ico_spinner

INTERVIEW

HOME > INTERVIEW > モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.
発売記念サウンドスタッフインタビュー! Vol.1

15

MAR.

モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.
発売記念サウンドスタッフインタビュー! Vol.1

タイトル特集 2013年03月15日14:35
interview_mh3ghd

モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.は面白い!
もちろんサウンドも面白い!
サウンドディレクターに突撃だお~!(^ω^)

音の『HDな感じ』ってなんだろう?を考えてみました!

DJサンドウ :
モンハン!サイコー!本作でご担当された業務内容をお教えてくだい!
肩書きはサウンドディレクターです。
かれこれ6-7年ほどモンスターハンターシリーズのサウンドディレクターをやっております。

サウンドディレクターとはそのゲームのサウンドの責任者です。仕事内容は多岐に渡るのですが、個人的にはタイトル毎に「音の売り」を考え、それをゲームに落とし込み実現させることが一番重要な仕事だと思っています。 今回は、それに加えてサウンドのプロダクトマネージャー的な役割も担っていましたね。
少数精鋭のチームだったので、最初はアタシも制作業務(サウンドデザイナー的なお仕事)を行っていたのですが、一緒に仕事をしたサウンドデザイナーさん達がとっても優秀だったので途中からは役割を明確化しました。いわゆる分業化ですね。

簡単に説明すると、


ミンナ「目指すコンセプトに沿ったいい音作り」
をやって!!
アタシは「大枠のサウンドの方向性を決める事」と、
「スケジュール調整」とかをやるから!


みたいな感じで、その位、阿吽の呼吸で仕事が出来たのはよかったです!
結果、とっても良いサウンドを作れたと思います。
DJサンドウ :
なるほど!サウンドディレクターにも色々なタイプの方がおられるのですね!
スーパーサウンドディレクター万歳!!
では今回のサウンドコンセプトは一言で説明するとなんですか!?
これはもう、お話を頂いた時から最後まで、考え続けた一つの課題でもあったんですが、ズバリ「音の【HDな感じ】ってなんだろう?を追求してみた」という事です。
HD Ver.という事だったので、単に絵がきれいになるだけ、音がよくなるだけじゃないもう一つ上を考えてみようと。 「HDな感じがするなぁ~」ってどんなところで感じたりするんだろう…から考えました。
DJサンドウ :
なるほど!音のHD化=ハイデフ化 = つまり!高品位 化ですね!
そう、単にハイクオリティーなサウンドを目指すとは違うと思うんです。
映画とかもそうですけど、リマスターってオリジナルがあるじゃないですか? オリジナルがある上で、どう音のクオリティを上げてやるか、そこに尽きるんだと思うんです。
純粋にハイクオリティーを目指すなら全部作り直してしまえばいいけど、そうじゃない。 「あくまで「オリジナル」をどう料理してお皿に盛りつけて、良く見せるか」に近いかもしれません。
あっ、これ。モンスターハンターポータブルシリーズでも同じことが言えた部分ですけどね。 料理の素材は一緒で、盛り付けと味付けに工夫を入れる、そんな感じです。
DJサンドウ :
おー!サウンドと料理は近い!私もそう思います!
特に、Wii Uのローンチタイトルで、まだ誰もやったことのないハード。
つまり、やったもん勝ちだという面もありまして、かなり楽しく仕事できました。
やっぱり新しいハードはワクワクしますね(笑)
アタシ、何もないところに踏み込んでいくのは大好きなんで!!!
今回、こうやって色々な挑戦ができる機会を頂けたのは本当に幸福な事だなと感じています。

モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.のサウンドには、大きく2つのコダワリがあるんです!

DJサンドウ :
幸せって最高!ポン酢最高!では今作のサウンドのこだわりを教えてください!
大きく2つあります。
まずは、
本気で5.1chサラウンドをやってみようー! という事です。

モンスターハンターシリーズ(以下「モンハン」)のタイトルは、今までドルビープロロジックⅡ(ステレオ音声を5.1chへ拡張する技術)対応はしていたのですが、実はディスクリート(完全分離)で5.1ch出力はやったことがなかったんです。
モンスターの迫ってくる感じや、モンスターのいる位置とプレイヤーの立ち回りを考えながら遊ぶゲームなので…絶対ディスクリートのサラウンドでやったらすごく面白くなるんだろうなぁ~と常々思っていたのです。
まぁ、常々思っていたからこそ、ずーっと2chではなく「ドルビープロロジックⅡ」に対応したサラウンドを意識した作りをしていた訳ですが(笑)
DJサンドウ :
そういえば、モンスターハンターシリーズはずっと「ドルビープロロジックⅡ」対応でしたね!
そうなんですよっ!
そして、今回Wii Uはなんと、 リニアPCM5.1chができる環境があるじゃありませんかっ。

