【その他NEWS】戦国BASARA4×赤い羽根 コラボレーション
【2013年08月20日更新】 記事をSHARE>>

~戦国BASARA4の武将が、赤い羽根共同募金を応援します~

毎年10月から行われる「赤い羽根共同募金」と『戦国BASARA4』のコラボレーションが決定!
共同募金運動啓発ポスターとノベルティグッズのクリアファイルに『戦国BASARA』シリーズを代表する伊達政宗をはじめ『戦国BASARA4』に登場する4人の武将が起用された。

「じぶんの町を良くするしくみ。」をテーマに、年間約6万件にわたる各地の住民ボランティアや地域福祉活動を応援している「赤い羽根共同募金」。
また、共同募金自体も、全国約200万人の募金ボランティアに支えられている。平成25年度は、「社会的孤立をなくそう」を共通助成テーマとして、全国的に募金運動を展開していくぞ。

<共同募金運動啓発用 ポスター&クリアファイル(表)のデザイン>

<クリアファイル(裏)のデザイン>

【参考】
「戦国BASARA4×赤い羽根共同募金コラボレーション」参加予定の都道府県
共同募金会(31都道府県)
北海道共同募金会、宮城県共同募金会、山形県共同募金会、福島県共同募金会、
茨城県共同募金会、栃木県共同募金会、群馬県共同募金会、千葉県共同募金会、
富山県共同募金会、石川県共同募金会、福井県共同募金会、山梨県共同募金会、
岐阜県共同募金会、静岡県共同募金会、愛知県共同募金会、三重県共同募金会、
京都府共同募金会、大阪府共同募金会、奈良県共同募金会、和歌山県共同募金会、
鳥取県共同募金会、島根県共同募金会、岡山県共同募金会、徳島県共同募金会、
愛媛県共同募金会、高知県共同募金会、福岡県共同募金会、佐賀県共同募金会、
熊本県共同募金会、宮崎県共同募金会、沖縄県共同募金会  &中央共同募金会
※一部地域の参加を含みます。また、地域により資材活用は異なります。

■赤い羽根共同募金とは
毎年10月から行われる「赤い羽根共同募金」は、第2次大戦直後の1947(昭和22)年以来、65年以上にわたり地域の福祉活動に役立ってきた。
社会福祉法に基づく募金であり、「じぶんの町を良くするしくみ。」をテーマに、年間約6万件にわたる各地の住民ボランティアや地域福祉活動(高齢者、障がい者、子ども、災害時支援など)を応援している。
また、東日本大震災などの被災地で、災害ボランティアセンターの設置にも役立っている。平成25年度は「社会的孤立をなくそう」を共通助成テーマとして、全国的に募金運動を展開する。
使いみちはホームページで公開。
http://www.akaihane.or.jp

※当サイトをご覧になるには、最新の「Flash Player」が必要です。
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.