Prof ile

佐々木 裕則
総合職
2012年入社

現在までのMain Project

入社後、プロモーションを行う部署に配属となる。ゲームソフトの宣伝・広告のほか、イベントスタッフ業務や市況やゲーム評価の調査、タイアップ案件の進行など幅広い業務を手がけている。

企業戦略や社風に惹かれ入社を決意

「自分がお世話になったものや楽しんだものを提供する仕事に携わりたい」という想いで就職活動に取り組んでいました。ゲームもそのひとつで、ゲーム業界でのマーケティングや商品企画に興味を持っていましたね。数あるゲームメーカーの中でも、カプコンはワンコンテンツ・マルチユースを方針にしていたこともあり、マーケティングや商品企画のチャンスが多そうだと感じたことが志望の決め手になりました。ほかにも人事の方の雰囲気が良かったこと、選考も奇をてらったものではなくストレートで真摯なものであったことなど、社風や人に惹かれたことも入社を決意した大きな要因です。

カプコンのIPを広く周知する役割を担う

「モンスターハンター」などの担当タイトルのプロモーションをメインに行っていて、CM作りや東京ゲームショウなどのイベント出展に携わっています。他には、他社とのタイアップによるコラボ商品の企画・監修なども行います。完成までのプロセスや社内・取引先との調整が大変なだけに、タイアップ商品の完成品が店舗に並んだり、イベントに来たユーザーの方が楽しそうにゲームを遊ばれているのを見るとうれしくなりますね。ですが、一番の醍醐味はタイトルのプロデューサーやディレクターと一緒に仕事ができることだと思います。私には見えていない領域がクリエイターには見えていると感じることも多々あり、そういったこだわりをプロモーションに落とし込んでいくのが自分の役割です。第一線のクリエイターの想いを直に受け取れることは、この仕事の特権だと感じています。

想いと想いをつなげて、より良い成果を

プロモーションを手がける際には、社内のクリエイターと関係取引先の希望に、いかに折り合いを付けていくかが重要になります。クリエイターが作品やキャラクターに抱くこだわり、取引先のねらい、現実的なコストやスケジュールの制限、その全てを汲んだ上で、両企業の利益に結びつけていく。そのための施策を講じられるのは、両者をつなぐ私たちだけです。お互いの意見を右から左に流すだけでは、良いものもできませんし、受け取り手のファンの方々に納得してもらえるものにもならないと思います。両者の要望をしっかりと受け止め、そこに私自身の想いやアイデアも加味して、より良い施策を実現することが求められます。

ある1日のスケジュール

9:00~ 出社・メールチェック
10:00~ 「モンスターハンタークロス」担当コアメンバーで打ち合わせ
11:00~ 「ロックマン クラシックス コレクション」のコアメンバーで打ち合わせ
13:00~ 「モンスターハンター」開発陣との打ち合わせ
15:00~ タイアップ先からの確認依頼や提案の確認と対応
17:00~ 週末のイベントで使用するゲーム機材とデータの確認
18:00~ 週末のイベントの台本やスライドの確認

この日の仕事のポイント

この日は、開発プロデューサーや各部署と意見交換や施策の方向性の協議など、貴重な打ち合わせを行いました。この日の各種打ち合わせに向けて資料や報告の準備をし、会議や協議の場で確認したことを実行していくという流れになります。その一連の流れを終えた後は、取引先の依頼事項を間違いなく、遅滞なく対応するための業務に移行。そして、週末のイベントに向けて漏れやトラブルがないように様々な確認事項をチェックします。

休日の過ごし方

自分自身お客さんとして、ロックマンとコラボしている遊園地や、お台場のカプコンショップに行くなどして、過ごしています。あとは姪の相手をしたりしています(笑)

My Possibility 〜私の感じる無限の可能性〜

現在、世の中には様々なエンターテインメントが出回っていて、受け取り手の選択肢が多様化しています。そんな中、家庭用ゲームはコンテンツとして選ばれなくなったという声も多くなりつつありますが「モンスターハンタークロス」は300万本を超える大ヒットになりました。この事実も踏まえ、今一度改めて、「ユーザーが家庭用ゲームを買うメリット」を深く分析していくことが求められていると感じます。そして、その結果に基づいた効果的なプロモーションが展開できれば、まだまだ家庭用ゲーム機の可能性は広がっていく考えています。