マネージャーがTEPPENやってみた!

  • 第1回 どんなゲームなんだろう?編
    (7/22UP分)
  • 第2回 アイルー登場するらしい!編
    (7/30UP分)
  • 第3回 TEPPENは思ったよりもスポーツだ!編
    (8/6UP分)
  • 第4回 みたでら、逆鱗リオレウスで急成長!?編
    (8/13UP分)
  • 第5回 鈴木亜理沙、アクションカードの重要性に気付く!編
    (8/20UP分)
  • 第6回 TEPPENまみれの1ヵ月半!ついに終止符!?編
    (8/27UP分)
  • TEPPENってどんなゲームなんだろう?

    モンハン部マネージャー“りさ”こと、三田寺理紗です!

    『モンスターハンター』では、ランスを使っています(^o^)
    相手の攻撃に合わせてパワーガードやカウンタークローを決めると最高に気持ち良く、とってもかっこいいです!!

    モンハン部の編集長・モテ山さんが『TEPPEN』を夢中にプレイしていたのを見ていて、ずっと気にはなっていたのですが……。
    アイルーが追加になったと聞いて、いてもたってもいられなくなり、
    ついに私も、同じモンハン部マネージャー・ありさちゃんと2人で始めてみることに!

    最初は、パンチキックのアクションゲームなのかな?
    と想像していましたが、カードゲームでした(๑˃̵ᴗ˂̵)

    カードゲームって、私はあまり馴染みがないけれど、
    いざプレイしてみると、いつもモンハンで狩っているモンスターがたくさん!
    そしてアイルーはもちろん、かっこよくてセクシーなヒーローたち!

    これは期待できそう!

    いきなりランクマッチから始めちゃった!

    期待を胸に開始してまずは、チュートリアルをプレイ。
    でもまだ、どんなゲームなのかまったく分からないぞ……。

    私の持ち味は「習うよりも慣れろ!」の行動派!
    チュートリアルのあとすぐランクマッチに挑んでみました。

    挑んだと言うか……。
    ランクマッチがいちばん大きくて目立つボタンだったので、気づいたらポチッと押していただけなんだけど(〃ω〃)

    さてさて、挑んだのはいいものの、バトルのルールもロクに分からない私。
    相手のカードから赤いミサイルがぴゅいーんと飛んできて、
    私のヒーロー・リュウに当たって、ライフが減っちゃいました(´・ω・`)

    あれ?カードゲームってターン性じゃなかったっけ?
    もしかして、リアルタイムに進行してる???
    『モンハン』と同じじゃん!相手は待ってくれない!

    「これは私のヒーローを守らなきゃ」と思って、
    5枚の手札の中で明るくなっているカードを触って動かすと、自分の六角形の枠にセットすることができた!

    そういえば、チュートリアルでもやりましたねこれ。
    これで自分のヒーローを守りながら、攻撃出来ればいいのかな?と明るくなっているカードを枠にセットしていきました。

    結局、初のランクマッチは負けちゃったけど、何となく分かってきたぞ……。

    そして何度かランクマッチにチャレンジしていくうち、
    画面下のゲージが溜まっていけばいくほど、強力なカードが出せることに気付いた私。

    ゲージが溜まるのを我慢して待って、コストが高くて強いカードを出し続けていたら、勝てるようになってきたんです!

    そして、F5からF4に昇格することができました!!
    モンハンでハンターランクが上がったときと、同じような達成感!
    やっぱり対人戦で勝つのって気持ちいい♪

    そういえば、カードから伸びていく赤と青の線は、勝手にミサイルだと思い込んでいたけど、よく見たら矢印でしたね(笑)。

    そして上手な人はランクマッチのことを「ランクマ」って略すんですよね。
    私は最近、知りました。みなさんは知ってましたか?

    このヒーローとカードが気に入った!

    さてさて!
    ランクマッチの最初のほうこそ、ヒーローはリュウを使っていたのですが
    私、モンハン部のマネージャーだよね?
    やっぱりモンハンのキャラクターを使いたい!

    モンハンでもそうだけど、とにかく私はガンガンに攻めていきたいので、ヒーローはかっこいいリオレウスが良いなっ☆
    赤って攻撃的な色なので、きっと攻撃向きのヒーローに違いない。うん!
    というワケで、途中からヒーローをリオレウスに変更しました。

    デッキの組みかたがまだよく分からないけど、カードは何を入れようかな……。

    やっぱりモンハンのカードが気になっていて、私の推しヒーロー・リオレウスの嫁であるリオレイア、
    古龍で1番好きなテオ・テスカトルもデッキに入れて、攻めのバトルをしていきたいです!

    TEPPENってこんなゲームだった!

    カードゲームというジャンル自体、あまり馴染みがなかった私。
    でもいざ『TEPPEN』プレイしてみると、めちゃくちゃ奥が深そうと感じました!

    行動派の私にとって、リアルタイムで進行していくバトルは性に合っています!

