CAPCOM

Profile

青木 菜夏
企画(コンシューマーゲーム開発)
2018年入社

現在までのMain Project

入社後の研修期間を経て、「モンスターハンターストーリーズ2」の制作チームに配属。シナリオをはじめ、ゲーム進行およびゲーム内の各種テキスト制作を担当している。

ゲームの世界観を創造していく驚きと楽しさ

入社後、「モンスターハンターストーリーズ2」のチームに配属になり、シナリオやゲーム進行など主にストーリーやテキスト部分を担当しています。私がチームに加わったのはまだプロジェクトが始まったばかりの頃だったので、本当に何もない状態からチーム全員でプロットやストーリーを構築していきながら、そこにさまざまなサイドストーリーなどを肉付けしていくという作業を一から経験できました。モーションキャプチャーのために、モーションアクターに思い描いた動きをしてもらったりボイス収録の際に声優へ指示出しをするなど、入社するまでは想像もしていなかったことも経験し、まだまだ新鮮な驚きと楽しさを感じながら仕事をしている毎日です。

ゲーマーじゃない私だからこその強み

実は、ゲームとはほとんど無縁の学生生活を送ってきたんです。面白いことを仕事にしたいという気持ちでエンタメ業界を中心に就職活動を行っていましたが、企画職での採用ということと、豊富な自社IPを活かした多彩なメディア展開に魅力を感じ、カプコンへの入社を決心しました。ゲームをプレイしてきた経験が少ない私は、テストプレイでも他の人が普通にクリアできるところで行き詰ったり、操作方法が分からなくなってしまうこともしょっちゅうあるんですが(笑)、カプコンのゲームをプレイしてくださる方の中には、私のようなライトユーザーも数多くいらっしゃいます。そういうお客様と同じ視点でゲームを見て、同じ感覚でプレイできるというのは、企画という立場でゲーム作りに携わる上での私の個性であり、強みであるとも感じています。

「物語」と「遊び」のバランスを大切に

今はシナリオとゲーム進行の両方を担当しているので、それぞれのバランスをとることの難しさを感じます。映画や小説はストーリーが一つのルートしかありませんが、ゲームはプレイする人によってイベント発生の有無や、ストーリーの分岐もあります。しっかりとした物語(シナリオ)をユーザーに味わってもらいながら、それをプレイする中での「遊び」に紐づけていくことでゲームが進むように調整するのは、なかなか大変な作業です。シナリオとしては「この流れで行きたい!」と思っても、ゲーム進行として考えるとそれでは面白さが損なわれてしまう。逆に「遊び」を軸に展開しすぎると、物語としての魅力が弱まってしまう・・・常にそのバランスを上手くとることを意識するようにしています。

ある1日のスケジュール

10:30〜 出社・メールチェック・スケジュール確認
11:00〜 シナリオ執筆
12:30〜 昼食(小説や漫画を読んだりします)
13:30〜 イベント班とデモの確認
14:00〜 外注と進行案件のミーティング
14:30〜 暫定のゲーム進行をディレクターと確認、実装
15:30〜 拠点NPCについてモーション班と相談
16:00〜 ゲーム内テキストの実装
17:00〜 ボイス収録の準備
17:30〜 ゲームのチェックプレイ

この日の仕事のポイント

この日は特にミーティングや打ち合わせが多く、午後はほとんど自分のデスクを離れていた一日でした。企画の仕事は、周りからちょっとした相談事を持ちかけられたり、ふとした雑談からアイディアが浮かんだりすることもしばしばあるので、私は自分のデスクにいる時にも「今、話しかけられても大丈夫ですよオーラ」を出すようにしています(笑)。些細なことですが、私が大切にしているポリシーです。

休日の過ごし方

アイドルの握手会やライブなど、休日はとにかく“推し事”三昧です!いろいろな場所で「面白い」瞬間を見つけるべく、推しの写真と一緒に現場に出かけています。

My Possibility 〜私の感じる無限の可能性〜

入社前に想像していた企画という仕事は、先頭に立ってチームを引っ張っていくようなイメージでした。でも実際には、そのタイトル制作にかかわっているみんなの輪の中心で話に耳を傾け、みんなの中にある「面白い」を上手くまとめていく、そんな仕事だと感じています。企画のチーム内だけではなく、まったく別のセクションの方との雑談の中で出たアイディアが大きなヒントになることも。とにかく社員みんなが楽しみながらゲーム作りをしている会社だからこそ、面白いものが生まれるんだなと感じています。