Page Top

石田三成の参謀役、そして友人でもある豊臣軍の武将。
かつて同軍だった徳川家康が去った後も、島左近という部下が出来てからも変わらず石田三成を補佐し続けている。
竹中半兵衛に次ぐ軍師として、軍内での信頼も厚い。

大谷吉継は背後に浮かぶ数珠を自在に操り、敵にぶつけて攻撃する。
動作はあまり早くないが、前方に対してのリーチが長く、攻撃範囲も広いのが特徴だ。