    そして、そのカードのスキルとかタイミングとか、プレイすればするほど、面白くなっていきそうでワクワクしちゃう♪

    私はとにかく攻めることが大好きなので、場に私のカードが3枚置いてあって、相手のカードがゼロの状態の時、
    私のミサイル……、スミマセン矢印が3本パチンッと相手に当たって勝利した時は、最高に気持ち良かったなぁ。

    4人のハンターでモンスターをボコボコにしている時の感覚に近い?

    まだデッキの組みかたや、角が丸いアクションカード、必殺技(ヒーローアーツって言うらしいです)のことがよく分からないけど、これからも引き続き、自分が好きな攻めのバトルをどんどん磨いていきたいです!

    そうそう!
    さっき、ありさちゃんから連絡が来て、『TEPPEN』の基本ルールを説明している動画を教えてもらったの!
    TEPPEN|遊び方基本ルール

    早速、観てみたら、超分かりやすいじゃんこれ!
    ガーン!最初からこれを観ていれば……。
    次回のブログに活かします!

  • TEPPENというゲームに、アイルーが登場するらしい!

    こんにちは!モンハン部マネージャーの鈴木亜理沙です。

    『モンスターハンター』での使用武器は、太刀一筋。
    相手の動きを予測して見切り斬りが決まると、とても楽しくて、使い続けています!

    この度、みんな大好きアイルーが『TEPPEN』というゲームに登場すると聞いて、
    居ても立っても居られず、モンハン部先輩の理紗さんと一緒に、早速プレイしてみました。

    最初はどんな感じなのだろう……?と思っていましたが、
    私が想像していたより断然、ルールや戦いかた、駆け引き、すべてが奥深そう!
    ハマりそうな予感がしてきましたよ!

    対人バトルが怖いので、ソロプレイから始めてみました!

    私はモンハンでも最初は1人でいそいそプレイして、
    最低限の知識や戦いかたを鍛えてから、マルチプレイに臨むタイプなのです……。

    ゆえにTEPPENでも、いきなりの対人バトルは敷居が高く、怖かったりします(笑)。
    ランクマッチって対人バトルですよね???

    「F5」って、モンハンのハンターランクのような感じ……?
    あっさり負けて相手に退屈な思いをして欲しくないので、最初はやはりソロプレイから始めてみることにします。

    私と同じ初心者さんにオススメなのが、
    モンハン部のモテヤマさんに教えてもらった、1人で楽しめるヒーローズストーリーとクロニクルです。

    この2種類の1人プレイ用モードをこなすうち、TEPPENのバトルの基本が、何となく分かってきました!
    しかし、クロニクルも次第に、☆3あたりで勝てなくなってしまい……。

    初めてガチャを回してみました!

    そこで、これでは何かがダメだと思い、状況を打開するべくガチャを回してみることに。
    しかしそこにはゼニー、ジュエル、パックチケットという、3つの選択肢が。
    どれを使えば良いのだろう……?

    モンハンに当て嵌めた私は、
    ・ゼニー=お金
    ・ジュエル=鎧玉みたいな強化素材
    ・パックチケット=高級お食事券

    と勝手に解釈して、んじゃゼニーから使ってみよう!
    と、ガチャを回してみました。ドキドキ!

    すると画面には六角形のボックスが出現。
    タップしても反応がないので色々こねくり回していると……。
    右から左にスワイプするのかなこれは?
    おお!6枚のカードが出現!!ドロップのSEもテンション上がる!

    ちなみに、ジュエルが鎧玉のような強化アイテムではなく、
    基本的に課金することでしか入手できない貴重品であることに気付いたのは、かな~りあとになってからのことでした……。

    そして、高級お食事券のようなものだと解釈していたパックチケットは、あくまでカードを入手するガチャチケットであって、カードを強化できる類のものではなかったのです……。

    1周年記念で50枚もサービスしてくれてたのに、私のようにパックチケットを温存しても意味がありません。
    ガンガン、使っていきましょう!

    さてさて!
    ジュエルもパックチケットも、強化アイテムではないことを理解した、私。
    じゃあ、ガチャで引いたカードはどこで強化出来るんだ???
    と、ゲーム内をさ迷っていると「ウェルカム!」と聞き覚えのある声が!
    なんと『バイオハザード4』のアイルーとも言われる(私が勝手に思ってるだけです)武器商人さんではないですか!

    私、バイオシリーズが大好きで、『RE:3』は10周プレイしちゃうほど。
    武器商人さんと言えば、武器の購入や強化ですよね!
    これは期待できますよ!
    武器商人さん!ライフルを……、じゃなくてこのカード強化して下さい!

    と、お願いしてみたものの、なんだかこの武器商人さん、
    やたらと動画を勧めてくるくせに、武器も強化もいっこうに勧めてきません……。

    「も・し・か・し・て!」

    そうなんです。このときになってようやく私は、
    TEPPENはソウルを消費してカードの生成はできても、カードを強化することができないことを悟ったのです……。

    モンハンとバイオハザードにどっっっぷり浸かっていた私は、武器防具と同じように、強化できるものとばかり……。

    高級お食事券(パックチケット)も武器商人さんも、本家とは違うんです!
    カード自体は強化できませんよ!
    ここ、重要ですから(笑)。

    このヒーローとカードが気に入りました!

