■ アラカルト
宝塚歌劇団演出家 鈴木圭 × 逆転裁判 巧舟 Special対談
第一回第二回第三回第四回最終回

【Special対談:第三回】

司会進行:中井 実(カプコン)

某日某時間。株式会社カプコンにおいて、宝塚歌劇団の鈴木圭先生と、逆転裁判の生みの親、巧舟の対談が行われました。

鈴木先生

鈴木 圭(すずき けい)先生
1998年に宝塚歌劇団演出助手として採用され、翌年4月に入団。演出助手としてジャンルを問わず研鑽を積み、『里見八犬伝』『THE SECOND LIFE』等の演出を担当。その後、2009年に行われた『逆転裁判-蘇る真実-』で、宝塚歌劇とゲームの見事なコラボレーションを果たした。

巧舟

巧 舟(たくみ しゅう)
『逆転裁判』の生みの親。’94年カプコン入社。2000年に『逆転裁判』を企画。以降、成歩堂シリーズ3部作の脚本・監督を兼任し、最新作『逆転裁判4』ではシナリオ原作と総監督を務めた。

中井 実(なかい みのる)
宝塚歌劇とカプコンを繋ぐコラボプロジェクトの発起人。
『デッドライジング ゾンビのいけにえ』ではディレクターとプロデューサーを兼任した。

■ 「逆転裁判」をやりたかったんです

--前回の舞台の脚本を書く上で、鈴木先生が大事にされたところを教えていただけますでしょうか。
鈴木 大事にしたところ…やっぱり、逆転裁判のキャラクターとか、ノリですね。逆転裁判ってタイトルでやる以上、僕は絶対「逆転裁判」をしたかったんですよ。お題を借りて、「逆転する裁判もの」をやるだけだったら、まったく全部違ってたと思うんです。巧先生の書かれてない舞台の部分も書かなきゃいけないじゃないですか。だからやっぱり、キャラクター性は大事にしましたね。
 巧先生って、やめましょうよ(笑)。
鈴木 まぁまぁ(笑)。とにかく、舞台なんで、ゲームの中の台詞ばっかで作れるわけじゃないじゃないですか。でも、同じキャラクターが言ってるんだと「通じるもの」がないとやっぱり人間が変わってしまう。それを通して行きたかったですね。キャラクター性を大事にしたかった。あとは、構成ですよね。こういう順番で証人が出てきて、こうして返してっていう。ですから書いていく中で何回も何回もゲームをやりました。
--舞台の構成については、巧がすごく感心してました。
鈴木先生と巧舟  ゲームの構成は、証人が出てきて、矛盾を暴いて、そこで新しい事実が出てきて、また矛盾を暴いて…っていうのが何回かあって、最後に証人の大ウソを立証してハデに落とす、みたいな感じ。一方、舞台では、その部分をバッサリと切って、1つの矛盾をポイントにして盛り上げていましたが、その潔さが僕は好きでしたね。あと、法廷に「異議あり~♪」みたいな歌と踊りが入るんじゃないか、とも思ってたんですけど、それはなかったですね。テンポを重視していただいたのかなぁ…。
鈴木 そこがやっぱり逆転裁判かなと思ってましたしね。裁判所で、いわゆるうちのミュージカル的なノリを入れて最後ドンって終わるっていうのは、作りようによっては可能だとは思うんです。でも、それで緞帳下りて終わったときに、果たしてこれ逆転裁判ですかっていわれたら逆転裁判を原作にした全然違うもんだよねってなるじゃないですか。僕の中では逆転裁判やりたい、僕もそこに入りたいっていうのがありましたから、法廷の場面は絶対に芝居重視で、ゲームの世界を小窓の中から広い舞台に実写させるっていうのを重視してました。
 嬉しいですね。でも、きっと勇気ある決断だったんじゃないかと思うんですけど…。
鈴木 その点に迷いは無かったんです。法廷のやりとりをいろんな歌詞とかにして歌を聴かれてしまうと、逆転裁判にならないと思っていましたから。「これだ!」「くらえ!」っていうのは、お芝居として、台詞で訴えていかないと逆転裁判じゃないって思うんですよ。ミュージカルにしてしまうと歌を聴いてしまう、それだと歌に流されちゃってるだけで、実際訴えたいことを多分聞いてもらえない。だから、やっぱりお芝居重視だなと思いました。その替わりというか、トリックとかを説明するときにはゲームの映像をたくさん使いたいという要望は、最初から挙げていました。
 やっぱり、宝塚歌劇では、映像を使うというのは珍しいんですか?
鈴木 はい。あそこまで使うということは、通常ないと思います。
 音とのリンクもおもしろかったですよね。ここぞというタイミングで、成歩堂くん(劇中ではフェニックス・ライト)の心の声が入ってきたりとか。
鈴木 あれは最初に録音してしまって、ミキサー室っていうのがバウホールでしたら客席の真ん中の一番後ろに部屋があるんで、あそこから見て入れてますね。
 楽しそうですね(笑)。ああいう手法は、宝塚歌劇ではどうなんですか?。
鈴木 あそこまで多いのはちょっと少ないです。でも、たとえばゲームの中の青文字の部分、あそこはゲームでも存在感が強いところなんで、音を入れていこうかなって思ってましたね。
 あの“間”は絶妙でしたね。ちょっと「かぶせ気味」なところとか。ゲームでは表現しにくいところですからね。ライブ感があってよかったと思います。
--SE(効果音)も、ゲーム中のものをそのまま使われていて、その辺りも逆転裁判の世界にすんなり入れる感じがしましたね。

>> 続きを読む