ミステリークイズ

2011/03/21

[ミステリークイズ] 第1回:「こそドロのマティアス」

6月下旬、ノルウェー北部のとある町。
マティアスという青年が、町一番の大富豪の屋敷へ侵入を決行した。

マティアスはもともと裕福な家に生まれたのだが、少年時代の不幸な事故から天涯孤独の身となり、以来こそドロとして生計を立ててきた。
しかしマティアスがこの大富豪の屋敷へ侵入するのは初めてのことであり、屋敷の間取りなどは知らない。
彼は黒づくめの服装に身を包んで屋敷の外のしげみから慎重に様子をうかがい、午前2時に、屋敷の住人がみんな寝静まったのを確認してから侵入を開始した。



窓ガラスを切るのはマティアスの得意技で、ほとんど音を立てずに窓を開けることができた。
そして午前2時台という時間にもかかわらず、彼は懐中電灯さえつけずに屋敷内を自由に探索し、しっかり金目のものを集めて脱出に成功したのである。

屋敷内は消灯されていたし、屋敷の周囲に街灯などもなかった。
もちろん、けちなこそドロであるマティアスが、暗視スコープなどといった特殊な装備を所有しているわけもない。
いったいマティアスは、どうして屋敷の中で一切つまづくこともなく歩けたのだろうか?

マティアスが屋敷の中を迷わず歩けた理由は、つぎのうちどれに関係がある?

バックナンバー

関連記事

今週の逆転通信

2017年11月9日
「逆転四コマ」を更新!
2017年10月26日
「成歩堂龍ノ介のミステリークイズ」を更新!
2017年10月19日
「逆転イラスト」を更新!