ミステリークイズ

2018/06/21

[成歩堂龍ノ介のミステリークイズ] 第21回:「大富豪の死」

成歩堂はホームズと共にロンドンの外れにある富豪の家に訪れていた。

成歩堂「大きな門、広い庭、豪華なお屋敷…! こ、こんなところに招かれるなんて、ホームズさんの顔の広さにはいつも驚かされますよ」
ホームズ「ここの奥方がボクのファンのようでね。是非話を聞きたいとご招待を受けたのさ。それならば美味しいものでもいただこうと思ってね。」

――ギギギと大きな音を立てながら開く門を通り、玄関に辿り着いた成歩堂たちを出迎えたのは馴染みのある顔であった。

成歩堂「あれっ…ホームズさん、あそこに見えるのはグレグソン警部じゃないですか?」
グレグソン「またオマエたちか! いつも間の悪いタイミングで現れやがって…」
成歩堂「そういえば、門の前にヤードの馬車が止まっていた気が…」
ホームズ「ということはここで何か事件があったようだね」

ずかずかと屋敷に侵入していくホームズに慌ててついていく成歩堂

グレグソン「こら! オマエたちはなぜいつもそう勝手なことを…!」

――被害者はこの屋敷の主人。今朝、自室にて部屋の真ん中で倒れ死亡しているのが発見される。死因は絞殺だと判明。強く争った形跡はなく、部屋で書き物をしている際に、不意を突かれ殺害されたと思われる。
死亡時刻は昨日の夕方から今朝にかけての時間帯のいずれか…
という状況のようだ。



容疑者は4人、彼らの証言はそれぞれこのようになっている。

●召使
昨日は仕事を早々と切り上げて使用人室で休んでおりました。先日、近くでガス管の爆発事故がありまして、しばらくは蝋燭で明かりを取る必要がございまして…。日が暮れる前に旦那様の部屋にある燭台の蝋燭交換が日課になっております。今朝は朝食の時間になっても旦那様が起きてこられないので、様子を見に行った際に床に倒れているところを発見いたしました。

●庭師
昨夜は日が暮れるまで作業が長引いちまったんだが、その時は特に不審なものは見なかったな。夜の8時ごろだったか、仕事の終わりがけに外から旦那様の部屋を見上げたときにはすでに真っ暗だったんで、もう寝たものだと思っていたよ。その後は使用人室へ帰って朝まで寝ていたもんだから、今朝の騒動にはそりゃもう驚いたよ。気の毒なことだ。

●料理人
昨晩の夕食を旦那様のもとへお持ちしたのは私です。いつもは奥方様や坊ちゃんとご一緒にお食事をされるのですが、昨日は作業があるということでお部屋にてお一人でお召し上がりになられていました。お運びした際、ちょうど日が暮れる時分でしたので、交換したばかりの蝋燭を灯して配膳をいたしました。特に変わったことはありませんでしたし、私が旦那様を見たのはそれが最後です。まさかこんなことになるとは…。

●門番
昨夜はいつもの通り、夜通し閉じた門の外で周りを見張っていた。もし俺が犯人で持ち場を離れて屋敷に入るような真似をすれば、門の大きな開閉の音ですぐ分かるはずだ。もしかしたら外部から入った強盗か何かの仕業じゃないかという話も刑事さんから聞かれたが、私がいた限り門からの侵入者がいたら見逃したり、聞き逃すわけがない。自分で言うのもなんだが、職務には忠実なつもりだ。

――証言者の4人のうち、犯人は1人…。この中でウソをついているのは誰なのか

成歩堂が指摘した怪しい人物は?

バックナンバー

関連記事

今週の逆転通信

2018年10月4日
「逆転四コマ」を更新!
2018年9月27日
「成歩堂龍一のミステリークイズ」を更新!
2018年9月21日
「『舞台 逆転裁判』最速先行抽選販売」を掲載!