それを使わない手はない!!!
シリーズ初やっとディスクリートで音が再生できる!
と…。

5.1ch対応にするにあたって、塩沢プロデューサーと藤岡ディレクターに相談したところ、 藤岡ディレクターから
「サラウンドをやるからには、本気でちゃんとやって下さい」
と言われたので、よっしゃ―これはやったろーかと(笑)

なので、「モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.」(以下、「MH3G HD Ver.」)は、 単にサンプリングレートをアップしただけではないんです。 BGMはサラウンドにアップミックスをしました。
効果音もクワッド(前方ステレオのLR と後方のLRの4ch)化したものもありますし、 環境音もサラウンドミックスしています。 ムービーも5.1chにリマスターし直しているんです!

サウンドデザイナーさんも本気でモンハンをリマスターしてみよう、据え置きタイプのモンハンを作ってみよう! という気持ちでホント、良く頑張ったと思います。

細かい事を言うとですね…いやいや。 ここはきっとサウンドデザイナーさんのこだわりの部分なので、 そちらのインタビューで聞いてください!(笑)
DJサンドウ :
了解です!楽しみにとっておきます!
それから、2つ目ですが、 ユーザビリティを意識しました。

モンハンは、たくさんのタイトルが出ているので、 ユーザーが無意識かもしれませんが「いつもの感じはこれ」というのがあるかと思います。
HD Ver.という事で大きな作り直しはしていませんが、 その「いつもな感じ」で違和感なく遊んでもらえるように工夫しました。

その一つが、Wii Uという事で、「Wii U GamePadでどんな音を鳴らそうか?」という事ですね。
「モンスターハンター3(トライ)G」の下画面を映す、という事は決まっていたのですが、…ほら、元々ニンテンドー3DSは1つのデバイスであり、スピーカーが1か所(LとR)なんで、 上画面と下画面、どっちの画面も「1か所」からしか音が出ていないんですよ。
DJサンドウ :
あっ、ほんとです!こりゃ~困ったですね!
なんで、Wii U GamePadとテレビ側の挙動や画面遷移、ユーザーのプレイスタイルなど考えて、音の鳴らし分けをかなり考えました。
「こっちの音はテレビから、こっちの音はWii U GamePadから…この場合は両方から鳴らすとか」結構細かく仕様を決めて行きました。 それから、特にタッチパネルという事で、その操作感も意識しながら考えました。

では、実際どう鳴らしているか、タンジアの港を例に、本体側とWii U GamePadでどう鳴らしているか、聞いてください!!!
本体側
本体(TV)側で表示されるメニュー画面の音、街の声やプレイヤーの音、BGMがなります

Wii U GamePad側
Wii U GamePadで操作した時のシステム音が鳴ります
DJサンドウ :
新ハードならではの悩みですね!これは悩む!
では!他に音の演出面で凝った部分とかありますかい?
そうですね。
どうしても「モンスターハンター3(トライ)G」 は3DSという携帯機だったので、「モンスターハンター3(トライ)」にあった仕様を一部整理して携帯機用にカスタマイズしたところがあります。
他にもモンスターハンターポータブルシリーズでは搭載していた機能をうまく入れ込んでいたりして、良くなっている部分もあるのですが、どうしても「携帯機」の音作りでしかなかったんですね。
それを、どう据え置き機のクオリティにするか。
これは「HDとは何ぞや」の話とも通ずるところがありますが、 絵の綺麗さに負けないぐらいの音と、効果的にサラウンドの演出をどうするか、 それからTV番組や本体のシステム音との親和性もかなり考えながら作りました。
ずっと、ラウドネスメーター(人間が耳で音を聞いた時に感じる【音の大きさ】を表示するメーター)を見ながら調整してましたねぇ~(笑)

