2019年12月12日
連載ショートストーリー「成歩堂法律事務所の日常」

成歩堂法律事務所のクリスマス

真宵:そこで針先に糸をかけて、引き出すわけ。

春美:こ、こうですか?

真宵:おおお。いい感じ! さっすが、はみちゃん!

成歩堂:へえ、編み物か。ふたりでなにを編んでるの?

真宵:決まってるでしょ。靴下だよ靴下。

成歩堂:靴下? もしかして、ぼくにプレゼント‥‥って、なんだそれ!

春美:どうかしましたか? なるほどくん。

成歩堂:そのサイズ‥‥“靴下”っていうか、靴より上までゼンブ入るぞ! どんな巨人が履くんだよ。

真宵:ああ。これ、特別製だから。ホラ、今夜はクリスマスでしょ?

春美:枕元に置いておくと、サンタさんがプレゼントをくれるのです!

成歩堂:‥‥無邪気なエガオで、なかなか強欲だね。ちなみに、なにをお願いするの?

春美:ええと‥‥《こども百科事典》を。

成歩堂:え。

春美:真宵さまが『ほしいものをいっちまえ!』と、強くおっしゃるものですから。全30巻なのですが‥‥これで入るでしょうか。

成歩堂:ど。どうだろうね‥‥

真宵:あたしはねー。思いきって、自転車。

成歩堂:入るワケないだろう!

真宵:ちぇー。じゃあいいよ。電動はやめて、折りたたみにする。

成歩堂:電動をもらうつもりだったのかい‥‥

真宵:やー、楽しみだねー。クリスマス。

成歩堂:ムチャ言うなよ。プレゼント、誰が用意すると思ってるんだよ!

春美:誰って‥‥それはもちろん、サンタさんです!

成歩堂:んん?

真宵:そうだよ! なるほどくんは関係ないでしょ? なにしろ“サンタさん”がくれるワケだからねー。

成歩堂:いやいやいや! サンタなんていな

真宵:なるほどくん。

成歩堂:え。

真宵:ダメだと思うなー。こどもの“ぴゅあ”な夢を壊しちゃ。

春美:はああ‥‥サンタさま。今夜がたのしみです!

成歩堂:くそ‥‥そう来たか。

真宵:あ! そういえば。なるほどくん、これからなにか買い物があるんだよね? 早く行ってきたら?

成歩堂:‥‥前にも言ったけど。どんな無法地帯だここは‥‥

糸鋸:メリー・クリスマッス!

真宵:あ。みつるぎ検事とイトノコさん。パーティーは夜からですよ?

御剣:それが‥‥どうも、マズいことになってしまった。

糸鋸:事件が起こっちまったッス! 今夜、来られるかどうか‥‥

成歩堂:あれ? そういえば、矢張は一緒じゃないのか?

御剣:事件現場は、ヤツのアルバイト先だ。

成歩堂:‥‥やっぱりというか、さすがというか‥‥

糸鋸:泣きながら『なるほどぉ、オマエも来てくれぇ』と言ってるッス。

真宵:えー、ダメだよ! クリスマスプレゼント、どうなるのよー!

成歩堂:まあ、また来年かな。

真宵:わかった! こうなったら、真宵ちゃんが一瞬で解決しちゃいます! クリスマス気分で。

春美:真宵さま、さすがです!

成歩堂:ウソだろ‥‥

真宵:で? で? どんな事件なんですか? 手短に、ハイ!

糸鋸:オモチャ屋の店長が、商品のオモチャごとゴッソリ消えたッス。小さな店で経営が苦しかったため、高飛びの線も考えられるッスが‥‥

真宵:あ、わかった! 店長さん、殺されちゃったんですよ! クリスマスケーキを切るナイフとかで、プッスリと!

糸鋸:しかし。そうなると、犯人は返り血を浴びたはずッスが。

真宵:きっと、まっ赤な服を着てたんですね! 血を隠すために。

御剣:‥‥私の紅い服を見つめながら言わないでもらいたい。

糸鋸:しかし‥‥店長の部屋に出入りした者の顔を誰も覚えてないッス。

真宵:それはホラ! 白い“つけヒゲ”で『へんそう』してたんですよ!

御剣:‥‥私の白いヒラヒラを見つめながら言わないでもらいたい。

糸鋸:しかも、現場は密室だったッス。犯人はどこに消えたというのか‥‥

真宵:そこはホラ! エントツから逃げたんですよ!

糸鋸:おお! 斬新な密室トリックッス!

御剣:だが。通報を受けて、現場付近はすぐに検問が敷かれた。犯人は、盗み出した大量のオモチャをどう始末したのか‥‥

真宵:それはホラ! 近所のこどもに配って『いんめつ』したんですよ。プレゼントとかなんとか、うまいコト言って!

糸鋸:ふうむ‥‥赤い服に白いヒゲ、エントツから出入りしてオモチャをバラまく‥‥なんとなく、ある“人物像”が浮かんできたッスね‥‥

御剣:ひらたく言って、サンタクロースだ。

成歩堂:‥‥どれだけクリスマス気分なんだよ‥‥

真宵:えへへ。

糸鋸:あああああああああッ!

成歩堂:ど、どうかしましたか? イトノコ刑事。

糸鋸:いるッス! 事件現場に、サンタクロースが‥‥ひとりッ!

成歩堂:え。

糸鋸:クリスマスセールのために雇われた、アルバイトの店員‥‥アイツが犯人だったッスか!

成歩堂:あの。それって‥‥もしかして?

御剣:‥‥矢張政志だ。

糸鋸:ちょっと、捕まえてくるッス!

成歩堂:‥‥トンでもない勢いで行っちまったな、イトノコ刑事。

真宵:さあ! これで事件はキレイに解決したね。なるほどくん、買い物に行く?

春美:あの‥‥わたくし、よくわからなかったのですが。ケッキョク、どういうことだったのでしょうか?

成歩堂:ああ‥‥サンタさんが捕まったみたいだよ。殺人罪で。

春美:ええええっ! どうしてですか!

真宵:さあねー。いろいろあったんだろうね。サンタさんも。

春美:はああ‥‥

成歩堂:まあ、そんなワケで。あきらめるしかないね‥‥クリスマスプレゼントは。

真宵:え。え。ど、どういうこと?

成歩堂:だって、サンタさんは捕まっちまったワケだから。今夜、プレゼントを配るなんて不可能だろ?

春美:‥‥そう、ですよね。ザンネンです‥‥

真宵:な。ナニ言ってんの! プレゼントは、なるほどくんが買っ

成歩堂:真宵ちゃん。

真宵:え。

成歩堂:ダメなんじゃなかな? こどものピュアな夢を壊しちゃ。

春美:はああ‥‥サンタさま。なんということを‥‥

真宵:ううう‥‥そう来たか。

成歩堂:それじゃ、クリスマスケーキを買ってくるよ。

御剣:高飛びした店長がさっさと捕まって、あの男も来られるといいがな。

関連記事

逆転おみくじ逆転おみくじ