■ アラカルト
宝塚歌劇団演出家 鈴木圭 × 逆転裁判 巧舟 Special対談
第一回第二回第三回第四回最終回

【Special対談:第二回】

司会進行:中井 実(カプコン)

某日某時間。株式会社カプコンにおいて、宝塚歌劇団の鈴木圭先生と、逆転裁判の生みの親、巧舟の対談が行われました。

鈴木先生

鈴木 圭(すずき けい)先生
1998年に宝塚歌劇団演出助手として採用され、翌年4月に入団。演出助手としてジャンルを問わず研鑽を積み、『里見八犬伝』『THE SECOND LIFE』等の演出を担当。その後、2009年に行われた『逆転裁判-蘇る真実-』で、宝塚歌劇とゲームの見事なコラボレーションを果たした。

巧舟

巧 舟(たくみ しゅう)
『逆転裁判』の生みの親。’94年カプコン入社。2000年に『逆転裁判』を企画。以降、成歩堂シリーズ3部作の脚本・監督を兼任し、最新作『逆転裁判4』ではシナリオ原作と総監督を務めた。

中井 実(なかい みのる)
宝塚歌劇とカプコンを繋ぐコラボプロジェクトの発起人。
『デッドライジング ゾンビのいけにえ』ではディレクターとプロデューサーを兼任した。

■ 巡り合わせってすごいなと思ったんです

鈴木 逆転裁判との出会いっていうのが、偶然とか巡り合わせってすごいなと思ったんですけど、実は僕、このお話をいただく前から逆転裁判のゲームを持ってたんですよ。僕はずっと法廷ものをいつか作りたいと思ってたんです。それでいろんな資料を探してたんですね。もちろん映画、ドラマ、小説、いくらでもあるんですけど、僕はまずゲームでちょっとやってみようと思って、それこそ梅田のヨドバシカメラですよ、そこのゲームコーナーで逆転裁判を見つけたんですね。
 へぇ。
鈴木 あ、裁判ものなんだ、法廷バトルなんだ、面白そうって始めて。でも第1話が終わったら面白い! と思っちゃって、ずっとポケットにDSを入れてやってたんです。ゲームの中のパターンであったりとか面白いところを、自分の引き出しにして参考に持っておこうと思ったんですよね。それが、ある日突然、ちょっとこういう話があるんだけどって出てきたのが、僕のポケットに入ってる逆転裁判で。もう、ええ!? なんであんたらが知ってるんだ、俺が買うとこ見てたのかみたいな。びっくりしましたね。
 ウワサ話では聞いてたんですけど、本当にそんな感じだったんですか?
鈴木 そんなだったんですよ。
 ある種、コントですね(笑)。
鈴木 ホントそうなんですよ(笑)。
 でも、僕もその話を聞いたとき、巡り合わせというか、そういうのはすごいなと思いましたね。鈴木先生に手がけてもらってよかったな、と。
--裁判所のセットであるとか、キャラクターの衣装であるとか、そこがすごくきちんと作られてて、宝塚歌劇の舞台にすごくハマってる感じがしました。
鈴木 そこも、さっき言った嘘の世界だと思うんですね。成歩堂くん(劇中ではフェニックス・ライト)は青のスーツだからいいとして、御剣(劇中ではマイルズ・エッジワース)とかね、実際そこらへんを歩いてたらちょっと引くと思うんですよ。なんだこの人は、みたいな(笑)。でも、ゲームの中だとそれが魅力的であって…それは、舞台でもそうだと思うんです。
 そうですね。
鈴木 あそこでただの、ホントに普通の赤いスーツにしたら、魅力がなくなってしまう。そこがなんか、同じ嘘の魅力がマッチしてる。だから逆転裁判っていうのは舞台でやったときも、同じ目で入っていけるというかダマされるっていうか、そういうのがすごい、いいかなと…心地よいところかなぁと思いますね。
 宝塚歌劇ファンの方々の反響はどうだったんでしょうね。あまりそういうのは気にしないというか、耳に入れないほうなんですか?
鈴木先生と巧舟 鈴木 そうですね。こういう時代なんで見ようと思ったら見られると思うんですけど、見ない大きな理由がひとつあって。100%全員の意見を聞くことって不可能だと思うんですね。ある1個の書き込みを僕が読んで、あ、こう思ってるんだ、じゃあこうしようって意識して聞いてしまったら、書いてない人の意見は僕には届かない。お手紙でもそうですよね、観られた方全員が僕にお手紙送ってくれるならもちろん全部読みますよ。でも、それはないじゃないですか。やっぱり、そういうことしようって思った人しか書かない。なのにその人の意見だけ聞いて、僕が折れてしまったら逆に失礼なことかなと僕は思うんですね。だから、そういうのは一切、見ないようにしてます。
 なるほどね。
鈴木 やっぱり、誰が見てもわかりやすく、子供が見てもお年寄りが見てもシンプルにわかりやすく、その中で戦っていくのが大事だと思うんです。ややこしく、ドラマをどんどん広げていくってのは、可能といったら可能じゃないですか。いろんな人間を出して、いろんなことやって、それこそ事件が何度も何度も起きて、ぐちゃぐちゃになってってすればいい。でも、書いてる僕らはけっこう理解してても、 パッと初見で見たときに、考えさせられるっていうのがちょっとツライところかなと。
 そうですね。
鈴木 そこがやっぱり、合うところじゃないかなと思いますね。僕はなにかやるときに考えることがあまり好きじゃないので、だからこそ法廷ものの資料を調べようって思ったとき、なにも考えずに出来るゲームを探したんですね。それで見つけたのが逆転裁判だった。
 よかったです、それは。
鈴木 今回の舞台を作れたのは、土台のシナリオであったりキャラクターであったり、そういうのが本当に自分ともマッチしてましたし、そこがすごいちゃんと明白にクリアに書かれてて伝わって来るものも多かったんで、「これなら」っていうのがありましたね。

>> 続きを読む

© TAKARAZUKA REVUE COMPANY/ © CAPCOM