開発部ブログ

キャラクターデザイン秘話とご紹介

アートディレクター:小林

更新日時:2013年08月08日

みなさん、こんにちは。
『逆転裁判5』アートディレクターの布施です。

私は発売後、初めてのブログとなりますが、
『逆転裁判5』、プレイされた方はいかがでしたでしょうか。

これから遊んでみようかな?という方や、すでにクリアした!という方、
いやいや、もう何周もしたよ!という方もいらっしゃると思います。

そこで!

******************************

本日、8月8日(木)にアスキー・メディアワークスさんより発売となる
攻略本『逆転裁判5 公式コンプリートガイド』を紹介したいと思います!

イメージ
これが表紙だ!

これから遊ぶ人は、行き詰まったときのおトモに、
クリアしてしまった人は、再プレイのおさらいのために、
ぜひ読んでみて下さい。

ゲーム攻略がしっかりされているのはもちろんですが、
人物関係や時系列などの設定が分かり易くまとめられていますので、
もっと『逆転裁判5』の世界を堪能したいという方にはオススメですよ!

以上、宣伝でした!

ここからは、前回の『希月 心音』に引き続き、
キャラクターデザインのお話をしたいと思います。

今回は、ライバル検事である新キャラクター『夕神 迅』について。

彼は『逆転裁判』シリーズで、“検事”という重要なポジションでありながら、
投獄されている“囚人”でもあるという、ムジュンした肩書きを持っています。

またとんでもない設定を考えてくれたな!と山﨑シナリオディレクターを
問い詰めたい気持ちをぐっと抑えつつ、
でも囚人で検事ってインパクトすごいな!とこれまたムジュンした気持ちで
デザインを始めました。

まずは、今まで登場した検事とはまったく違う方向にしよう!と思い、
囚人に思いっきりウェイトに振ってみました。

その結果…

イメージ
すごく…囚人です…

このデザインをしていた頃は、
ココネの『声のトーンから“感情”を聞き取る特別なチカラ』は、
なんと夕神検事のものでした。

そのためにヘッドギアのような拘束具を付けていたんですね。

その後、もっと検事にウェイトを上げてデザインしますが、
今度は囚人の要素がなくなり、検事にしかなりません。

囚人と検事は正反対の要素なので、どちらかを立たせれば、
どちらかが立たなくなってしまうという終わらないシーソーゲームに…

これではまずいと、
あらためて囚人と検事を融合させるにはどうするかを考えました。

あれは、囚人服のシマシマをじーっと見ていたときでした…
なんか、この白と黒の感じ、忠臣蔵の赤穂浪士みたいだなぁ…ハッ

そうです。
思いついたのは、“和装”というもう1つの要素。

その新しい要素で相反する2つの要素を繋いでやるという方法!

もちろん、この後も迷走し、
和装に振りすぎて、着流しを着て結局検事に見えなかったり、
刀を本当に持たせて囚人に銃刀法違反と、もう訳がわかりません。

白黒“和装”と検事である“洋装”の中間!それはまさしく文明開化!

これをきっかけに、今の夕神に近づいていきました。

いろいろな脱線がありましたが、
あくまで“検事”なので、洋装でビシッとキレイめにまとめる必要があり、
最終的に「直接的な囚人の記号」は手錠のみとなりました。

唯一検事らしからぬ無造作に伸びた髪も、実は囚人である時間の表現と、
浪士の無精なイメージを出すためだったりします。

あと、鷹のギンは和風テイストの流れで鷹匠ってカッコイイよね!
という単純な発想が最初でしたが、
検事席で書類を持ってくれるなど、夕神が動けない囚人であることを
強調するのに良いアクセントになると思い、最後の最後に誕生しました。

けっして私が鳥好きだからでは…

そんなこんなで、夕神迅は今のデザインとなります。

イメージ
最後は維新の志士風

制作秘話はまだまだたくさんあるのですが、本日はこの辺で…

最後に、もう1つお知らせがあります。

なんと、エンターブレインさんより、
逆転裁判5の設定画集も発売されることが決まりました!!

その名も『逆転裁判5 公式ビジュアルブック』です。

イメージ
※画像は制作中につき、実際の商品とは異なります

今まで発表されている数々のイラストや秘蔵の設定画、
ゲーム中で使用されている2Dと3Dの絵素材がまるっと見られます。

今回お話した夕神検事のデザインラフも、もちろん載っていますよ。

9月6日(金)発売予定です!!

こちらも攻略本に劣らず魅力的な本になっていますので、
みなさんぜひ読んでみてくださいね!

次回8月12日(月)は、
シナリオを担当した企画の福田さんと布施さんの登場です。

企画の布施さんは私と同じ苗字ですが、
山﨑シナリオディレクターの元で一緒にシナリオを執筆したスタッフです!

二人とも熱いシナリオの裏話をしてくれると思いますので、
みなさんお楽しみに!

ブログに戻る


ページトップへ