    ガチャのことは分かりました!
    肝心のバトルに話を戻しましょ!

    クロニクルの当初こそリュウを使っていた私でしたが、やはりTEPPENをはじめるきっかけとなったアイルーがお気に入りです。
    まもりの大盾のアニメーションが可愛くて可愛くて!

    お気に入りのカードも当然、アイルー!
    ゴーグルを掲げているこのイラストが可愛くてたまらず、真っ先にデッキに入れました!

    そしてメラルーも可愛い!
    こんなに可愛い顔していながら「相手のカードを奪う」という、原作通りの手癖の悪さを再現していて、大好き♪

    モンハンをプレイしている人なら、この気持ちを分かってくれるハズ!

    TEPPENってこんなゲームだった!

    TEPPENは5分という限られた時間内で戦うので、プレイ中は常に緊張感に溢れています。
    カードを出す数秒の差や、カードを出す順番の違いで形勢逆転したりするので、奥深くて、とにかくのめり込んじゃう!

    いまやっと、クロニクルの☆3を全クリしたところです。
    モンハンの村クエをこなしていく感覚に似ているので、初心者の私にはピッタリ!
    これからじっくり学んで、この場で成長を報告していきたいと思います!

    そうそう!
    『ゼロからはじめるTEPPEN女子部』という動画でも、TEPPENの魅力に迫ってるんですよ。
    「デッキ診断編」と「プロに聞け!」の2本立てです♪
    どちらも理紗さんと一緒に出演しているので、是非、観てください!

    ▼ゼロからはじめるTEPPEN女子部 #1 ~デッキ診断編~

    世界大会に出場するようなプロの選手にデッキを見てもらったり!

    ゼロからはじめるTEPPEN女子部 #1 ~プロに聞け!編~

    TEPPENについて、あれこれ質問攻めにしてみました!!

    ブログはまだまだ続きます!
    次回は対人戦デビュー……、出来るといいな……。

  • 知識ゼロから『TEPPEN』を始めた、モンハン部マネージャーの三田寺理紗と鈴木亜理沙。
    スタートから2週間が経過し、収録中にプロの指導も受けて急激な成長を遂げた……???かと思いきや、そう簡単には行かなかったようで……。

    三田寺理紗(左)
    いきなりランクマに挑んだ対人戦が大好きなアクティブ派。使用ヒーローは赤のリオレウス。

    鈴木亜理沙(右)
    ひとりプレイで準備してから対人戦デビューする慎重派。使用ヒーローは緑のアイルー。

    スタートから2週間が経過!ふたり成長はいかに???

    三田寺:TEPPEN、亜理沙ちゃんはいまどんな感じ?

    鈴木:対人戦にビビっていた私ですけど、ランクマッチで何とかBランクに昇格しました!

    三田寺:むむむ!私はまだCランク。先を越された!

    鈴木:ランクマッチって、ホント緊張しますよね心臓に悪い……。

    三田寺:そうかな?私は楽しいよ!でも最近、ランクマで勝てなくなってきてスランプ気味だな。亜理沙ちゃんはどうして勝てるようになったの?

    鈴木:「勝てる」ってほどじゃないんですけど(笑)。《目覚め》を使えるようになったのが大きいですね。

    三田寺:《目覚め》ね!

    >動画はコチラから(ゼロからはじめるTEPPEN女子部【第1回後編】)

    鈴木:この動画収録のとき、TEPPEN世界大会準優勝のtarakoman選手に《目覚め》を教わったんです。そこで《目覚め》を持っている“レイニー・タートロイド”と“神月かりん”を、ソウルで生成したんですよ。そしてこの2枚をひたすら目覚めさせてたら、勝てるようになってきて。

    三田寺:目覚めると、どうなるの?

    鈴木:ユニットの攻撃力とHPが大幅にアップするんです!

    三田寺:大幅アップするんだ!それは頼もしいねぇ。

    鈴木:ホント頼もしいんですよ!理紗さんは最近どんなカード入れてるんですか?

    三田寺:私はね、プロのHayakeo(はやけお)くんおススメのアクションカード、“コンガパワー”がお気に入り。

    鈴木:どんな効果があるんですか?

    三田寺:私が好きな《臨戦》を、ユニットに付けることができるの!攻撃力も上がるし、せっかちな私にピッタリ!

    欲しいカードが出ない!ってそれ、ソウルで生成できますから!

    三田寺:欲しいカードいっぱいあるんだけど。欲しいカードに限ってガチャで出ないんだよねぇ。

    鈴木:分かります……。

    三田寺:ゼニーが貯まったらすぐガチャ回すから、常に貧乏……。

    鈴木:理紗さんは、ソウルでカード生成しないんですか?

    三田寺:したいんだけど、じつはどこからカード生成できるか分からないの。

    鈴木:私、分かりますよ!画面下メニューのカードからカード一覧をタップして、そこから生成したいカードを選べるんです。カードの分解もここでできます!

