JeSU認定のプロライセンス
発行タイトルに認定されたことをうけて

小野義徳

『ストリートファイターV アーケードエディション』
エグゼクティブプロデューサー小野義徳

この度『一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)』から発表されました『ジャパン・eスポーツ・プロライセンス』と、その取組みについて、カプコンとして賛同できる内容でありました。
ついてはJeSUのプロライセンス発行対象タイトルとして『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下『ストV AE』)が認定されたことを受け、協力体制を築いていきたいと思います。
さて、視点を日本から世界に移しますと、eスポーツを行うためにライセンスを発行するという国はありません。
日本だけがプロライセンス制度を導入することになります。
個人的には、ゲームをプレイすることやゲーム大会に参加することに、そもそもライセンスは必要無いと思っています。
その様な制度を作らなくても、すべてのプレイヤーが分け隔てなく、名誉と、それに見合う報酬を得るチャンスを与えるべきで、それが自然な姿でしょう。

しかし日本は他国とは状況が異なります。
他国と比べると家庭用ゲーム産業の歴史は長いものになります。
その間、日本固有の様々な社会問題がゲームから発生したこともまた事実です。

そうした背景からゲームイベントへの取り組み、そして、eスポーツという取り組みは、社会へむけて、時代性を考慮した取り組みであると示さねばならない状況にあると感じています。
近年加熱するeスポーツの盛り上がりの勢いは凄まじいものがあります。
しかしながら無秩序に盛り上がってしまっては、予想外の問題を引き起こしたときに脆弱であり、そのままeスポーツの火が消えてしまいかねないのではないかと危惧しています。

今回JeSUは、プレイヤーの地位を守り、そして向上させるために、『プロゲーマー』という定義を、一般的に見て誰でもわかるように『プロライセンス』という形で定義付けを行いました。
私は、これは決められたルールの中で健全に運営していくことで、eスポーツの醸成の第一歩を踏み出すきっかけを設けてくれたのだと理解しています。

また、これはストリートファイターを支えて頂いているコミュニティ、そしてゲームを提供する業界団体が末永くeスポーツを楽しむために必要なことであり、ひいてはeスポーツの主役である選手たちへ利益を還元できる仕組みを作る一環でもあるとも考えています。

ストリートファイターIIが発表された頃は、eスポーツなんてかっこいい言葉はなく、ゲームセンターに来ていたお客様、それを支えてくれたオペレーターを中心に、コミュニティの皆さんに牽引して頂きました。
そして家庭用ゲーム機へと広がり、現在は非常に多くのプレイヤー、選手、コミュニティに支えられています。
プロライセンス制度が始まるにあたり、私が死守したかったのは、これまでストリートファイターを支えてくれたコミュニティ、これまでの選手の活動を壊さないことでした。
そのため新団体とよく協議を行い、その結果コミュニティ・選手が取り組んでいたイベント・活動等を無視する内容ではないことが確認できました。

そしてカプコンU.S.A.主催で進めてきたCAPCOM Pro Tour(以下CPT)の基本である「誰でも参加できる(オープン参加)」という理念を、日本の背景に沿った形で実現できる仕組みであるという事を、説明から感じる事ができました。

CPTは、プロライセンス制度が始まってからも、これまで同様にプロライセンス保持者、非保持者にかかわらず誰でも参加することができます。
また、CPTではないカプコン主催のイベントにも、招待制など特殊なイベントを除き、誰でも参加することができますし、ライセンス保持者には、日本のカプコンから問題なく賞金提供を行うことができるようになります。
一方で、ライセンス非保持の日本人に対しては、日本のルールに則り賞金提供には上限が設定されます。
ただ、せっかく賞金を獲得しても上限が設定されてしまうという状況は可能な限り緩和したく、現在活躍する多くの選手たちに向けてプロライセンスを付与できる機会の提供を検討しています。

また、プロライセンス制度はCPTのみならず、今後日本国内のストリートファイターのイベントに日本のカプコンが積極的に関与できるきっかけができたとも感じています。


■カプコン推薦のプロライセンス選手について

今回の推薦にあたっては明快な基準を設けたうえで、『ストV』プレイヤーとして相応の実績を修めている選手を推薦したいと考えました。
その結果『CPT 2017 100位 以内の日本人選手』を推薦の基準としました。
対象者 の22名の内、21名の方が、本施策に関して賛同いただけました。
非常に多くの選手達の賛同を得ることができたことを大変感謝しています。

前述したとおり、プロライセンスの発行は今後も増やしたいと考えています。
その際は追加の基準を設けたカプコンからの推薦、あるいは大会を実施し成績優秀者へのプロライセンス発行などを検討しています。

また、国内初のプロライセンス発行に伴い、格闘ゲームコミュニティの活性化に多大な貢献をしてきてくれたプロゲーマーへのサポートとして、ライセンス新設年度(2018年2月~2019年3月末日)で、発行に伴うJeSUへの費用については、その全額をカプコンにて負担いたします。(対象ライセンス:『ストV AE』)

■おわりに

プロライセンス制度は、これまで参加していただいている選手の皆さん、またそれを応援してくれているファンの皆さん、イベントに参加してくれているすべてのコミュニティの方々の活動は一切阻害せず、かつ今後より一層の日本のeスポーツが発展していけるものであると期待しています。