主人公!?

‥‥歴史的な開国"から数十年『文明開化』の大号令のもと極東の島国に‥‥まさに今、西洋文化の大波が押し寄せていた。活気に満ちあふれる帝都の民は"変化""革新"その"変化"に戸惑う者も飲みこんで時代は大きなうねりの中にあった。‥‥そして、今そんな時代を舞台にひとつの"物語"が幕をひらく。

西洋料理店で殺人事件が発生。容疑者として連行されたのは・・・成歩堂龍ノ介!?

凶器の拳銃は犯人の証、成歩堂、絶対絶命の大ピンチ!!ある日の午後、成歩堂は友人と西洋料理店「ラ・クワントス」で食事を楽しんでいた。友人と別れた後、落ちていた拳銃を拾ってしまった成歩堂は、殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。

成歩堂 龍ノ介

成歩堂の前に現れたのは赤いハチマキの熱血漢!!

裁判に挑む成歩堂を亜双義がサポート!裁判当日、みずから弁護席に立ち、自分を弁護することになった成歩堂。絶望的な状況の中に現れたのは、大学生ながら弁護士の資格を持つ、友人の「亜双義一真」だった。

亜双義一真

いよいよ開廷!成歩堂の前に立ちはだかる髷眼鏡の男。

初めての法廷、独特な雰囲気に飲まれず、落ち着いて無罪を主張しよう!明治の日本は近代司法制度が始まったばかり。有罪を確定させるための「形式的な裁判」が開廷し、高圧的な検事が成歩堂を追い詰める。

亜内 武土

法廷バトルの基本は【尋問】から!検察側が用意した証人の証言を聞こう!!

無罪を主張する成歩堂の前に現れたのは、検察側が用意した事件の目撃者。彼らは証人となり、成歩堂の不利となる犯行時の様子を証言する。この証言を聞き、確認・検討する事を【尋問】と呼ぶ。

【尋問の基本1】全ての証言を確認する。

複数ある証言を把握するため、まずは最後まで確認しよう。証言は何度でも繰り返し聞くことができる。【法廷記録】の中にある手持ちの【証拠品】も忘れず確認しておこう。証言の中で、もう少し詳しく聞きたい、内容を確認した事が出てきたら・・・。

【尋問の基本2】証言を「ゆさぶる」

気になった証言、詳しく聞きたい証言が出てきたら、「ゆさぶる」で、詳しい話をきいてみよう。証人の見たこと、感じた事を、より深く探ることができる。その、会話の中で「証拠品」とムジュンしている証言を見つけたら・・・。

ゆさぶる

「ゆさぶる」ことで証言を詳しく掘り下げ、証拠品とのムジュンを探そう!!

【尋問の基本3】証拠品を「つきつける」

証拠品とムジュンした証言を見つけたら、勢い良く証拠品をつきつけよう。うまくいけば、ウソや勘違い、思い込みの証言をくつがえすことができ、新たな証言や、成歩堂に有利な証拠が発見されることもある。これを繰り返し、事件の真相に一歩ずつ近づいていこう。

つきつける

証言をゆさぶり、ムジュンに証拠をつきつけて、目指せ、大逆転無罪!

不利な証言が成歩堂を追い詰める。検事が送り込む証人を紹介!!

登場人物

第2話へ

TOPへ戻る