    三田寺:ここかぁ!知らなかったありがとう!

    鈴木:ふふふ……。私は《目覚め》を持つレジェンダリー“神月かりん”を半額ボーナスで生成してから、変わりましたからね。

    三田寺:亜理沙ちゃん、緑のレジェンダリーを持ってるんだもんね。いいなぁ。

    鈴木:理紗さんは赤のレジェンダリー、持ってないんですか?

    三田寺:ガチャで赤のレジェンダリーが全然、出ないんだよね……。

    鈴木:1周年キャンペーンで50枚以上、チケットパックを配ってますから、1枚くらい、赤のレジェンダリー持っててもおかしくなさそうですよね。ちょっと理紗さんのカードを見ても良いですか?

    三田寺:どうぞどうぞ!

    鈴木:ショップのカードパック販売から、各パック毎の排出カード一覧を見ることができるんですよ。

    三田寺:ホントだ!自分が持ってるカードと持ってないカードも分かっちゃうんだね!

    鈴木:理紗さん!レジェンダリー持ってますよ!“リュウ”です!

    三田寺:レジェンダリー、持ってた!

    鈴木:強そうですよねこれ!

    三田寺:強そう!ありがとう!

    鈴木:私もつい最近、知ったんですよね。

    三田寺:亜理沙ちゃん、TEPPENに詳しくなってるよねぇ。

    鈴木:私の知恵袋・モテヤマさんの存在ですよ!そしてカプコンとガンホーのPR担当者さんに聞きまくってます。

    三田寺:なるほどなぁ。よし早速、“リュウ”をデッキに入れてみよう!

    アクションカードがちょっとずつ分かってきた!?

    三田寺:ユニットカードは分かってきたけどさ、アクションカードがまだイマイチ分からない……。

    鈴木:ですよねぇ……。

    三田寺:私が一生懸命、味方ユニットの攻撃力を上げてるのにさ、《打ち消し》とか《停止》で邪魔してくるんだもん。どうやったら防げるんだろう?

    鈴木:紫のヒーローですよね。

    三田寺:《封印》も嫌だ!

    鈴木:それは緑のヒーローですね。私のレジェンダリー“神月かりん”も持ってます!アクションカードの“武装解除”がポピュラーですよね。

    三田寺:亜理沙ちゃんはさ、どんなアクションカードが好きなの?

    鈴木:最近よくお世話になってるのが“緊急回避”ですね。

    三田寺:それ、やられたことある!私がせっかく味方ユニットの攻撃力上げたのに“緊急回避”で元に戻された!

    鈴木:ですです!攻撃力だけじゃなくってHPも元の値に戻しちゃうんです。あとはダイミョウザザミのイラストが目印の“矛砕の守り”。HP3アップに加えて、たまにシールドを張ってくれるんですよ。《メモリー》がイマイチよく分かってないんですけど。

    三田寺:《メモリー》は、私もよく分かってないんだよねぇ……。

    鈴木:理紗さんは、どのアクションカードが好きなんですか?

    三田寺:さっき言った“コンガパワー”も捨てがたいんだけど、やっぱり、梅干しだねぇ。ヒーローに直接ダメージを与えたい!

    鈴木:「梅干し」って、“不意打ち”のことですね(笑)。

    三田寺:そう!“不意打ち”です。あとドスゲネポスの“群れの力”も好き。味方ユニット全員の攻撃力が上がって気持ちいい!

    TEPPENはね、思ったよりもスポーツだ

    三田寺:私はね、ランクマをプレイし続けて気付いたことがあるよ。

    鈴木:と、言いますと?

    三田寺:TEPPENはね、思ったよりもスポーツだ。

    鈴木:どういうことですかそれ(笑)。

    三田寺:リオレウスのヒーローアーツ《強襲》がほんのあと一歩、間に合わなくて負けたことがあって……。あれってさ、指の速さと正確さがモノを言うんだよね。それってスポーツみたいじゃん?

    鈴木:確かに!

    三田寺:そうなの。事前に準備するデッキ構築はもちろん大事なんだけど、せっかく構築してもプレイがヘボかったら勝てないんだよね結局のところ。

    鈴木:構築とプレイ、両方とも大事ってことですか。

    三田寺:ってことです!

    鈴木:そうだ!デッキ構築はこの動画が分かりやすいですよ。

    >動画はコチラから(ゼロからはじめるTEPPEN女子部【第1回前編】)

    三田寺:この動画のノルマが「Bランク昇格」だからね。亜理沙ちゃん、もう達成しちゃってるじゃん!

    鈴木:《目覚め》のおかげで!

    三田寺:私も頑張る!次回までにBランクどころか、Aランク目指しちゃうんだから!

    鈴木:Aランクは流石に無茶です!

    注:この記事は、2020年7月に取材したものです。

    「ゼロからはじめるTEPPEN女子部」第2回

    三田寺鈴木:最後に告知です!

    私たちが出演する「ゼロからはじめるTEPPEN女子部」。
    第2回が生放送でおこなわれます!パチパチパチ!!
    8/7(金)20時からです!

