■ アラカルト
宝塚歌劇団演出家 鈴木圭 × 逆転裁判 巧舟 Special対談
第一回第二回第三回第四回第五回

【Special対談:最終回】

司会進行:中井 実(カプコン)

某日某時間。株式会社カプコンにおいて、宝塚歌劇団の鈴木圭先生と、逆転裁判の生みの親、巧舟の対談が行われました。

鈴木先生

鈴木 圭(すずき けい)先生
1998年に宝塚歌劇団演出助手として採用され、翌年4月に入団。演出助手としてジャンルを問わず研鑽を積み、『里見八犬伝』『THE SECOND LIFE』等の演出を担当。その後、2009年に行われた『逆転裁判-蘇る真実-』で、宝塚歌劇とゲームの見事なコラボレーションを果たした。

巧舟

巧 舟(たくみ しゅう)
『逆転裁判』の生みの親。’94年カプコン入社。2000年に『逆転裁判』を企画。以降、成歩堂シリーズ3部作の脚本・監督を兼任し、最新作『逆転裁判4』ではシナリオ原作と総監督を務めた。

中井 実(なかい みのる)
宝塚歌劇とカプコンを繋ぐコラボプロジェクトの発起人。
『デッドライジング ゾンビのいけにえ』ではディレクターとプロデューサーを兼任した。

■ 超えたところにあるものが素晴らしいから、やる

--では、そろそろお時間も迫って参りましたので…最後に何か、これだけはお互い聞いておかれたいという事はありますでしょうか?
ロビー 鈴木 ひとつ聞きたいことがあるんですけど。
 はい。
鈴木 趣味ってなんですか?
 趣味はですね。なんだろう。音楽と手品かな。
鈴木 へぇー、手品!!
 手品は、大学の頃にサークルに入ってて、会社に入るときの面接でもやりましたね。
鈴木 じゃあ、今度飲みに行くときぜひ見せてください。
 わかりました(笑)。鈴木先生の趣味はなんですか? サーフィンのほかに。
鈴木 僕の趣味は、サーフィンと、車、バイク、料理…。
 うわ、カッコいいな。部屋の中でジメジメ手品してるのと、アウトドアでスカッとバイク乗って波乗りしてるのでは、かなりの格差ですね。
鈴木 アウトドア大好きなんですよ。
 趣味はやっぱり、何か創作に影響を与えるものがあったりするんですか?
鈴木 好きなものは全部やろうというのが僕の考え方なんですね。そのときってやっぱり勢いがあると思うんですよ。それがもうこじつけに聞こえる人は多いと思うんですけど、それが作品を作るバイタリティとかエネルギーとかになってる気がするんです。それこそ、好きなものだったら深夜だろうが徹夜だろうが絶対やる。
 ああ、それはありますね。
鈴木 今日は波が立ってるから絶対行きたいと思ったら、仕事サボってまでは行かないですけど、昼までが稽古だったら帰ってきてから行く、たとえそれが徹夜明けだったとしても絶対乗りに行くっていう。そこに境をつけないことが、多分僕に合ってるのかなって気が 今はしてますね。
 そういう熱い部分っていうのは、やっぱり作品に出ますよね。人の心を動かすっていうのは熱量がないとできませんし。「やらなくちゃイカン!」という時はありますよね。
鈴木 そうですね。今がまさにそうですね。
--では、そろそろ締めの言葉に参りましょうか。
 ううん…僕は本当に、あんまり深いことを考えてないので、こうしてお話しして「こんなもんか」とガッカリされてなければいいなと思います(笑)。
鈴木 いえいえ、そんな。本当にあの、正直、ゲームのシナリオがあるからできるっていうのが強かったんですよ。1のシナリオ書いてるときも、ガーンと落ちてもう書けないっていうときに、「もうこの人(巧)天才だから書いてもらって。僕演出だけするよ」ってときが何度もあったんです。それくらい、原作の力は強かったですね。
 ありがとうございます。でも、ありますよね、そういうツライ時期は。
鈴木 なんか落ちるときがありますね。逃げたくなるというか。
 でもやっぱり、そこを超えたところにあるものが素晴らしいから、やるわけですよね。
鈴木 そうですね。
 それをまた観られるというのは、幸せですね。前回の舞台は、本当に素晴らしい仕事をしていただいたなと思っていますから、次回も楽しみにしています。
鈴木 そういっていただけて、僕も嬉しいです。ありがとうございます。

…終了…

鈴木先生と巧舟
このあと、笑顔で握手をして別れた2人。次は飲みに行くことを固く約束したのでした。
お忙しい中お時間を取ってくださった鈴木先生、本当にありがとうございました!!