音の方向性は「目指せ、据え置き機!」ではありましたが、だいぶ悩んだ部分でもあり、 試行錯誤の末、極端にレンジ(=ダイナミクスレンジ、音声信号の最小値と最大値の比率)の幅を広げるような事をしませんでした。
でも、携帯機をやっていた人が据え置きを手にした時に、「わぁ、なんか豪華!迫力ある!買ってよかった!」と思って貰う事を心がけて調整しました。

いつか、機会があれば、完全新作で据え置き機でモンハンがあるなら、

もっとダイナミックレンジを広げて、ミックスバランスとかシームレス感とか、 音の見せ場とかのSEとBGMの演出をもっともっと作りこみたいなぁ~

なんて思ってます…野望です(ニヤリ)
DJサンドウ :
いえい!楽しみです!夢が叶うと良いですね!

実は新曲あるんです!(笑)

DJサンドウ :
ところで噂によると!BGMに新曲があるとの事ですが!?
そうなんですよ~ 実は、今回、Wii U版と3DS版とでセーブデータを共有するための「データ移行プログラム」と、 Wii U側の「セーブデータトランスファー」の画面を作るにあたって、 「英雄の証」をアレンジさせてもらいました。
あのかわいらしい画面には、従来のありもの楽曲じゃだめだと思って、 あの絵に合うもので、狩りの間にちょっと息抜きできそうな曲をと、新曲を追加しました。
この曲は、ゆるーい、かわいらしい感じを出したかったので、主要楽器は打ち込みではなく、演奏もサウンドメンバーでやりました。
生録音したのは、
ソプラノリコーダー、フルート、横笛、ピアニカ風鍵盤楽器 です。
みんなで、楽器を持ち寄って、吹いてみて、「よし、行ける!」みたいな感じで、 かなりノリで作ってます。
ピッチが微妙な感じなのもそのまま、ご愛嬌です!
演奏したのは、アタシとコンポーザーの2名の3人です。 ちなみに私は横笛とフルートを担当しました。
この3人での演奏バンド名、勝手に 「狩猟笛部」 と名前をつけています。
また機会があったら狩猟笛部で色んなモンハンの曲とかやりたいですねぇ~
ゆるーい感じの楽曲アレンジばっかりで!(笑)
この曲ですが、公開済みのPV「チャチャ&カヤンバ劇場」でも使用されています。 12月にクリスマスバージョンのPVを作りしまして、このPV用にアレンジしたりもしてるんですよ。

「オリジナル モンスターボイス」募集します!

DJサンドウ :
そうそう!カプストーンも皆様のお陰で1周年!ということで 新コーナー「WANTED」がついに始まるんです!
ユーザーの皆様に色々参加してもらおう!ってコーナーなんですが
その一発目のお題がモンハンなんですよね!
そうなんです!
カプコンサウンドチーム公式WEB「カプストーン」の1周年を記念しまして、 タイミングも「MH3G HD Ver.」を皆様が遊んでくれている時期とバッチリということもあり、「WANTED」のコーナーでモンスターの鳴き声を募集します!
残念ながら製品には載りませんが、応募していただいた作品はポッドキャストで発表できたらなと思っています。
あと、素敵なモンスターボイスを作っていただいた方には、商品もありますよー
どしどしご応募ください! どんなモンスターボイスが届くのかすごく楽しみです!
詳しくは
モンスターハンター「オリジナル モンスターボイス」募集
のページを見てくださいねww
DJサンドウ :
やったぜ!私もホントに楽しみです!皆様よろしくお願いします!
では、最後に本作をプレイしていただいているユーザーの皆様へ向けて!
今回、開発中にもビジュアル面のデザインの作りこみとか、動きの細かさに新しい発見がありました。 音についても同様で、広い帯域の音が再生されるようになり、全く違った印象になった音も沢山ありました。
まずは「凄い!綺麗!HD感!」とユーザーの方に感じて頂く事が一番かなと思っています。
そして、是非サラウンドでプレイ出来る環境をお持ちの方は、AVアンプにつないでプレイして欲しいなと思っています!

あっ、
テレビでプレイするときは、
ステレオモードになっているかのご確認をお忘れなく!

皆様、ハンター生活を満喫してくださいね!
DJサンドウ :
いかがでしたか?「モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.」特集 「HD」へのこだわりを感じていただけたら嬉しいです! まだまだモンハン特集続きますよ!

« 一覧へ戻る

2013年03月15日 14:35

INTERVIEWについて

最新記事

カテゴリアーカイブ

Back to Top