    >>生放送はこちらから

    『TEPPEN』を始めたばかりの人、これからやってみようかな~と思っている人、
    すでに『TEPPEN』ユーザーの人、ぜひコメントなどで私たちにアドバイスをください!

    つまり、このブログを読んだ人は、みんな見に来てください!!!

    ※このブログを読んでいる時点で、8/7が過ぎちゃった人やどうしても見れない場合は、アーカイブの動画をご覧くださいね♪

  • やっぱり私、センスあるんじゃない???

    こんにちは!モンハン部マネージャーの、三田寺理紗だよ!

    この『TEPPEN』日記も、はや4回目!
    前回・第3回の亜理沙ちゃんとの掛け合いでは、Cランクから上がることができず、ちょっとスランプ気味だったんだけど……。

    でもでもでもでも!

    ジャジャジャーン!
    前回のスランプからわずか4日で、CランクからAランクに駆け上がったの!

    やっぱり私、センスあるんじゃない???

    どうやってランクCからAに上がったのかって?

    Cランクでひたすらランクマに潜っていた、私。
    赤のいろんなカードも使ってみたくて、いろんなカードを入れては外しては……。

    だがしかし、勝てないぞ!

    いま振り返ってみると、Cランクでくすぶっていたときの私は、とにかくMPが溜まるまで待てない!
    1体出してはやられ、1体出してはやられ……。

    迷える子羊だった私に、救いの手を差し伸べてくれたのは、カプコンとガンホーのPR担当者さん!

    ふ・ふ・ふ……。
    みたでらの急成長ポイント、知りたい???

    ◆みたでら急成長ポイント① ヒーローアーツを逆鱗に変えた◆

    件のPR担当者さんから教わったよ。
    Cランクの頃、ヒーローアーツは“強襲”を使っていたの。
    これはこれで大好きだったんだけど、私には使いこなせなかったみたい……。

    “逆鱗”は、味方ユニット1体に≪空戦≫を付与して、さらに攻撃力をアップしてくれるス・グ・レ・モ・ノ。

    これが、あとで紹介する“連撃カルロス”くんと相性グンバツなのよ!

    聞いたところによると、
    アタシのコーチである『TEPPEN』プロプレイヤーのHayakeoくんも、この“逆鱗”を使ってブイブイ言わせてたって話じゃない?
    もうHayakeoくん!遠慮しないで教えてよ!

    ◆みたでら急成長ポイント② アクションカードで相手ユニットにダメージ◆

    これ、地味だけどすごく大きかった!
    Cランクの頃のアタシって、味方ユニットの攻撃力を上げるか、
    相手ヒーローに直接ダメージを与えるアクションカードだけしか入れてなかったんだよね。

    でもこの“拡散射撃”、“封鎖の一撃”、“召雷”のおかげで、相手ユニットにダメージを与えることができるようになったの。

    これだと、自分の盤面に味方ユニットがいないときでも、相手ユニットにダメージを与えることができる!

    なんて素晴らしい!

    このおかげで、相手ユニットのHPを意識するようになったよ。
    気持ちいいのは、相手がシールド張ったけど、こちらが先にダメージ与えて勝ったときだね。
    カ・イ・カ・ン♪

    ◆みたでら急成長ポイント③ 作ってもらったデッキが優秀だった◆

    身も蓋も無いことを言うよ、あたしゃ。
    件のPR担当者さんが作ってくれたこのデッキが、優秀だったの!

    これに尽きる!

    デッキが優秀なのはもちろんなんだけど、このデッキを通して「勝利への道筋」を学んだことのほうが、大きかったね。

    まず何をおいても、こやつ!
    さっき触れた“連撃カルロス”くん!

    「道筋」ってのはね、まず我慢してMP8位まで貯めて、場に2枚ユニットを出すの。
    “連撃カルロス”くんが出せたら理想的だよね。

    そしてそのユニットの攻撃力を強化して、「もう少しで相手ユニットに当たるな」って時に、逆鱗を発動!

    連撃&逆鱗のコンボ、決まると気持ちいいよ!

    まぁたまに発動が遅れちゃうんだけどね……。
    だってスポーツだから。
    指の動きが間に合わないとき、あるじゃん?

    そうそう。
    紫が相手だと、たまに奪われちゃうんだよね。連撃カルロス。

    かつて苦楽を共にした仲間に、裏切られた気分でさ……。
    ありゃ悲しいよ。

    これがアタシの推しレジェンダリーカード!

    さて!急成長したアタシの、お気に入りレジェンダリーを教えちゃうよ!

    まずは“宿命に抗う者 リュウ”。
    だってイチバン最初に引いたレジェだからね。
    俊敏と臨戦が付いてるから、待てない私にピッタリだし!

    つぎに“怒れる竜王 リオレウス”。
    やっぱり自分のヒーローのレジェンダリーカードだからね。
    あとね。カードを場に出したときの、炎のエフェクトが好きなの♪

    アタシは、もっと強くなる!

    逆鱗リオレウスで急成長した、アタシ。
    8月28日(金)、亜理沙ちゃんとの対戦企画に向けて、視界良好だねぇ!

