ワトリング病の治療薬

  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット

雪賊の間ではワトリング病が流行しており、多くの人々が命を落としているらしい。ワトリング病はNEVECでは既に治療法が確立された病気であり、適切な薬があれば治癒することができる。

情報によると、溶岩地帯に不時着したまま放置されているNEVECの補給船に治療薬が積まれているらしい。
しかし不時着地点は溶岩流に隔てられているため、ウィンチを装備したユーティリティ・リグがないと、近づくことができない。

溶岩地帯は足場が不安定な上、時おり噴き上げる溶岩も危険なエリアだ。
更にこのエリアではセパイアやボルセパイアと言った小型エイクリッド(AK)が数多く出現する。
1体1体ではそれほど危険な敵ではないが、群れで襲ってくると厄介だ。

溶岩地帯を抜け、ようやく不時着した補給船までたどり着いたジム。しかし、そこは大型のエイクリッド「タンガント」の棲家だった。薬を持って帰るにはタンガントを倒すしかない。