■ アラカルト
宝塚歌劇団演出家 鈴木圭 × 逆転裁判 巧舟 Special対談
第一回第二回第三回第四回最終回

【Special対談:第一回】

司会進行:中井 実(カプコン)

某日某時間。株式会社カプコンにおいて、宝塚歌劇団の鈴木圭先生と、逆転裁判の生みの親、巧舟の対談が行われました。

鈴木先生

鈴木 圭(すずき けい)先生
1998年に宝塚歌劇団演出助手として採用され、翌年4月に入団。演出助手としてジャンルを問わず研鑽を積み、『里見八犬伝』『THE SECOND LIFE』等の演出を担当。その後、2009年に行われた『逆転裁判-蘇る真実-』で、宝塚歌劇とゲームの見事なコラボレーションを果たした。

巧舟

巧 舟(たくみ しゅう)
『逆転裁判』の生みの親。’94年カプコン入社。2000年に『逆転裁判』を企画。以降、成歩堂シリーズ3部作の脚本・監督を兼任し、最新作『逆転裁判4』ではシナリオ原作と総監督を務めた。

中井 実(なかい みのる)
宝塚歌劇とカプコンを繋ぐコラボプロジェクトの発起人。
『デッドライジング ゾンビのいけにえ』ではディレクターとプロデューサーを兼任した。

■ 前作の舞台…ちょっと泣きそうになりました

--前作から少し時間が経ってしまいましたが、まずは巧から鈴木先生にお礼を言いたいっていうのがあったんですよね。それを私が鈴木先生に伝えたら、先生の方からも「ぜひお話ししたい」というのがあって。
 そうなんですか。
--それでは、最初に巧さんの感想を聞かせてもらいましょうか。
鈴木 そうですね。厳しいダメ出しをどんどんしてください(笑)。
 いえいえ。僕は(公演を観たあと)、お手紙をお出ししたんですよね。もう、矢も楯もたまらず…内容は忘れちゃいましたけど(笑)、とにかく感激したんですね。僕はシナリオを読まずにいきなり舞台を観せていただいたんですけど、最初からなんていうか…逆転裁判ってゲームなんですけど、僕の中では間とか口調であったりとか、そういうのが頭の中に浮かんで書いてるんですね。でも、舞台を観てそこについての違和感がなかった。それって、すごいことだなぁと思いまして。ゲームで映像化とかしたこともあるんですけど、そういうとき一番気を遣うのが、間であったりとか台詞回しであったりとか言い方であったりとか…そういうものの意思疎通に、すごい時間がかかるんですね。それがちゃんと「逆転裁判の間」になってるんだなあというのが、非常に嬉しかったんです。最初の音楽…成歩堂くんのテーマに乗っけてとむさんが登場したのは、もう、キましたね。あそこから、一気に引き込まれて。
--歌っていうのは、大きいですよね。
巧舟  そうだね。ホントやっぱり、世界がちゃんと再現されてるっていうところがすごく、ちょっと泣きそうになりましたね。前で観てた逆転のスタッフは号泣してて、僕は恥ずかしいんで我慢しちゃったんですけど。鈴木先生にとって逆転裁判っていうのは、なんていうのか、与えられたお題みたいなものだと思うんですけど、それが「お題」ではなくて「素材」というか、逆転裁判を劇にしたらこうなるっていうのがちゃんと出来てて、本当に感謝してるんですね。僕は(舞台について)お任せするつもりだったので、良くも悪くも違う形になるというのはいいかなと。中途半端に入るより絶対に切り分けてお任せしてしまった方がいいものができると思ってたんですけど、それがすごい、思ってた以上のところに行ってくれていたのが、本当に嬉しかったですね。
--ちなみに巧さんから見て恋愛要素っていうのは、逆転裁判としてどうだったんですか?
 よかったと思いますよ。せっかくの宝塚歌劇ですからね。それはやっぱり、やっておかないと。いい形に収まっていたんじゃないかなと思いますね。

>> 続きを読む

© TAKARAZUKA REVUE COMPANY/ © CAPCOM