    お盆休み、あたしゃゲームに時間を費やすよ。
    だって勝ったほうに、高級料理をプレゼントしてくれるんだもんね。
    ジュルリ。

    そうだ、8月7日(金)の生放送、改めて観返してみるのも良いカモ。

    >動画はコチラから(ゼロからはじめるTEPPEN女子部【第2回】)

    プロのプレイング診断、目から鱗だったもんなぁ。
    アクティブレスポンスのこともより深く理解できたし、デッキに頼らなくても勝てるようになりたい!

    もっともっと強くなって、絶対、亜理沙ちゃんに勝つよッッッ!

  • 私、何かコツを掴んだかもしれません!

    こんにちは!モンハン部マネージャーの、鈴木亜理沙です!

    私、何かを掴んだかもしれません!
    これを見てください。

    Aランクに昇格できたんですっっっッ!!!
    Fランクから始めた1ヵ月前の私には、想像だにできなかったランクです。
    すごく嬉しい!
    私だって、やればできるんだ!

    まだまだヒヨっ子の私ですが、BランクからAランクに上がるまでの過程を、私なりに振り返ってみたいと思います。

    私、アクションカードの重要性に気付きました!

    CランクからBランクに上がった頃の私は、
    ユニットカード、とくに《目覚め》に頼り過ぎていて、アクションカードの重要性がイマイチ分かっていませんでした。

    “緊急回避”、“武装解除”、“矛砕の守り”などを入れてはいたのですが、
    枚数や使いかたが、イマイチ実戦に合ってなかったように思います。

    とくにB3が私の停滞期MAXで、とにかく勝っては負けるの繰り返し。
    ヒヨっ子なりに負けては考え、負けては考えてみたところ、思い切ってデッキを大胆に見直してみることに!

    ◆BランクからAランクに上がるまでを振り返る ~構築編~◆

    まずはアクションカードの枚数を、

    緊急回避:2枚→1枚
    武装解除:1枚→3枚
    三角跳び:1枚→3枚

    と、大胆に変更してみました。

    とくに《シールド》の重要性に気付いて“三角跳び”を3枚入れたこと。
    いま振り返ると、これは大きな発見でした。

    「い・ま・さ・ら・!」

    とのツッコミを受けてしまうこと必至ですが、Bランクを彷徨っていた頃の私は、こんな大事なことすら認識できておらず……。
    でもいまなら、確信を持って、言える!
    緑のアイルーにとって《シールド》は、すんごく重要ですからね!

    そして新たに我が陣営に加えた、3種のアクションカードを紹介させてください!
    この3種は各1枚ずつ、デッキに組み込みました。

    “逃げるが勝ち”は、私が苦手な黒のウェスカーや豪鬼の《破壊》対策です。
    イャンクックのイラストもお気に入り♪

    《シールド》然りですが、1コスアクションカードって重要ですよね。
    “発頸”みたいに1コスで反撃できるのって、良くないですか???

    “ビーストキャノン”は、“ゴーグルアイルー”とのセットでパワーアップした“ネロ”に使います!
    これで攻撃力が6まで上がることになります。マシーンを絡めれば7ですよ!

    さらにさらに、いまさら感満載なのですが、《MPブースト》の重要性に気付いたのも、Bランクの頃。

    “レイヤー”を2枚、“アイリス”を1枚、入れました。

    このように、敗北を重ねながら少しずつ構築を変えていって、結果的に、大胆にデッキを変更するに至ったワケですが……。
    不思議とBランクで勝てるようになって、Aランクに昇格できたんです!

    「も・し・か・し・て・!」

    どのカードを入れるかも、もちろん重要ですが、カードを入れる「枚数」が、すんごく重要なんじゃないでしょうか……。

    だって“三角跳び”を、デッキに1枚だけしか入れてなかった頃は、
    肝心な時にデッキに埋もれて、手札に“三角跳び”が無かったがために、
    相手の攻撃を防ぐことができなかったケースが、多々あったような……。

    私の師匠・tarakomanプロが授けてくれた、“ゴーグルアイルー”と“ネロ”の最強タッグは各3枚ずつで、計6枚。
    いまとなっては、3枚ずつ入れてくれた理由が、分かったような気がしています。

    ◆BランクからAランクに上がるまでを振り返る ~プレイング編~◆

    そしてデッキが変わるにつれ、プレイも少しずつ、変わってきたんですよね。

    相手の矢印が味方ヒーローに届く直前に、味方ユニットカードを出して受ける。
    逆に、相手ユニットカードに矢印が当たる直前に、アクションカードを使って強化する。
    相手が嫌がるタイミングで“武装解除”や“緊急回避”を使う。
    などです。

    Bランクの頃は、味方を強化するのでいっぱいいっぱいだったけど、
    相手の動きに対応してカードを出すように変わってきたのです。
    こうなると、行き当たりばったりだったプレイが、少し先のことまで考えることができるようになってきました。

    プレイしていて気持ち良いのは、
    目覚め→ビーストキャノン→発頸
    のように、複数のカードを連動させることで大きな戦果を挙げた時。

    カード同士の相性や組み合わせで戦局が変わる。
    面白いですよね。

    ちなみに、Aランクに上がってからの私は、
    チャンピオンランクのプレイヤーとマッチングするようになって、負けてばっかりです……。

    とくに豪鬼が苦手。
    “瞬獄殺”を撃たれて、「なんてことするんですか~!」
    と絶叫したのも、一度や二度ではありません!

