Page Top

上杉謙信に心酔し、その身を捧げて仕えるくのいち。
忍としての能力は高いものの、感情的になり周囲が見えなくなってしまう事もある。
上杉謙信が天下獲りを目指さず、足利義輝の傘下にいる事をもどかしく思っている。