    勝つためは、ここからまたもうひと工夫、必要なんでしょうね。

    まだまだヒヨっ子に毛が生えたくらいの、私です。

    私、このレジェンダリーカードがお気に入りです!

    Aランクに上がっていく過程で、何かを掴んだ私の、お気に入りレジェンダリーカードを紹介します!

    まずは第3回の当ブログでも触れた、“ウルトラお嬢様 神月かりん”。
    《目覚め》ると正面の敵ユニットを《封印》してくれるうえ、元々の《俊敏》に加えて、攻撃力+2&HP+2ですよ!

    文句なしに強いです!

    つぎに“暴嵐の支配 クシャルダオラ”は、原作の再現度合いが高い!
    とにかく堅いし、《空戦》が付いてるし。
    場に出したときの竜巻の演出も、クシャルダオラっぽい!

    私、どうにかなっちゃうカモです……。

    じつはいま私、ものすごく緊張しているんです……。
    聞いてもらえますか?
    私、8月28日(金)の生放送『ゼロからはじめるTEPPEN女子部』の最終回で、
    理紗さんと、ガチンコ対決することになったんです!高級料理を賭けて。

    >>生放送はこちらから

    ランクマッチの時でさえ、心臓バクバク言わせながらプレイしているのに、
    人前でゲームの真剣勝負をするっていうのがもう……。
    まともにプレイできるか、心配で心配で……。

    「観客が入ってるワケじゃないから、人前じゃないでしょ?」ですって???
    撮影スタッフの方はいらっしゃるじゃないですかーーー!!!

  • 知識ゼロから『TEPPEN』を開始した、モンハン部マネージャーの三田寺理紗と鈴木亜理沙。
    最下層Fランクから開始して1ヵ月半が経過し、Aランクまで昇り詰めることに成功!
    さぞかし満足しているかと思いきや、探求心は尽きないようで……。
    『TEPPEN』は続くよ!?どこまでも。

    三田寺理紗(左)
    いきなりランクマッチに挑んだ対人戦が大好きなアクティブ派。
    使用ヒーローは赤のリオレウス(逆鱗)。

    鈴木亜理沙(右)
    ひとりプレイで準備してから対人戦デビューする慎重派。
    使用ヒーローは緑のアイルー(まもりの大盾)。

    Aランクで悪戦苦闘!いまの2人のTEPPENライフ♪

    三田寺:う~ん。A3ランクからなかなか勝てない。勝てないのにランクマがやめられない止まらない。
    どうしたらいいんだアタシ!?

    鈴木:Aランクって、チャンピオン帯とガンガン当たりますもんね。私もいまA3で止まってます。A2の壁がブ厚い……。

    三田寺:アタシぁ、Aランクに上がってはじめて、星☆を失う恐怖ってモンを思い知ったね!

    鈴木:それ、遅いです!私、Dランク位から既に怖かったですよ。

    三田寺:レオンのアクションカード“エージェントの記憶”の使いどころが分かって、
    スカッと爽快大逆転で勝つことも増えたんだけど、安定しないな……。

    鈴木:私もベースは変えずにカードの枚数を1枚増やしたり減らしたり……。
    私なりに試行錯誤してデッキ構築してるんですけど、答えが見つからないんですよね……。

    三田寺:答えが見つからないからこそ、『TEPPEN』は、やめられない止まらないんだよ!きっと!

    鈴木:ハッ!そうかも!だから私、アイルーだけでデッキを4種類も作っちゃってるのか!

    TEPPENにまみれた1ヵ月半を振り返ってみる

    三田寺:にしてもさ、まさかAランクに到達できるとは思ってもみなかった。亜理沙ちゃんと一緒だったから頑張れた。

    鈴木:私もです!ひとりだったら、ここまで到達できなかったです。

    三田寺:『モンハン』でもそうだけど、一緒にプレイできる仲間って重要だよねぇ。
    アタシ、人生初のカードゲームが『TEPPEN』だったから、余計にさ。

    鈴木:私も、ここまでのめり込んだカードゲームは初めてですね。

    三田寺:だよねぇ。アタシも自分がこんなにハマると思ってなかったもん。
    やっぱランクマの対人戦が楽しいんだよ!ドキドキワクワク!

    鈴木:私は対人戦はもちろん、デッキ構築が楽しい!
    考えかたって人それぞれだから、自分の思考回路に合ったデッキがベストだと思うんです。
    自分なりに練ったデッキが相手に刺さった時って、負けても手応えを感じますもん。

    三田寺:アタシと亜理沙ちゃん、性格や楽しみかたが全然違うのにねぇ。
    やっぱり『モンハン』のヒーローやカードがあるから、入りやすかったしハマったってのはあるよね。

    鈴木:ですよね!私は『バイオ』ファンなので、『TEPPEN』仕様のジルやウェスカーを見て「うわー!」ってなりました。

    三田寺:アタシもこれで“テッパー”として認めてもらえるかなぁ?

    鈴木:なんですかそれ(笑)。

    三田寺:何って、『TEPPEN』にプレイヤーの“ER”付けたの。だから“テッパー”。

    鈴木:初めて聞きましたよ(笑)。だったら、“テッペラー”じゃないですか???

    三田寺:あれ?そうかな?“テッペナー”じゃない?(笑)。

    鈴木:分かんなくなってきました(笑)。

    三田寺:“テッパー”でいいの!アタシはとにかく『TEPPEN』というゲームに出会えて良かった、ってことが言いたいのさ。
    日課の配信が終わったあと、夜な夜な『TEPPEN』プレイしてるからね。

    鈴木:私、昼夜逆転してることがあるので、深夜から朝まで夜通し『TEPPEN』プレイしてたこともあります。
    名付けて、“夜通しPPEN”。

    三田寺:夜通しPPENって何さ(笑)。
    でも分かるなぁ夜に限ってやっちゃうの。このブログは今回で最終回!?みたいだけど、まだ終われないねアタシぁ。

    鈴木:チャンピオン帯まで行きたいです!!!

    推しカードに今回はスキンも!

    三田寺:推しカードって、毎回、いっぱいあって選べないんだよねぇアタシぁ。

    鈴木:いま特に、お気に入りのカードは何ですか?

    三田寺:特に、ね。じゃあこれ!“エージェントの記憶”だね。
    相手ヒーローに7ダメージ与えて勝った時、超気持ち良いんだもん♪

    三田寺:つぎにこやつ!“バルファルク”。シンプルに強いし“逆鱗”との相性も良い。
    バルファルク無しでは、もうやっていけない。亜理沙ちゃんは???

    鈴木:私はこの“ボートアイルー”!ボート漕いでる姿がとにかく可愛くて!

    鈴木:つぎに“溢れる好奇心 アイルー”!またもアイルーなんですけど(笑)。
    可愛いうえに強いカードだと聞いて、ソウルで生成しました。場に出したときの肉球の演出も、可愛くて好きです!

    三田寺:アイルー好きだねぇ相変わらず(笑)。そういえば、1周年記念ガチャの無料確定スキンは、どのヒーローを引いたの?
    私はウェスカー!リオレウス亜種が欲しかったんだけどね。
    でもこのグラサン外したウェスカー、カッコ良いから使ってみようかと思ってる。

    鈴木:私は『バイオ』ファンだけに、ウェスカーめっちゃ羨ましいです!
    でもじつは私、どのスキンを引いたのか、イマイチよく分かってないんですよね……。

    三田寺:どれどれちょっと見せて……。って、待ってよ!
    亜理沙ちゃん、“殺意リュウ”持ってるじゃん!超レアらしいよこれ!

    鈴木:えええ!?ホントだ!リュウのスキン変更で出てくる!これって豪鬼じゃないんですか???
    たま~にランクマで当たったとき、てっきり豪鬼だとばかり思ってました。リュウのスキンだったんですね……。
    ファンの皆様、申し訳ございません……。

    これからTEPPENを始める人たちへ!

    三田寺:人生初のカードゲームで、勝手に敷居が高いって感じてたけど、
    始めてみると案外そうでもなかったもんねぇ『TEPPEN』は。

    鈴木:「カードゲームは難しい!」って先入観あったりしますもんね。

    三田寺:5分あればプレイできるからね。そういった意味では『モンハン』より気軽にプレイできるよ!

    鈴木:すぐ始めて、パッと終われますからね。まぁハマると抜け出せなくなりますけど(笑)。

    三田寺:私も器用じゃないけどさ、単純に楽しいよ!昇格がかかったランクマで勝った時の喜びは、何者にも代えがたいぜ!

    鈴木:分かりますそれ(笑)。めっちゃ集中しますもんね対戦中は。

    三田寺:5分間で、喜怒哀楽いろんな感情が行き来するからね。絶対、脳の体操になってる。

    鈴木:緊張感もハンパないです!

    三田寺:やっぱり、『TEPPEN』はスポーツだよ!

    ゼロからはじめるTEPPEN女子部 第3回

    三田寺鈴木:最後に告知です!

    私たちが出演する「ゼロからはじめるTEPPEN女子部」の生放送・第3回があります!
    8/28(金)20時からです!

    >>生放送はこちらから

    高級焼肉を賭けて、私たちが『TEPPEN』でガチンコ対決します!
    モンハン部マネージャーの名に懸けて“肉”は譲れない!
    女子部のTEPPENは、私だ!

    ※このブログを読んでいる時点で、8/28(金)が過ぎちゃった人やどうしても見れない場合は、アーカイブ動画をご覧くださいね♪

ダウンロードはコチラから